アメリカ留学での車の探し方・買い方・乗り方 アメリカ留学

アメリカ留学のご相談・ご質問は無料です!
なんでも相談フォーム
パンフレット資料請求
カウンセリング予約( 個別 )
トップページアメリカ留学情報一覧 > アメリカ留学での車の探し方・買い方・乗り方

アメリカ留学での車の探し方・買い方・乗り方

車は必ず必要?

国土が広大な国であるアメリカは、地域によっては車が必須になります。

ホストファミリーが送り迎えを行ってくれたり、寮・シェアハウスのルームメイトや学校のクラスメイトに頼んで車を出してもらう場合もあります。

しかし、特に長期の滞在の場合は、便利さから車を購入する学生もいます。

車はレンタルか?購入か?ここでまず大きく分かれる!

まず、必要なときのみ、車をレンタルするという方法を取っている学生がいます。

実際、筆者も、少し遠出をするときには、一緒に使用する学生と割り勘で車のレンタルをしました。

レンタルをするときのデメリットは、一般的に、留学生は強制的に付帯される保険料やレンタルル料金が割高で、1日借りるだけでもかなりの費用がかかる ことです。

日本の運転免許保持年数は関係ありません。

また、その都度、レンタル契約を結び返却しなければいけないので、面倒です。

その点、いったん車を購入しておけば、そのような手間を省くことが出来ます。

保険はしっかり入ろう!

日本でも当たり前のことですが、自動車を購入の際は自動車保険に入ります。

基本的にはどの州でも義務として入らなければならない保険があるのですが、まれに友達から譲ってもらった自動車で保険のことを分からないまま車を運転している留学生もいますので、注意が必要です。

保険料の見積もりは、保険会社のサイトでチェックすることが出来ます

筆者は、NYで車を購入した時にGEICOという保険会社を使いました。

他にも、Allstate, Progressive, State Farm, Farmers等が大手保険会社 として挙げられます。

留学生は車をどこで買う?購入時の注意点!

自動車購入の仕方は、ディーラーからの購入個人からの購入 の二つに分かれます。ディーラーの場合は、新車と中古車の売買があります。

新車は高いので、ほとんどの留学生は中古車を購入します。

NYなどの大都市であれば、日本人ディーラーがいますので英会話に自信がない方にはおすすめです。

英語が話せないことによって、交渉で高めの値段設定のまま押し切られたというケースも聞いたことがあります。

中古車の場合は、購入する前に事前にネットなどで価格の目安を調べておくといいでしょう。

個人から購入する場合は、一般的にディーラーから買うより安く買うことが出来ます

しかしながら、諸々の手続きを全て自分で行わなければいけませんし、自動車の質が著しく悪かったという場合もあります。

また、支払いに関してのトラブルもありますので、注意が必要です。

安い車はここが危険!

自動車を個人売買で手に入れると、一般的にはかなり割安になるものの、自動車に問題がある場合もあります。

アメリカには一応車検はあるのですが、日本のような包括的で厳しいものではありません。

実際、筆者がアメリカにいた時も、サイドミラーが片方壊れている車やボンネットがベコッとへこんでいる自動車が車道を走っているのをたまに見ました。

購入前に必ず実際に試乗してみて、メンテナンス状態や走行距離などのチェックを行ってください。

売る時も考えておこう!

アメリカでは比較的高く自動車を売ることが出来ます。

まずは、ダメもとでも、周囲の友人に購入希望者がいないかを聞いてみるべきです。

私の場合は、現地の友人の親戚が中古車を探しているということで、45万ほどで購入した自動車(カムリー)を20万程度で最終的に売り渡すことが出来ました。

帰国日が分かっているのであれば、早めに周囲に聞いてみることをお勧めします。

実際のところ、交渉はうまくいっても支払いでトラブルが起こる可能性もあります。必ず、自動車を渡す前に支払いをしてもらってください。