アメリカ電話事情、インターネットとPC

アメリカ留学のご相談・ご質問は無料です!
なんでも相談フォーム
パンフレット資料請求
カウンセリング予約( 個別 )
トップページアメリカ留学情報一覧留学準備メニュー 手続き手順 > アメリカ電話事情、インターネットとPC

アメリカ電話事情、インターネットとPC

アメリカで携帯電話、インターネットを使用する際のご案内。

アメリカの電話とインターネット、パソコン

アメリカの国内電話

アメリカの固定電話はlocal call(市内通話)とlong distance call(市外・長距離通話)に分けられます。市内通話は固定電話から毎月の基本料金だけでかけることができ、公衆電話でも最初にコイン(金額は都市に よって変わります)を入れた後は話し放題です。長距離通話はかけるとアナウンスが流れ、それに従って規定の料金を投入します。

アメリカのエリアコード

アメリカにはエリアコードという、日本における市外局番のような番号があり、市外に電話をかける際に必要です。同じ州でも場所によってエリアコードは変わります。
アメリカ国内で市外への電話
1+市外局番+電話番号
最初の1を忘れずつけてください。

アメリカの国際電話

携帯電話でアメリカから日本に電話する通話料は、1分$3をこえるところから$1近いとことまでさまざまです。日本人を対象にしている日系企業では比較的安価な傾向にあります。
アメリカから日本への電話
011+81(日本の国番号)+市外局番(最初の0は取る)電話番号
日本からアメリカへの電話
会社番号*+010+1(アメリカの国番号)+市外局番(エリアコード)+電話番号
*会社番号…どの会社の電話からかけるかによって変わります。
001(kddi)、0033(nttコミュニケーションズ)、0061(ソフトバンク)、005345(au携帯)、009130(ドコモ携帯)、0046(ソフトバンク携帯)

アメリカのインターネットについて

アメリカではadslが主流です。ホームステイ先や学生寮によって設備の有無や質が変わりますので、インターネットを多く利用する方は事前に確認が必要で す。滞在先にインターネット設備がない場合は、学校かインターネットカフェを利用するのが一般的です。インターネットカフェは30分$3ほどです。

留学準備メニュー
留学ガイドメニュー
現地生活メニュー