アメリカ語学留学

アメリカ語学留学

アメリカの語学留学では、数週間の短期からじっくり学ぶことが出来る年間コースなどがあります。
目標とする英語力や予算、留学が可能な期間により様々な留学プランを立てることが出来ます。
多くの方の留学の目的は語学力を伸ばすことですが、英語だけではなくアメリカの文化を知り、アメリカでの滞在を通して肌で英語環境に触れる醍醐味を味わう事ができます。
やはり経済の中心地アメリカで語学を学ぶことが将来の仕事などにも大きく影響するので、語学をアメリカで学びメリットは非常に多いです。

アメリカ語学留学

語学留学とは?

語学を学び、進学を目指す方や、語学を利用して仕事に活かしたり、異文化コミにゅけーションを図りたい方など、語学力の向上を目的とし、その他に語学留学 を通してアメリカと日本の文化の違いや、他国籍の交友関係を築いたりと、英語を勉強しながらも日々英語をツールとして様々な経験や新しい発見の連続となり ます。
語学留学をしたいと思う場合、人によりさまざまな思いがあります。進学に必要、就職に必要という将来に向かっての目的や国際感覚を養いたい、大好きなアメ リカのハリウッド映画を字幕なしで見たい!など本当に様々です。どの理由を取ってもその人のやる気につながる目的だと思います。

navitas - アメリカ語学留学

語学留学で得られるものとは?

語学留学では一般的な英語コースを受講し、高い英語力を身に付ける目的が一番大きいです。
ただそれであれば、日本で英会話学校にみっちり通うのと変わりがないかもしれません。あえてアメリカへ留学をする事で英語力以外に得られることが非常に大きく、その魅力があるので留学をする人が多くいます。

・語学留学で、日本との文化の違い、カルチャーショックを感じる!
日本人として日本で生活をしていると、常識やモラルなど言わなくても皆が知っているルールが存在します。
日本人特有な特徴としてはハッキリと断りの言葉や相手を否定することを避けようとします。
遠まわしな表現で相手に空気を読んでもらったりすると思います。
アメリカなど海外では、思っていることは口に出さないと伝わりません。本当に驚くぐらい伝わりません。
「こっちがこんな風に態度で嫌がって見せているのだから分かるだろう!(怒)」では分かってくれません。
きちんと言葉にすることが求められます。その為、「日本人は何を考えているか分からない」と耳にすることがあります。
一番驚くのは店の店員とお客が常に対等であること。日本では「お客様は神様」としてお店が閉店しても店内にいるお客様を追い出すことは絶対にありません。 海外では閉店時間になるとお客様が残っていても閉店時間を告げて出てもらったり、店員が休憩に行くために待たせることもあります。
そんなカルチャーショックが本当にたくさん出てきます。驚きの連続ですが語学留学の醍醐味の一つです。
その他にも下記のような例があります。
・アメリカの公衆トイレや学校のトイレの個室のドアの下が大きく空いている
・アメリカ人の先生に下の名前で呼んでほしいと言われた
・アメリカでファーストフードに行ったりスーパーで菓子などを買うとその大きさに驚く

語学留学で異文化交流をする!

語学留学をしに、様々な国から留学生が来ています。
日本人の友達はできやすいかと思いますが、他国籍の友人を作ることによりお互いの価値観の違いや考えの方の違い、表現やボディーランゲージの違いなどを知ることが出来ます。
アメリカにいながらも他の国の事を知ることが出来るので面白いと思います。

・海外での生活で不自由さを感じる!
初めての環境ということもありますが、もちろん英語での生活になるので日本で不自由なくしていたちょっとしたことが挑戦の連続になります。
例えば、バスに乗る。マクドナルドで注文する。道を聞く。携帯電話を操作する。そんな日常な毎日が違った視点で見れます。

語学留学で、積極性を養う!

日本ではあまり自分の意見を相手にぶつけたりする機会も多くはないと思います。
相手の意見を聞き、相手の意見を尊重する。はっきりと反対したり否定しない。とても日本的です。
ただし、海外では通用しません。「それであなたの意見は?」となります。語学が堪能でないとやはりちょっととまどいますね。
語学留学をし、自分自身の考え方を再度見直すことができます。反対意見に対して、日本人は相手を気遣いますが、海外では基本的に相手の人格は尊重しつつも相手の意見に対して率直に意見します。ある意味、意見をぶつけ合う事で相手との信頼関係を図っているようにも感じます。

語学留学で、自分の国を客観的に外から見よう!自己のアイデンティティ

海外に出て初めて感じるのが、「あ、自分は日本人なんだ」ということ。
Where are you form?と聞かれることが多いので、その都度、I’m from Japanと伝えると相手が日本に興味があればアニメの事や日本食の事、大都会などをイメージして質問をしてきます。
意外にも答えられないのが日本の人口や東京都の人口。政治経済や日本の歴史。他国の学生は自分の国の歴史に対して非常に知識があります。語学を学ぶのもそうですが、自分の国の事も色々調べることができる良い機会になります。
ドイツ人の学生はナチスの時にどれだけ他国にひどいことをしてきたかをきちんと学び理解し、受け止めています。日本も各世界大戦などで他国と様々な関わりがありましたがそこまで把握していることが少なく、質問されて答えられない事が多いと思います。
そんな時に「自分の国の事も分からないのか」と痛感し、調べ始めるのです。そうすると自分の国に対しての意識が高まり、「日本人なんだ」という意識が非常に強くなります。
それは日本にいたら感じないことですよね。

アメリカ語学留学で人気の都市は?

語学留学として人気の高い都市のご紹介です。

〇カリフォルニア州ロサンゼルス
アメリカ西海岸に位置する街。語学留学するには一番の人気都市です。年間を通して過ごしやすい気候と観光地が多いのが特徴です。
ビバリーヒルズ、サンタモニカビーチ、ハリウッド、ディズニーランドなどアメリカを代表する名所が集まっています。
〇ニューヨーク州ニューヨーク
言わずも知れた大都市。ここで語学留学するイコール世界の文化を学ぶ!です。地元では「アップル」という愛称で親しまれています。
本場ブロードウェイやアートの街として非常に人気が高く、スポーツやファッション、エンターテイメント、食文化など刺激が多いのもこの街の特徴です。

〇ハワイ州オアフ島ホノルル
アメリカ本土ばかりではなく、やはり日本人に人気の高いリゾート地ハワイ。ゆったり語学留学をしたい方にはおすすめ。ホノルルに語学学校が集まり、英語以 外にフラダンスやウクレレなどハワイならではのアクティビティも楽しめるのが魅力です。アメリカ本土とは全く違った雰囲気での滞在が可能です。

語学留学での英語力の伸びと留学期間

語学留学で一番気になるのはどれだけ英語力が伸びるのか。
もちろん個人差はありますが、一般的に1つレベルが上がるのに3か月程度かかると言われています。
・語学(英語)レベル
初級、中下級、中級、中上級、上級の5レベルが一般的です。
日本人が一番多いと言われているのが初級と中下級の語学レベルです。この語学レベルには日本人が固まる傾向があるのでクラス内での日本人率が高くなります。
初級の英語力の人が1年の留学で中上級のレベルになる計算になりますが、中級から中上級、中上級から上級に上がるのが難しいと言われています。
中級になると、文章として英語を話す語学レベルになります。当たり障りのないトピックであればスムーズに会話ができます。
中上級になると、文法的な間違いやトピックによっては会話が難しいこともありますが基本的には問題なく英語で会話が出来る語学レベルになります。頭で考える時も英語で考える脳になっていることが多いです。
上級になると、基本的にどんなトピックでも会話ができ、ネイティブと話をしても特に問題がなくなります。独り言や夢の中でも英語中心になります。

語学留学で最大限に英語力を高めるには?

現地で英語だけを使い、様々な国の友達を作るというのはよく言われることですが、それは行ってみないと分からないことです。今のうちにもう少し具体的な自分の語学留学の目標を持っておくと不安も少なくなります。
日本でも語学の偏差値で言うところのTOEICや英検が主流ですが、世界でみると通用する国はごくわずかです。
アメリカ留学をするのであればTOEFLやケンブリッジ検定など世界で通用する英語試験の対策コースを受験し、ハイスコアの取得を目指すのもお勧めです。
もちろん取得した英語資格は資格として履歴書などでアピールできます。TOEICや英検と違い、スコアと自分の英語力がほぼイコールになるので本当の自分の英語力を把握することができます。
他国へ再度留学を考えた時にも英語証明として活かすこともできます。

語学留学から帰国したら次は?

語学留学を終了して、日本に帰国してから重要になるのは、英語力とその証明です。英語はあくまでも一つのツールとして自分の興味のある分野や経験のある職業と絡めて考えると絶大な効果を発揮します。
・大学生だったら
就職の時に有利になります。語学留学や専門留学をする学生は多いのでライバルは多いです。
その時に、英語資格として高いスコアを持っていれば大学で学んだ知識にプラスすることができます。
・社会人だったら
次のステップとしてさらに語学を学んだり、専門留学やワーキングホリデーなどステップアップ留学も考えられます。
もちろん前職と英語力をプラスして外資系を狙ったりすることも可能です。
英語とはかけ離れているような企業でも実は英語を話せる人間が求められていることもあります。

英語が出来れば就職できると考える人が多いですが、実は英語はあくまでもツールの一つ。英語以外に特化するものがなければ職につなげるのは難しくなります。
極端な話、英語だけであればそれこそ翻訳通訳や英語教師となるので語学留学をする前や帰国後に自分の得意分野を見つけておく必要があります。

語学留学の場合の滞在方法のお勧めは?

語学留学する人は、まず英語が話すのが難しいので、ほとんどホームステイになると思います。ただ最近の傾向として、学生寮や学生アパートのような滞在スタイルもお勧めです。
人によって滞在方法への希望は異なり、ホームステイのように家族の一員として密着するタイプの滞在方法か、個人の時間を尊重し、同年代の学生と生活を共にする学生寮とがあるので好みによる。

1)ホームステイ
語学留学をする学校が直接手配をしてくれるホームステイです。留学するときの一般的な滞在さ方法の1つですね。
アメリカの家庭で一緒に生活をし、英語だけでなく生活に密着した文化や習慣に触れることができます。
大体の場合、学校からホームステイ先まで公共交通機関を使っての通学となるため、バスや電車なども経験できるので生活を通しても様々な英語を学ぶことができます。
また、学生寮と違い、家族の一員として食事を一緒に取ったり家の事を簡単に手伝ったりします。
家族としての交流が必要なので質全的に英語を使う環境になります。

2)学生寮や学生アパート
大学付属や大学の敷地内にある語学学校であれば、大学の学生寮に滞在することができます。
同室になるのは現地の大学生になるのでまるで大学で勉強しているようなそんな感覚になります。
同年代の学生との生活なので自分の趣味や興味があること、アメリカや大学の勉強についてなど意見交換ができるのもこの滞在タイプの醍醐味です。

自分のペースで生活ができ、学校からも学校からも徒歩圏内がほとんどなので交通にも時間がかからず便利です。