アメリカ留学をする意味があるのか?アメリカ留学して得られたものとは! アメリカ留学

アメリカ留学のご相談・ご質問は無料です!
なんでも相談フォーム
パンフレット資料請求
カウンセリング予約( 個別 )
トップページアメリカ留学情報一覧 > アメリカ留学をする意味があるのか?アメリカ留学して得られたものとは!

アメリカ留学をする意味があるのか?アメリカ留学を経験してみて得られたもの!

筆者はアメリカ大学へ留学をしました。その体験を通して得られたものをお伝えします。

英語力(英語試験の成績UP)

アメリカ留学で得られたものの一つ目は、英語力のアップです。

アメリカ留学をする大半の方が語学力を磨くために渡米されることと思います。最初は、先生や学生が何を言っているのかわからないこともあり、かなり戸惑いました。

しかし、時間がたつにつれて、ネイティブの話す速さに慣れ、徐々に英語が耳に入ってくるようになり、理解できるようになりました。

英語が母国語の国に身を置くからこそ、自然と英語が身に付いたのだと思います。その副産物として、英語試験の点数が上がります。

私はTOEFLで行く前とは比べ物にならないくらい、良い点数を取ることが出来ました。特にリスニングのスコアの伸びには驚きました。

国際文化

日本を出て、異国の地で生活するということは、自分の知らない文化を学ぶことでもあります。

学校内外に問わず、日本で当たり前と思っていたことが、世界基準(特に西欧文化)ではむしろタブーとされることもあります。

例えば、「阿吽の呼吸」や「間を読む」というように言わずとも分かり合おうとするのが日本の美徳ですが、アメリカではそうはいきません。

物言わぬものは、何も考えていないと見なされたり、授業で発言をしなければ点数をもらえない場合もあります。

違う文化に触れることで、日本を第三者の目線で見ることができ、より広い視野で物事に取り組めるようになりました。

アメリカ全土の旅行・今まで見たことのないものの体験

アメリカ滞在中は、お休みがあれば様々な観光スポットや世界的に有名な歴史的・文化的建造物を見に行くことができます。

アメリカはスケールが非常に大きいため、州をまたげば、全く違う文化に触れることができます。

例えば、カリフォルニアでは、真っ青のビーチやマリンスポーツ、ハリウッド観光ができますし、NYであればマンハッタンの電飾で光り輝くタイムズスクエアや本場のミュージカルに触れられます。

一方、グランドキャニオンや世界最大級の自然国立公園、動物園などの自然や動物に触れられる場所も非常に多いです。

日本では到底できないようなエキサイティングな体験ができるでしょう。

世界基準のマナー

日本と西欧のマナーの違いは多くあります。

レディファーストの作法やレストランでの所作だけでなく、お友達のホームパーティに招かれた時などの対応も学ぶことができます。

筆者が個人的に驚いたことは、パーティーに余裕をもって行く、例えば10分ほど前には着くようにすることが、必ずしも礼儀正しいとは限らないということです。

むしろ、少し遅れていくぐらいの方が、主催者側の準備の都合を考えていると見なされ、喜ばれました。

自分自身の性格

性格が、より社交的になりました。自分から話さなければ、いないものと見なされることが多かったので、自分から行動して話に行く癖がつきました。

学歴

「米国留学経験あり」といえると、やはり就職時に企業に対して見栄えがよかったと思います。フィリピンやオーストラリアなど近場を選ぶよりも、真剣度が伝わるのかもしれません。

アメリカでの就職

当たり前かもしれませんが、アメリカで就職したい場合は、アメリカ留学をしていた方がいいかと思います。

アメリカで実際に開かれる就職フェアもありますし、また、教授や講師、アドバイザー、友人からの有力な情報も他の国に比べて得られることが多いでしょう。

さまざまな国籍の友達の数

アメリカには世界各国から留学生が渡米してきます。

私も、フランス人、チェコ人、ハンガリー人、コンゴ人、ザンビア人、タイ人、韓国人など様々な国籍、人種の友達が出来ました。これは、一生の財産になります。

危機管理能力

日本にいると、ある種平和ボケになってしまいます。というのも、世界的に見て現時点では日本が非常に安全な国だからです。

自分の身は自分が責任をもって守る、という心構えに変わりました。

将来的に、世界で仕事をしたい人や旅行をしていきたい人には必要な能力です。

また、日本国内でも徐々に重要性が高まってきていますので、アメリカで身に着けられることは、非常にプラスになるでしょう。