アメリカ留学の準備スケジュール

現地の情報を元に、留学計画から入国まで、どのようなステップで進めるか、細かくサポートします。

1年前から半年前

1. 情報収集・留学のプラン作成

brochures01 - アメリカ留学の準備スケジュール

ラララ・アメリカのホームページ、または、さまざまな留学に関する資料をご提供します。

2. 学校の選択

prepare gazou021 - アメリカ留学の準備スケジュール

語学学校・専門学校・大学などオーストラリア全土から選りすぐりの学校を現地生情報としてお届けします。
ご予算や、立地、設備、国際色、講師陣の評判など、ご要望にお応えできる学校が必ず見つかります。

★パスポートの申請★
パスポートをお持ちでない方は、申請しなればいけません。お持ちの方は、滞在予定期間内のパスポートの有効期限をチェックしましょう。

5か月前

3. 学校の申込み

prepare gazou0321 - アメリカ留学の準備スケジュール

入学日、コース、期間など決定し、申し込みを行います。
学校の授業料はもちろん現地の正規価格で、一切上乗せを行いません。
申し込み手続きを無料で行います。

4. 滞在の申込み

滞在形態を決定します。主にホームステイ、学生寮、バックパッカーなどがございます。
空港までのお出迎えのオプションもつけるかどうか決めて頂きます。

4か月前

5. ご請求書を確認、お支払。

学校・滞在先などから公式の請求書が発行され、ご確認頂きます。
ラララ・アメリカでは、学校からの公式請求書を確認してからの入金となりますのでご安心ください。
ラララ・アメリカは、一切余計な手数料、サポート料金をいただきません。

★学生ビザの申請★
学生ビザで入国のご予定の方は、ビザの申請をご案内申し上げます。

3か月前から2か月前

6. 航空券の購入

ラララ・アメリカでは、最適な航空券を比較検討頂くため、ご要望にお応えできるような航空券情報サービスを提供しています。

7. 留学保険の加入

幅広い留学保険の取り扱いで、予算や利用用途によって保険会社の選定が行えるようご案内申し上げます。

★観光ビザの申請★
観光ビザで入国のご予定の方は、ビザの申請をご案内申し上げます。

1か月前

8. 滞在先情報の最終確認

ホームステイであれば、ホストファミリーの住所、学生寮であれば学生寮の住所などが決定し、ご案内申し上げます。
ラララ・アメリカでは、アメリカ全州に渡りサービスを展開しております。

9. 空港お出迎えやその他最終確認

空港お出迎えをオプションで付けている方は、航空券購入後、入国便の詳細をお伝え下さい。空港出迎えの手配を行います。

10. 学校初日についての最終確認

学校の初日、入学日の持ち物や集合時間、学校の受付場所など、最終確認を行います。

2週間前

11. 準備する物、持ち物の最終確認

準備物の最終チェックです。準備物チェックリストもお渡しします。忘れ物はないか?やり残しはないか?最終確認を行います。出来る限り早めに最終確認をし、余裕を持って渡航に臨んで下さい。

入国

12. 入国!アメリカ生活スタート!ラララがフルサポート!

ラララ・アメリカのサポートサービスについては、記載ページがございます。ご確認ください。

アメリカ留学前 英語の勉強方法 単語編

1. できるだけ多くの単語を知っておこう!

留学に行く前、多少なりとも英語を勉強した方がいいということはわかっているけれども、何から手をつけたらよいか分からない人が多くいます。

特に英語が苦手な方は文法から始めてしまうと途中で挫折してしまうかもしれません。

英語初心者の方も、まずは、最低限の単語を学んでいくことをお勧めします。

単語一言を言えたり、聞けたりすることによって最低限の会話はできるものです。

反対に単語すら知らなければ、コミュニケーションは限りなく不可能に近くなります。

2017 11 27 15117607810 - アメリカ留学前 英語の勉強方法 単語編

2. 使える英単語を選ぼう!

単語を覚えるといっても、どういう単語を覚えればいいのかは悩みどころですね。

まずは、自分が現地で使うであろうと予想される単語から覚えていくべきです。

自分の自己紹介で使える単語、飛行場・飛行機内で使える単語、人に道を聞くときの単語など、

日本を出発してから現地に行って生活を始めるイメージをもって、どのような単語が必要か考えてみましょう。

2017 11 27 15117606130 - アメリカ留学前 英語の勉強方法 単語編

3. 使える英単語帳を選ぼう!

単語帳を上手に使って覚えてみましょう。

費用を抑えたい場合は中学校や高校で購入した単語帳をもう一度復習しなおすのも手です。

しかしながら、それらの単語帳に記載されている単語が必ずしも現地で頻出する単語であるとは限りません

できれば、「日常英会話で使える」というような枕詞がついている英単語帳を選ぶとよいでしょう。

また、挿絵が多く入っており、音声付きのものをおすすめします。

発音方法が分からなければ、聞き取ることも話すこともできず、単語を学んだ意味が全くありません.

単語は必ず音声で発音が正しいのか確認しながら実際に声に出して覚えてみてください。

 

2017 11 27 15117603290 - アメリカ留学前 英語の勉強方法 単語編

 

4. 英単語の覚え方は年齢によって変わる!?

単語の効率的な覚え方は年齢によって実は大きく異なります

小中高と私たちが試験前に暗記してきた情報は「意味記憶」になります。

反対に、個人が経験・体験した情報を記憶したものが「エピソード記憶」といいます。

実は年齢によってどちらの記憶方法が良いかが変わってくるのです。

 

2017 11 27 15117607060 - アメリカ留学前 英語の勉強方法 単語編

5. 20歳ぐらいまでの有効な英単語勉強法は?

20歳ぐらいまでの脳では単純に学習や暗記で覚えられる「意味記憶」が有効と言われています。

とにかく、単語帳を丸暗記したり、単語カードに書き出して暗記するまで何度も繰り返すことで頭に単語が定着していきます。

学校で私たちが学んできた従来の勉強法で問題ありません。

2017 11 27 15117601640 - アメリカ留学前 英語の勉強方法 単語編

 

6. 20歳を超えると違う勉強方法が有効!

20歳を超えた辺りから、通常は単語帳を丸暗記することが徐々に苦手になってきます。

反対に時間の流れや空間認知などの状況把握が得意になっていきますので、自分の経験と結びつける「エピソード記憶」を増やしていくことが単語を覚えるには有効になるでしょう。

例えば、「今日朝7時に起きてから自分は何をしたか?」ということを考えて行動や時の流れで新しい単語を覚えたり、「大好きな飼い犬のマロンちゃんをどうして飼うことになったのか?」というような感情がのるような体験・経験を英語にして覚えてみましょう

海外に行ってから、素敵な異性とバーで出会ったときにはどうするか、など未来にしてみたい経験について考えるものよいです。

単語をしっているだけで、コミュニケーションの幅が広がりますので、留学前に少しでも勉強してみてください。

2017 11 27 15117602250 - アメリカ留学前 英語の勉強方法 単語編

アメリカ留学前 英語の勉強方法 英会話編

1. 留学前に英会話を練習した方がいい?

留学をするのだから、英会話はわざわざ勉強していかなくてもよい!と思っていらっしゃる方は多いかもしれません。

筆者は米国の大学へ留学したのですが、それなりに勉強していった日本人学生と、行けば何とかなる!と思い勉強していかなかった日本人学生両方見てきました。

実際のところ、渡米直後かなり、大きなコミュニケーションの差が生まれていました。

また、その差が埋まることは少なく、出遅れてしまった学生は他国の学生と意思疎通が出来ず苦しんでいる 姿も見ました。

個人差はあるものの、総じて最低限の英会話スキルは身に付けていった方が語学学校や大学、専門学校のスクールライフを楽しく、自信をもって過ごすことができると思います。

talking 1 - アメリカ留学前 英語の勉強方法 英会話編

2. 英会話の練習をする前に英作文を作ろう!

「英会話」となると、知っている単語や文法を使って、相手とコミュニケーションをとるということになります。

知っている単語や文法をできるだけ増やしていきましょう。

相手がいなくてもまずは、自分で言いたいことを事前にトピックを立てて英作文を作っておく ことをお勧めします。

この時には必ず声を出して練習してください。

詳しくは単語編と文法編で詳しく説明していますので読んでみてください。

2017 07 15 15001011490 - アメリカ留学前 英語の勉強方法 英会話編

3. 英会話で使えるトピックとは?

それでは、事前に立てておくトピックにはどのようなものがあるでしょうか。

例としては、 ・自己紹介 ・趣味 ・好きなもの・こと・人 ・家族 ・日本の文化・地理 ・将来の夢  などです。

筆者自身も日本の文化や地理の説明を求められて、四苦八苦したことがあります。

自分の住んでいる都市について、人口や面積、位置や気候などを聞かれることも多いので準備しておくとよいでしょう。

また、授業内だけでなく、友達とのカジュアルな会話の中でも、意見を求められる こともあります。

できれば、I don’t knowではなく、初めて考えたことでも何かしらの意見を言えるように、

日ごろから自分だったらどう考えるか?という訓練をしておくとよいでしょう。

 

2017 11 27 15117748910 - アメリカ留学前 英語の勉強方法 英会話編

4. 英会話の相手をみつけるには?

経済的に余裕がある方は、英会話塾に通ったり、最近よく耳にするSkype英会話を利用してみるのもいいでしょう。

そのような塾の場合は、初心者向けにカリキュラムが組まれていることがほとんどです。

自由英会話が基本のカフェ英会話のようなカジュアルなレッスンであれば、自分が話したいトピックに関する英作文の文法・単語・発音すべて添削してもらうことをお勧めします。

また、それに関して質問をしてもらうのもよいでしょう。

2017 11 27 15117744210 - アメリカ留学前 英語の勉強方法 英会話編

5. 安価、または、無料で英会話の相手を見つけるには?

上記で説明した個人の先生によるカフェレッスンは、人によってはワンコインなど非常に安価で提供している 方々もいらっしゃるのでインターネットで検索してみることをお勧めします。

また、meetupというSNSサイトでは、外国人と交流することを目的として様々なグループが作成られ、同じ趣味や関心のあるものごとが一緒な人達と集まる場が設けられています。比較的安価なイベントが多いです。

無料で英会話の相手をどうしても見つけたい場合は、language exchange ができるサイトを探してみましょう。

日本語を教える代わりに相手が外国語を教える言語交換が目的です。

ミクサーというサイトが特に有名です。

2017 11 27 15117747270 - アメリカ留学前 英語の勉強方法 英会話編

 

6. 相手がいなくても英会話の練習をするには?

相手を探すのは経済的・時間的に厳しい方でも、一人で十分英会話の練習が出来ます

前述のように、まずは英作文を自分で作ってみてください 。

その際、分からない単語の発音はインターネットで確認しながら、音読しましょう。

スピーキングの練習が無料でできるアプリもありますので、チェックしてみてください。

英会話の練習としては、スピーキングと同時にリスニングを鍛える必要があります。

リスニング教材は、ネット上にある初心者向けのサイトでもいいですし、「日常英会話頻出リスニング」というようなネイティブが日常的によく使っている言い回しをきくことのできる音声教材を購入して練習 しましょう。

また、リスニングを鍛えるだけでなく、相手の話したことに反応したり応答したりする言い回しを覚えておくのも、スムーズなコミュニケーションに非常に有効です。

ぜひ、留学前に少しでいいので英会話に慣れてる訓練をしてみてください。

2017 11 27 15117746590 - アメリカ留学前 英語の勉強方法 英会話編

アメリカ留学前 英語の勉強方法 文法編

1. 留学前に文法を勉強する必要はあるの?

快適な留学生活をスタートさせるためには、できるだけ日本にいるうちに英語に触れておくことをおすすめします。

少しでも頻出する単語を知っておくことで、最低限のコミュニケーションであれば取ることが出来ます。

それでは、文法はどうでしょうか。

実際のところ、文法も最低限は知っておいた方がよいでしょう。

というのも、海外へ行ってから文法を勉強するのは非常にもったいないからです。

海外では、日本でも学べる単語や文法に力をいれるのではなく、現地の人とのコミュニケーションにできるだけ多く時間を割いて、生の英語フレーズを身に付けることを優先しましょう。

2017 11 27 15117709270 - アメリカ留学前 英語の勉強方法 文法編

2. どのぐらい文法を習得するべき?

留学前に、中学三年生までの文法をできるだけ勉強しておくとよいでしょう。

高校までの文法は事前にやっておく必要はありません。

もちろん、高校文法にも現地でよく使われる言い回しや文法構成があるのですが、それらこそ現地で生の英語を浴びながら覚えていく方が効率的です。

反対に中学校までの文法だと、日本語で学んでいった方がすんなり頭に入りやすい場合もあります。

確かに、文法をしっかりとカバーしてくれる現地の語学学校もあるとは思いますが、もちろん文法の説明すらも英語で行われます。

英語に苦手意識のある人ほど、少しでも日本語で英語文法に触れていくことをお勧めします。

特にカバーしてほしい文法は ・重要な一般動詞とbe動詞 ・過去形、未来形などの時制 ・疑問文、否定文の作り方 ・助動詞 です。最低でも上記の4つを、一度でいいのでどういうものだったかを日本語の教材や教科書などで確認することをお勧めします。

2017 11 27 15117713450 - アメリカ留学前 英語の勉強方法 文法編

3. おススメの教材とは?

教材を新しく買うのであれば、「〇時間で中学英文法を復習」などの謳い文句が書かれているような、中学三年間の英文法を短時間で勉強できる本がいいでしょう。

本屋さんに行くと大量にその手の教材が売っています。

自分のやる気や費やせる時間に応じて、本のボリュームを選ぶといいでしょう。

英文法に気後れしてしまう人もA4サイズで挿絵などが多く、50ページぐらいの非常に薄い本も売っていますので、一度チャレンジすることをお勧めします。

2017 11 27 15117711580 - アメリカ留学前 英語の勉強方法 文法編

4. 文法を勉強する際の注意点

教材を実際に勉強していくと、よくわからない部分が出てくると思います。

そこで、何度読んでもいまいちわからない場合は、その部分は飛ばして読んでください。

ここで大量に時間を費やしてしまうと、モチベーションが下がってしまい次に進めなくなってしまうこともありますので注意が必要です。

まずは、一通り、中学校でやったことを思い出す感じで読み通してみてください。

そこから、心に余裕があれば、苦手部分やもう少し勉強したい部分を深く掘り下げましょう。

実際、英会話の中で少し文法を間違えたからといって心配する必要はありません

大概の意味は通じますし、それで責められることはありません。

気負わずに、できる範囲で文法の勉強をしてみてください。

2017 11 27 15117715380 - アメリカ留学前 英語の勉強方法 文法編

アメリカ 語学留学 格安

statueoflib - アメリカ 語学留学 格安

アメリカに語学留学をする、と決めたら費用はどのくらいかかるのか?格安な留学プランはあるのか?一番気になるところだと思います。

どのくらいの期間、どのような留学形態にするか、にもよりますが、最近では格安でアメリカ留学が実現できるのです。

ただ、格安という言葉に振り回されて費 用にばかりこだわってしまって、叶えたい留学プランを実現できなければ意味がありません。

では、アメリカでの語学留学を格安で実現する方法はどのようなプ ランがあるの?費用の内訳はどのくらい?か、というのを見てみましょう。

①語学学校費用は格安な方がいい?適正な留学費用とは?

dollar 2 - アメリカ 語学留学 格安

アメリカの語学留学でも何をする上でも費用は安いに越したことはありません。

アメリカの語学留学の場合、費用でも格安とは言わずとも、留学の適正な費用と いうのは知っておくと無駄な留学費用を払わずに済むということがあります。

格安学校を選ばないにしてもアメリカ留学への費用を抑えることが出来ます。

アメリカの一般的な語学留学の費用1週間約2万円から3万5千円と幅広いです。

純粋に語学学校の費用だけを見ると意外と高くない学校もあり、格安な語学 学校もあるので費用を抑えてアメリカ語学留学を実現することもできるでしょう。

しかし、見えないアメリカ留学費用が発生している場合があります。

たとえば 高いサポート代金やお申込み代金が知らないうちに全体の語学留学費用の中に含まれ、内訳を知らされていないことなどが挙げられます。

格安な学校を選んでも それでは意味がありません。

語学学校などの留学先が確定していないにも関わらず、お申込み金だけ求められる学校や留学プランがあれば、まず費用の内訳を確 実にし、費用の透明性を問いましょう。

何にどのくらいの費用が掛かっているか、適正な費用を把握してからお申込みやお手続のステップに移ることが良いとさ れています。

語学留学先は授業料が高ければ質が高い、評判が良いというわけでは必ずしもありません。

中には格安な語学学校でも定評がある学校もあります。

格安な授業料を謳っている語学学校でもきちんと勉強できる教室があるか、クラスメートと交流できるコモンルームがあるか、という最低限な環境は確認するこ とをお勧めします。

②アメリカ語学留学の全体費用を格安にする方法

せっかく1週間単位、1か月単位でアメリカに渡航し、語学留学をするならば学校の質も落としたくない、アメリカで楽しい語学留学生活を送りたいと思われると思います。

語学留学の全体費用を格安にしたい場合は、まず格安な語学学校を選択するという方法があります。

語学留学というと、まずは語学力を伸ばす為に英語コースに通われる方が多いでしょう。

主流のGeneral Englishコースの場合1週間 200ドル前後から選択することが可能です。

この学校に行きたいというこだわりがある場合は、語学留学の費用を格安にする方法として、アメリカの中で行く都市を変えるというのも一つの方法です。

アメ リカの語学学校の中には複数都市にキャンパスを構えている学校もありますので、ニューヨークなどのような大都市を避けると授業料を少し抑えることができま す。

また、渡航期間が90日以内で且つ1週間の授業時間が18時間以内の場合は、観光ビザ(ESTA)で渡航することができます。

学生ビザを取得するよりもビザの申請代金などの諸費用を抑えることが出来るため、90日以内の滞在の場合は観光ビザ(ESTA)で渡航する方法を選ぶ方法も留学費用を格安にする方法 のひとつです。

③どのくらいの格安費用からアメリカ語学留学できるのか?

teachingscene2 1 - アメリカ 語学留学 格安

実際に1か月アメリカ語学留学をする場合の費用は、語学学校での授業料で約11万円が相場と言えます。

ただし、更に格安なアメリカ語学留学のプランとしては約6万円の語学学校もあります。

選択する学校を変えることで格安なアメリカ語学留学が実現可能と言えます。

また、アメリカで長期にわたって語学留学をする場合、語学学校では長期割引が適応される場合があります。

語学学校では1週間当たりの授業料が設定されていますので、長く語学留学すればするだけ1週間当たりの授業料が格安になるということがあります。

④語学学校の他にかかる費用を格安にする方法

ひとえにアメリカでの語学留学と言っても、語学学校のみに費用が掛かるわけではありません。

滞在先や食費などの生活費も必要となります。

アメリカでの語学留学をする際に、格安な滞在先を選択するというのもひとつの方法です。

たとえば、学校から手 配が可能な学生寮に滞在してみるという方法があります。

更に格安な方法を取りたい場合は、ユースホステルやバックパッカーと呼ばれる滞在先を手配するのも 良いでしょう。

自分自身で食事を用意する分、食費も費用を抑えることができます。

⑤語学留学にかかる語学学校の費用の詳細

v 1 - アメリカ 語学留学 格安

アメリカで語学留学をする場合、語学学校では授業料以外にかかる費用として入学金や教材費が挙げられます。

入学金は、その学校に入学する際に発生する1回の費用となり、一般的に100~200アメリカドルで設定されていることが多いです。

入学金は格安と言われ るアメリカの語学学校でも発生する料金となります。

語学留学費用からすると小さな事ですが把握しておくに越したことはありません。

稀に学校からの特別割引料金入学金が割引や無料となっている語学学校もあります。

教材費は授業を進めていくうえで必要となる教科書代金です。

アメリカの学校によってはこの教材費が授業料に含まれている場合があります。

格安な語学学校では教材費はかからない分、教科書は利用せずプリントを配布される、ということがあります。

格安なアメリカ語学留学について不明な点があればラララ・アメリカまでお問い合わせください。

留学の見積り、サポートサービス

ラララ・アメリカでは、留学費用に透明性を持たせる為、様々な試みを行っております。

留学の見積り、サポートサービス

留学費用の透明性について

ラララ・アメリカでは留学費用に透明性のない料金は一切頂いておりません。
留学費用に透明性を持たせるためにラララ・アメリカではお客様に留学についての正式な学校の請求書を確認頂いております。
学校の請求書は英語で書かれていますが、必要によっては弊社のスタッフもしくは学校のスタッフに確認をして下さい。留学費用についてお客様が納得いくまで説明いたします。
次に留学エージェントのサポート料金です。弊社では長期留学をご希望のお客様には基本的に無料でサポートしております。
とりあえず、前払い金やサポート料金をご請求する事はございません。

ラララ・アメリカのサポートサービス

ラララ・アメリカでは学校情報はもちろん、ビザ情報、アメリカの生活情報など、様々な情報をご希望のお客様にお届け、もしくは直接カウンセリングをすることによって留学前の不安を出来る限り取り除きます。
留学する方にとってどれだけのサポートを受けられるかも重要な部分です、ラララ・アメリカはそのような方達にも対応できるようなサポート体制を強いてお り、またサポートの内容を出来るだけ減らし、ご自分でリーズナブルな留学プログラムを組む事にも対応しております。
サポート料金で何十万円も請求するようなことは、一切行っておりません。
まず、お客様とラララ・アメリカスタッフで納得の行く留学の仕方を選択することから始めます。

下記がラララ・アメリカが行う無料サポートの一部です。

項目 費用 詳細
カウンセリング 無料 メールお電話にてカウンセリングを行います現地の情報を無料で提供いたします。
学校資料送付 無料 各語学学校、専門学校、大学の資料を送付します。
無料学校お見積り 無料 授業料のお見積り、その他実際に滞在中の生活費がいくらかかるかなどお見積りします。
語学学校入学手続き 無料 各種学校の入学手続き、滞在先の手配、学生保険の加入などは学校の正規価格のみで手配いたします。
ビザの取得、
健康診断の ご案内
無料 初めての留学の方、手続きのご案内をします。
航空券手配のご案内 無料 航空券の種類、滞在期間などを考慮し最適な航空券情報・注意点など安全に渡航できるようにサポートいたします。
滞在先の手続き 無料 英語が難しい方の為にもうしこみ代行を行います。
各種ビザ相談 無料 滞在を延長したい方など、ビザ切り替え、延長の相談を承ります。
銀行口座開設(到着後) 無料 銀行口座開設に必要な手続きをご案内致します。
Resume(英文履歴書)作成 無料 お仕事を獲得するために必要な英文履歴書の作成の仕方を教えます。
英語学習教材の
無料提供
無料 リスニングやリーディングなど英語学習に欠かせない教材を提供いたします。(CD代金は別途必要)
携帯電話
レンタルサポート
無料 現地の携帯電話レンタルサービスを行います。現地のお店で購入したい方は現地ショップをご案内致します。
フリーメールの取得代行 無料 海外ではネットカフェでメールを打つ機会が多くなります。メールアドレスの取得代行を行います。

荷物チェックリスト

 

アメリカ留学の準備は万全でしょうか?荷物チェックをしましょう!

checkbox - 荷物チェックリスト

荷物チェックリスト

スーツケースの重量をオーバーすると、超過料金をと られますので、気をつけて下さい。

また、テロ防止対策のため、機内に持ち込む手荷物の中にナイフやハサミ、液体物質などを入れることはできませんのでご注意ください。

アメリカの検疫は厳しく、一部の食品、果物、野菜、苗木などの持込はできません。

アメリカのスーパーや食料品店で生活必需品・日本食を購入することができますので、最低限の物のみ持っていきましょう。

品目 重要度 備考
パスポート(旅券) コピーも取っておいたほうが良い。
入学許可証(i-20) コピーも取っておいたほうが良い
航空券 名前(パスポートと同じ)・発着時間・便名の確認。
海外旅行損害保険証 日本用と海外用の2通の内、海外用を持ち込む。
現金(USドル) 最初の生活環境にもよりますが、500ドルぐらい。
クレジットカード VISA、MASTER、AMEXが有効。
国際運転免許証 あれば持っていく。
国際学生証 あれば持っていく。
就学する学校の書類 到着後、学校の下見を行うのに必要。
常備薬 胃薬、目薬、風邪薬は必須。他は常備薬として数点。
洗面用具 歯ブラシ・タオル・携帯用シャンプーなど
衣類 最初に滞在する都市によって服の種類を合わせる。収まりきらない場合は後で郵送で送ってもらうのがベター。
下着・靴 下着は一週間分ぐらいが目安。
めがね・コンタクト アメリカでも購入できますが余分に持っていければ良。
ガイドブック 渡航前に情報収集をしておきましょう。
辞書(電子辞書) 英語力を底上げしてくれる必須ツール。
携帯電話 現地での契約した方が安いです。
ノートブックpc pcには辞書ツールや画像をふんだんに取り込めます。
携帯音楽プレーヤー 英語のリスニング用やリラックスする時の音楽鑑賞用に。
カメラ(デジタルカメラ) 思い出、記念に、pcとセットであれば尚可。
電気プラグアダプター 日本の電気製品を利用する場合に役立ちます。
変圧器 電圧の違う日本の電化製品を利用する場合は必須。
化粧品・ひげそり 日本製のものも現地で購入できますが高価です。
スキンクリーム 都市によっては乾燥している地域もあり、深刻です。
備品 爪きり、耳掻きなど。

アメリカ ビザ

 

ビザは日本語で査証と呼ばれています。渡航先の国が、渡航先に上陸したい自国以外の移民に対して入国許可を示すものです。
ビザが無ければ渡航先に入国する事ができません。

アメリカ ビザ

pp - アメリカ ビザ

アメリカ留学の為のビザの種類

アメリカ留学の為には、ビザの取得が必要です。アメリカのビザを取得せずに入国する事はできません。
主にアメリカ留学のビザの種類は4種類に分かれます。

学生ビザ(F-1)・・・大学・短期大学・・高校・語学学校で就学を希望される方に必要なビザ。 

学生ビザ(M-1)・・・専門学校(職業の為の)での学習を希望される方に必要なビザ

交流訪問ビザ(J-1)・・・大学院またはインターンシップ生として渡米を希望される方に必要なビザ

観光ビザ(ESTAS)・・・短期間の観光または教育機関で学習されたい方に必要なビザ。

※ビザの情報については移民法により随時変更があります。最新情報はアメリカ大使館ウエブサイトで確認して下さい。

英文財政証明書

英文残高証明書

bankbook - 英文財政証明書

①英文残高証明とは?
金融機関が発行する預金残高が記載されている書類になります。

学生ビザを申請するにはアメリカ滞在期間をカバーできることを証明する英文の残高証明書をアメリカ移民局に必ず提出する必要があり、アメリカ留学が就学目的のみの渡航である事を証明します。

②発行に必要なもの
下記の書類と証明書などを金融機関に持参して下さい。

※銀行によって必要なモノは変わる恐れがあります。

※口座名義人が銀行へ来店した場合です。

口座名義人以外の方の発行依頼の場合は、口座名義人との続柄を証明する書類などが求められる場合がありますので、事前に金融機関に確認してください。

・通帳
・届出印
・本人確認書類(運転免許証など)

passport2 - 英文財政証明書

③留学における残高証明が必要になる時期
英文残高証明書が必要になる時期は下記になります。発行までの期間を必ず金融機関に確認して下記時期までに取り揃えておいてください。

○学生ビザ面接時
○学校申込時

④残高証明書の記載額
残高証明書は申請当日のものではなく前営業日までの残高が記載されます。

申請当日に入金したものは残高証明書には記載されません

※金融機関によっては残高の金額については反映が異なりますので、必ず金融機関までお問い合わせください。

bank - 英文財政証明書

⑤必要な残高
必要金額ですが授業料以外に1か月あたり2,000ドルの生活費をプラスした残高が必要なことが多いです。

※申込みされる学校や留学プログラムによって必要な残高は大きく異なります。
詳しくはラララ・アメリカスタッフまでお問い合わせください。

⑥口座名義人について
基本的にはご留学本人の口座名義の残高証明書が必要になります。留学する本人以外の名義の残高証明書の場合と一緒にスポンサーレター(Affidavit of SupportもしくはFinancial Support Form)が必要になります。

留学する本人以外の第三者の援助でもAffidavit of Supportを記入し、保証人の英文残高証明書を提出する必要があります。

⑦発行までの期間
残高証明書には金融機関で受け取るか郵送かにより異なります。※もちろん銀行によっても変わります。

<店頭受け取りの場合>
後日、担当銀行員からの連絡を待ち、受け取る

<郵送の場合>
1週間から2週間でご自宅に届く。※銀行により異なる

※金融機関が混んでいる場合などはさらに長くなる可能性があります。