アメリカでの滞在方法

アメリカでの滞在方法についてご案内します。

アメリカの滞在方法は主に3つあります。

1.バックパッカー
2、学生寮(学生シェアハウス)
3.ホームステイ

ラララ・アメリカではお好きな滞在方法を選択して頂けます。

※但し、学校または都市によってはご希望の滞在方法を選んで頂けない場合もございます。予めご了承ください。

①バックパッカーとは?

日本のユースホステルに近いスタイルの宿泊方法です。

アメリカ滞在期間中に費用を抑えて滞在を希望されている方やアメリカ人のみならず外国人のお友達を作りたいと思っている方にお勧めの滞在方法です。

部屋の 類は、様々です。2人部屋~8人部屋まであります。

2 人部屋が高くはなっていますが、ホテルの滞在先に比べると安く滞在できます。

多くのバックパッカーでは男子と女子は別の部屋になります。相部屋が多くて、トイレやシャワーも同じ相部屋の住人と共同で使用するスタイルとなります。

滞在費用が安く抑えられる分、ホテルのような特別なサービスはありません。

料理を作る際も自分で食材を購入してきて料理するのがバックパッカーです。バック パッカーでの安全面では各部屋にロッカーが用意されています。


日本でも良く知られているユースホステルでは、アメリカが世界で一番多く存在しており、ホテルなどに比べて格段に費用が抑えられるのが特徴的です。

大都市 などでは格安で滞在できるといったメリットがあるので、満員になる可能性もあります。

ラララ・アメリカではバックパッカーの利用をされる方は事前に予約す る事をお勧めいたします。

アジア人、ヨーロッパ人に問わず様々な国からの外国人が様々な目的で多数宿泊しており、コミュニケーションをとる手段としての英 語環境も囲まれています。

②ホームステイとは?

ホームステイは現地の家族と衣食住を共にして暮らします。

シェアハウスやバックパッカーと言った滞在方法ではなく色々なな経験できる機会があります。

ホームステイはホテルのような宿泊施設の一種ではなく、アメリカの現地のファミリーも単なるホテルに滞在する人と違い、留学生を家族の一員として接してくれます。

それぞれの家族に生活のルールがあり、決められた生活のルールの上で生活に強いられます。

日本とは異なった文化の人と一緒に暮らすことは楽しいですが、文 化の違いにより辛い事も経験します。

ホストファミリーと仲良く協調性を持つ事で、相手側の生活や文化を理解できます。

万が一、分からない部分があれば、ホ ストファミリーに聞いてみましょう。聞いてみない限りは答えが出ません。

それぞれのホストファミリーは、留学生の英語に慣れているので片言の英語でも受け入れてくれる家庭です。

ホームステイは、ホストファミリーと食事は家族一緒に食べる習慣をつけましょう。

遅くなる場合や食事がいらない時には予め連絡をして了承を得る。入浴でに のシャワーの時間は 限りがある。

与えられた部屋では綺麗に清潔感をあるようにするなど、ホスト先により様々なルールが決められています

自分の家と勝手が違いますので、必ず なんでも相談しよう。

また、ホームステイは英語の環境に囲まれているので、英語に自信のない方は、家族とコミュニケーションをしっかりとることが重要になってきます。

曖昧に YESやNOを言うのではなく分からないことがあれば何度も聞きなおしましょう。自分の意思を伝えるが何より重要です。

英語が早くて聞き取れない時や通じ ない時でも曖昧に答えるのではなく自分が納得のいくまで話すことが大事です。

ホストファミリーの住宅は様々ですが、比較的郊外に住んでいる事多いので、学校までどのように行けばいいか確認しておきましょう。

もし交通手段として電車、バスを利用する場合は交通手段の使い方や街や学校まで行くことも確認しておいた方が良いでしょう。

滞在費用:1ヶ月750ドル~

③シェアハウスとは?

シェア・ハウスとは一軒家やアパート、マンションなどの部屋を一定期間の間に借り、ルームメイトとキッチン、リビング、トイレなどシェアして利用する携帯 形態です。

アメリカの学生の間では滞在費用を抑えるための一般的に人気の滞在方法です。

学校の学生寮であればたくさんの外国人もいて楽しく生活ができます。

日本人同士でシェアをする場合は気兼ねなく生活ができます。

また、他国の留学生や現地 米国人と一緒にシェアする事もあります

ホームステイのような干渉が少なく生活する事が出来ますので、自分中心の生活を希望される方には一番適切な滞在方法です。

衣食住については、ホームステイ の様に食事代などが含まれいないので、多くの場合は、自炊する事によってシェアルームの方が生活費を節約できることが多いです。

アメリカのシェアハウスでは、生活に最低限必要な家具が備え付けられている場合もあり、家具などの余計な費用なしで済む事が出来ます。

滞在費用:1週間$140~