サンディエゴの語学学校一覧

アメリカのカリフォルニア州にある都市でロサンゼルスに続いて人口が多い都市です。気候はすごしやすく、自然とてもが豊かな都市で海、山、砂漠があります。海では、アザラシを見ることができたりもできます。 ロサンゼルスから車で2時間の距離なのでロサンゼルスまで観光にいったりと、そういった面でもとても立地的にも良いです。

 

メキシコとの国境の街になり、アメリカとメキシコの文化が融合する独特の雰囲気です。いろいろな語学学校があり、世界中から留学生が集まっています。

 

語学学校は大きく分けて私立語学学校と大学付属語学学校がございますので、順にご紹介していきます。

サンディエゴの私立語学学校6選

提供するコースが多種多様で、どんな目的で勉強するかに関係なく幅広い目的や年齢層の生徒に対応することが可能です。コースの開始日は毎週月曜日や隔週月曜日、月1回などのケースが多く受講期間は1週間~52週間などスケジュールに合わせて参加することができます。

 

レベル分けは多く通常6~12段階になっていて、クラスは少人数制が多いです。同じクラスに在籍している学生の英語力のバラツキは少なく、効率良く英語力をアップすることが可能です。私立語学学校に通うメリットとして独自のシステムやさまざまな教材を使用しており、質の高い英語教育を体験することができます。複数の場所に校舎が存在するので、希望に応じて転校することが可能です。

 

さまざまなサービスやサポート体制などがしっかりしているので便利です。滞在先としてホームステイが多く、学校が手配を行うケースがあります。交通の良い便利な場所に学校があり、放課後になると観光スポットに行きやすいです。学校スタッフが放課後やアクティビティなどを企画することが多く、気軽にいつでも参加できます。

①CEL:街の中心部にあります


サンディエゴにあるCELサンディエゴは、ダウンタウンの中心部に位置しています。サンディエゴの生活水準が高く、治安が良いことで知られています。日本からは直行便を李湯することができ、学校は街の中心部にあるので交通が便利です。大きいなショッピングモールを利用することができ、快適に生活することができます。

 

いろいろなコースがあり、一般英語コースの場合少人数クラスで個々のレベルや合わせて授業を受けることが可能です。TOEFL試験対策コースの場合、試験に精通する講師が受験するにおいて戦略を提供し、模擬テストを受けて高得点を取得するスキルを身につけることが可能です。いろいろなアクティビティを体験することができ、サンディエゴ動物園やメキシコ観光、シーワールドなどを見学することができます。

 

滞在方法についてホームステイは一人部屋で朝食や朝夕食付から選択することが可能です。レジデンスは一人部屋や相部屋で共同バスルームを利用することができます。シェアアパートは一人部屋や2人部屋から選択することでき、共同バスルームで食事は自炊です。費用はホームステイで空港出迎えありだと5,260ドルになります。

CELサンディエゴ(カレッジ オブ イングリッシュ ランゲージ サンディエゴ)

②コンバース:英語力を伸ばせます


コンバースサンディエゴ校はガスランプクォーターという、ダウンタウンの一角に位置しています。周辺にはいろいろなレストランやカフェなどが多く立ち並んでおり、地元住民で常に賑わっているエリアです。サンディエゴやサンフランシスコにセンターがあり。独自のカリキュラムや教材を使って常に質の高い教育を提供しています。

 

少人数制クラスを採用しており英語力の伸ばすことが可能です。世界各地からたくさんの留学生が訪れており、スタンダードの場合英語でのコミュニケーション力を効果的に向上することができます。会話力の向上に重きをおいていて、スピーキングやリスニング、リーディングやライティングなどを中心に構成されています。ロールプレイを通じて積極的に授業に参加でき、コミュニケーション力を自然に身につけることが可能です。

 

インテンシブの場合個人指導やランゲージラボに参加することができ、総合的な語学力を習得することができます。発音矯正や会話での実践的な文法、語彙やイディオムを学習することが可能です。上級レベルでは進学者向け準備コースがあり、進学相談を受けることができます。ホームステイやレジデンスを利用することができ、留学費用の見積もりとして5,545ドルです。

コンバース・インターナショナル・スクール・オブ・ランゲージーズ(CISLサンディエゴ校)

③カプラン:試験対策コースがあります


カプランインターナショナルサンディエゴ校は、ガスランプクォーター国立歴史地区に校舎があります。たくさんのレストランや店が建ち並ぶエリアで、陽射しに溢れ穏やかで多様な文化を体験することが可能です。いろいろなコースがあり一般英語コースやビジネス英語コース、TOEFLiBT試験対策やケンブリッジ試験対策を選択することができます。

 

さまざまなアクティビティがありサーフィンやダイビング、テニスやスキーなどを楽しむことが可能です。シーワールドやサンディエゴ動物園を見学したり、美術館などを見学できます。古き良きカリフォルニアの歴史を体験できるガスランプ地区にあるので、多くの観光客で賑わっているエリアです。ロサンゼルスやサンフランシスコ、グランドキャニオンやメキシコといった観光名所にも簡単にアクセスすることができます。

 

周辺にはカリフォルニア大学サンディエゴ校やサンディエゴ州立大学があり、エンターテイメントも反映されているエリアです。滞在方法についてホームステイや民間レジデンスを利用することが可能です。ホームステイの場合一人部屋や相部屋になり、8週間での留学の見積もり例として6,515ドルになります。

④LSI:モダンな校舎です


LSIサンディエゴ校は街の中心部にあり、周辺にはいろいろなレストランや店舗が数多く建ち並んでいます。交通の便も良く便利なロケーションで、動物園やコンサートホールなどの観光名所に歩いて行くことが可能です。モダンな校舎でゆったりとした教室があり、無料インターネットを利用することができます。パソコンルームでは学生専用パソコンを使用できたり、自習室や無料教材が完備されています。

 

セイリングやスノーケル、ビーチパーティやコンサートなどを体験することができ、無料やリーズナブルな価格で参加できる活動が多いです。タコスデーなどの食事を通した交流が多く企画されており、グランドキャニオンへ週末旅行したり航空ショー観戦など、いろいろな文化的なイベントを利用することができます。

 

滞在方法としてホームステイがあり、1人部屋でのホームステイを利用することが可能です。レジデンス&アパートの場合、一人部屋や二人部屋を選択することができます。共交通機関を利用すると30分で学校にアクセスすることができ、無料Wi-Fや共同キッチンなどを利用可能です。留学費用についてホームステイで空港出迎えありの場合、5,680ドルになります。

ランゲージ・スタディーズ・インターナショナル・サンディエゴ(LSI)

⑤EC:治安に恵まれています


ECサンディエゴは温暖な気候に恵まれており、ラホヤ地域に位置しています。高級住宅街が隣接しており、治安にも恵まれているエリアです。学校は明るい教室があり風通しの良いラウンジを利用できます。コンピュータ施設があり、テラスに座って休み時間や放課後などに友人とリラックスした時間を過ごすことが可能です。放課後はサーフィンやゴルフを楽しんだり、現地の人と交流可能なボランティア活動に参加できます。いろいろなアクティビティに参加し、カリフォルニアライフを体験することが可能です。

 

一般英語コースやビジネス英語コース、アカデミックイヤー/セメスターやケンブリッジ英検対策などがあります。TOEFL試験対策などを選択することが可能です。アクティビティではサンディエゴ動物園やラホヤの入り江、鯨ウォッチングなどに参加できます。

 

ホームステイは1人部屋になっていて、レジデンスは1人部屋か2人部屋を選択することが可能です。アパートホテルも利用することができ、1人部屋か2人部屋で共有バスルームを利用することができます。バスで45分ぐらいで通学することができ、留学費用は6,406ドルです。

⑥EF:ビーチの近くにあります


EFサンディエゴは都心部や地元のビーチの近くにあり、アライアント国際大学キャンパス内において受講することが可能です。広大な敷地にはプライベートプールがあり、校庭やカフェテリアなどが完備されています。学校からハイキングトレイルへアクセスすることができ、大学のキャンパスで勉強したかったり小規模クラスで自身のペースで英語を学習したい人におすすめです。

 

伝統的なアメリカの広大な敷地において、アメリカの学生ライフを体験することができます。学生ラウンジが完備されており、ガーデンエリアやスポーツセンターなども完備しています。最新IT技術を導入している学習環境になっていて、ラスベガスやグランドキャニオンなどに週末旅行を体験することが可能です。インテンシブ/ジェネラルコースやサマーベーシックコース、試験準備コースなどを選択することができます。

 

滞在形式はホームステイやレジデンスになり、英語コース開始日は一般コースの場合毎週月曜日です。留学費用について申し込みすると、詳細な情報などが記載されたパンフレットが郵送されるので気軽に相談することができえます。

サンディエゴの大学付属語学学校2選

大学付属の語学学校もあり、進学希望者を対象にするアカデミック英語コースなどを利用することが可能です。大学やコミュニティカレッジに進学を希望する人が受講しており、大学によって最終レベルを修了した場合自動的にTOEFL試験なしでも学部入学を許可する入学制度があります。

 

コース開始日は学校の学期に合わせており、2学期制大学なら年2回です。4学期制カレッジなら年3回か4回になります。受講期間も学期単位になるケースが多く、レベル分けについて初級や中級、上級など3段階~5段階程度と少ないです。クラスの生徒数は2名~40名と多く、英語力を総合的に伸ばすカリキュラムになっています。

 

ディスカッションやライティング、リーディングに焦点があてられており、上級レベルになるとノートの取り方や図書館の利用、レポート作成など進学した後に必要になるキルも学ぶことが可能です。キャンパス内に学校があり、大学のいろいろな施設を利用することができます。サークルに参加できるチャンスがあり、現地の学生と交流を図ることが可能です。学校によってキャンパス内の寮があり、滞在できるケースもあります。

①カリフォルニア大学サンディエゴ校:大学のキャンパスで学べます


カリフォルニア大学サンディエゴ校はアリフォルニア大学の一つで、ノーベル賞受賞者が講師になっています。インターナショナルプログラムでは大学単位履修コースを選ぶと、エクステンションコースはもちろん、大学の授業にも参加することが可能です。

 

エクステンションは留学生や現地社会人向けで、実践的なプログラムを実施する部門です。留学生向けプログラムとして英語コースや大学単位履修コースなどがあります。7~8月の夏休み期間中短期コースが設けられていて、長期プログラムでは4学期制3ヶ月毎に入学することが可能です。ダウンタウンから車で20分ほどの場所に位置しており、屈指の景観を誇るリゾートです。温暖な気候に恵まれていてリラックスした環境の中勉強できます。

 

各種英語コースが提供されており、期間は2週間や4週間、8週間になっているので組み合わせると12週間受講することも可能です。授業数は週15時間や週20時間、週25時間などのコースがあり、受講するにあたって学生ビザが必要になります。英語レベルは8段階あり、オンラインのテストを受け結果でクラスのレベルが決まります。留学費用は7,180~7,330ドルです。

UCSD付属語学学校(カリフォルニア大学サンディエゴ校エクステンション)

②サンディエゴ州立大学:付属英語学校があります


サンディエゴ州立大学のキャンパス内には、付属英語学校であるALIがあります。アメリカでも最大規模で質の高い英語教育を行っており、70か国以上から多くの留学生を受け入れている学校です。大学編入サービス部門があり、大学や大学院プログラム編入をサポートすることができます。

 

サンディエゴ州立大学は大学システムをリードする学校で、国際ビジネス学士課程のプログラムを提供しています。付属語学学校の学生には設備へのアクセスや、キャンパスライフに参加できる機会を提供しているので便利です。コミュニケーション集中英語の場合、さまざまなシーンにおいて役立つフォーマル且つコミュニケーション力の高い英語力を習得することができます。英語講師以外に英語を話すサポーターがいて、ネイティブとの交流が多いです。スポーツなどを楽しみながら英会話を上達することができたり、チューターや宿題ヘルプを利用することができます。

 

授業はコアクラスや補足クラスがあり、週18~23時間の授業を受講可能です。コアクラスではフォーマルやインフォーマルな英語力を身につけることができ、補足クラスでは実用的な会話スキルやアメリカ文化を理解することができます。費用は11,910ドルになります。

サンディエゴ州立大学付属語学学校

まとめ

サンディエゴはアメリカで唯一完璧な天候の街として選ばれたことがあります。年中湿度が低く暖かいので、2月以外雨はあまり降りません。日本からの直行便もあり、たくさんの語学学校が存在しています。アクセスするのに便利な街で、たくさんの留学生を受けいれている街です。

サンディエゴ州立大学付属語学学校(SDSU)

サンディエゴ州立大学付属語学学校(SDSU)

$338/週~

サンディエゴ州立大学は1897年に設立され生徒数が3万5000人以上と非常に多く、様々な国籍の生徒が在籍していることが特徴です。付属の語学学校は1974年に設立され、現在は70カ国以上の留学生が通っています。
ランゲージ・スタディーズ・インターナショナル・サンディエゴ(LSI)

ランゲージ・スタディーズ・インターナショナル・サンディエゴ(LSI)

$295/週~

LSIサンディエゴ校は街の中心地にあり、学校の周辺はエンターテイメントで溢れています。各バス停まで徒歩数分です。周辺にはレストランやカフェがあり、よく生徒がランチタイムに利用しています。

酒井大輔

大学時代にアメリカ/カナダをバスで横断。ロサンゼルス、サンフランシスコ、シアトル、ワシントン、ニューヨークなど様々な都市を3か月かけて巡りました。カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)の付属語学学校に通った後、MBAに進学。家族と2年間サンディエゴで暮らしました。

カウンセラーに質問