ニューヨーク留学中の節約方法 アメリカ留学

アメリカ留学のご相談・ご質問は無料です!
なんでも相談フォーム
パンフレット資料請求
カウンセリング予約( 個別 )
トップページアメリカ留学情報一覧 > ニューヨーク留学中の節約方法

ニューヨーク留学中の節約方法

ニューヨークでも特にマンハッタンは、いまだに世界の中心と言われるだけあって、滞在コストが他の都市と比べても非常に高くなります

滞在費をうまく節約していく必要があるので、今回はそのコツについてお伝えします。

節約術1:家賃を安くする!

何といっても、全費用の中でも割合が高い家賃をできるだけ抑える必要があります。

まずは、シャアハウスに住むのが定番です。

基本的には、部屋の大きさや何人部屋かで金額が変わってきますので、安く抑えたければ、小さめの部屋や大人数の部屋を選んでください。

また、最近若者に人気が高いブルックリンやアジア人が多く住むクイーンズ、少し危険なイメージがついてしまっていますがハーレムが比較的費用を安く済ませることが出来ます。

ただ、やはり安いほうが治安は良くないので、それとのバランスを見ながら慎重に選びましょう。

マンハッタンは家賃が高すぎるので住まずに、橋を渡ってニューヨーク郊外のニュージャージーなどから電車やバスで通学してくる人もいます。

節約術2:食費を抑える!

次に、人によって大きく変わってくるのが食費です。

ニューヨークと言えば、食べ物のトレンドの発祥地になることも多いですし、レストランやカフェをはじめとして日本食レストランやファーストフード店が多く並んでいます。

その誘惑にまけてしまうと、外食が多くなり食費だけでもかなりの出費になってしまいます。

特にレストラン(ファミレスのようなところも含む)は、チップを払わないといけないので、パスタを一つ頼んだだけなのに10ドルを超えてしまうこともあります。

出来るだけ自炊を心がけましょう。

日本食を作ろうとすると食材をMitsuwaなどの日本食スーパーで買うことになります。品ぞろえは豊富ですがやはり割高です。

どうしても、費用を抑えてお米を食べたい、または、日本食で使う食材をそろえたい場合は、チャイニーズ系・韓国系のアジアンマーケットに行ってみましょう。

全く同じものでなくても非常に似通ったものが売っており割安で手に入ります。

節約術3:交通費を抑える!

ニューヨークは碁盤の目のようになっているので、歩くのが好きな方は、移動を徒歩にしても迷うことは少ないですしおススメです。

徒歩以外の交通手段は基本的に、地下鉄かバスになります。 

もちろん、一回乗るごとに買う一回券もあるのですが、地下鉄・バス乗り放題チケットもあります。

日本の切符とは違い、一回券(3ドル)は2時間有効です。

乗り放題チケットは一つ持っておけば自分の選択した期間内が乗り放題になります。

7日間(約30ドル)と30日間乗り放題(約120ドル)があり、学校の行き帰りを考えれば、乗り放題の方が割安です。

節約術4:交際費を抑える!

ニューヨークにはテレビでよく見る歌手やセレブが行くようなクラブがありますが、入場料だけでも高い場合が多いです。

語学学校や大学に行くのであれば、その学校主催のイベントやパーティなどは無料や安価の場合が多いので活用してみるとよいでしょう。

また、アメリカ人の友達が出来れば、ホームパーティに呼んでくれます。

飲み物代やおつまみ代ぐらいで、ナイトクラブへ繰り出すよりも安く抑えられるでしょう。 

節約術5:携帯電話代を抑える!

アメリカで代表的な携帯電話会社といえば、

・AT&T ・Verizon ・Sprint ・T-Mobile

です。携帯といえば、ポストペイの月額プランをイメージされる方が多いかと思いますが、実際、料金を安く抑えるには、プリペイドがいいでしょう。

上記にあげた会社であればどの会社もプリペイドの取扱いがあります。

通信速度が遅くなったり、通話音声の質が悪かったりと不便なことも多いので、品質と安さどちらを優先させるかを考えておいてください。

節約術6:支払方法で節約する!

アメリカはカード社会です。

高額の現金を持って歩くことは危険とされています。

また、現金で日本円をもっていって、現地で両替した場合は手数料などでかなり損をする場合もあります。

アメリカではカード払いが普及しているので、小さな商店でもカード使用可が多いですし、筆者はドーナツ一個買うのでさえカードで行っていました。

ただ、私はデビットカードだけを持ち合歩いていたので、口座に入金してある分だけしか使えませんでした。

学生はデビットカードだけというのは一般的ですし、使いすぎることがないのでお勧めです。