アメリカで『単位認定留学』するメリットとは?費用と学校の探し方も!


アメリカに留学したいけれど、日本の大学を4年で卒業できなくなるのではないかと、悩んでいる学生もいるのではないでしょうか。そのような学生に向いているのが単位認定留学です。ここでは、アメリカに単位認定留学をするメリットや、費用のことなどについて詳しくご紹介します。

単位認定留学とはどのような制度か?

アメリカに留学をするための方法の一つとして注目されているのが、単位認定留学です。単位認定留学とは、日本の大学に在籍している学生が現在の大学に在籍した状態のままで、海外の学校に留学できる方法のことです。留学先の大学で取得した単位が、日本で所属する大学の単位としても認められることが、この留学方法の特徴になっています。

 

そのために、日本の大学に通っている途中で留学をすることも可能で、日本と大学でそれぞれしっかりと勉強すれば、4年間で卒業のために必要な単位を全て取得することも可能です。アメリカに留学したいけれど、大学卒業までの期間をのばしたくないと考えている留学生にも多く利用されています。

 

単位留学をするうえで気をつけなければいけないのは、この留学は大学でおこなわれている他のタイプの留学とは、全く別の制度であることを理解しておくことです。他のタイプの留学の中には費用の一部を他人に負担してもらえるものもありますが、単位認定留学は私費留学であるために、現地の学校で勉強するために必要な授業料は、全て自分で支払う必要があることが多いです。その他に生活費なども必要になります。

単位認定留学をする条件と学校の探し方

アメリカに単位認定留学をするためには、必要な条件を全て満たしている必要があります。留学を希望する学生がまずしなければいけないのは、所属する日本の大学に単位認定留学の詳細を聞いておくことです。

 

大学によってはアメリカ国内の特定の大学のみ、単位認定留学が可能な場合もあります。そのために、このような大学に所属している学生の場合には、大学で認定されている特定の大学を選んで入学することが、単位認定留学をするための条件になります。日本の大学と提携しているアメリカの大学もあり、こうした情報もしっかりと集めておくことが必要です。アメリカの大学のどのコースで単位認定留学ができるのかという情報も詳しく調べておく必要があり、単位を取得するために必要となる期間もあらかじめ調べておく必要があります。

 

大学によっては、大学の付属施設で英語を教えてもらえる場合もあるので、こうした情報も留学をする前に調べておく必要があります。基本的に、単位認定留学は日本で所属する大学に認めてもらわなければできないものなので、大学にしっかりと細かい確認をしてから準備をすることが、留学をするために欠かせない条件になります。

アメリカの大学付属語学学校一覧

休学留学・交換留学・単位認定留学の違い

単位認定留学と似ている留学方法の一つに休学留学がありますが、この2つの留学方法は全く別のものです。この2つの留学方法の違いとしてあげられるのは、アメリカの大学に留学する際におこなう手続きです。

 

休学留学をして海外の大学に留学をする場合には、まず所属する日本の大学で休学のための手続きをする必要があります。そのために、この方法で留学をする場合には、海外の大学で勉強している期間は、日本の大学を休学することになります。

アメリカへ休学留学しよう!認定/交換留学との違いとおすすめ留学先5選

ですが、単位認定留学ならばこうした手続きをしなくても、アメリカの大学で勉強をすることが可能です。単位認定留学は休学扱いとはならないため、日本の大学に在籍した状態のままアメリカで単位を取得することが可能です。

 

交換留学も単位認定留学と似たような制度ですが、実際には大きな違いがあります。交換留学は、日本の大学に支払っている授業料でアメリカの大学の授業も受けられるのが特徴になっています。日本の大学を通して留学のための手続きができることも、交換留学の特徴です。希望者は交換留学に応募して、大学の選考を通過しなければいけないことも、単位認定留学と違っている点です。

単位認定留学の5つのメリット

アメリカの学校に単位認定留学をすることは、留学生にとって数多くのメリットがあります。

①休学費用がかからない

留学生に特に大きなメリットとなるのは、日本で在籍している大学を休学しなくても、アメリカに留学できることです。アメリカに留学をするために休学をする場合、面倒な手続きをしなければいけなくなり、休学のために費用も余分にかかってしまいます。

②大学を4年で卒業できる

休学してアメリカに留学すれば、一緒に大学に入学した同級生より遅れて卒業しなければいけなくなるデメリットもあります。ですが、大学を休学することなくアメリカに留学できる単位認定留学ならば、同じ時期に入学した同級生と一緒に卒業することも可能になります。日本の大学を4年で卒業できることも、留学生には魅力のあるメリットです。日本の大学を4年で卒業できないと、日本に帰国して就職活動をする際に不利になることもありますが、単位認定留学ならば、4年間で大学を卒業することも可能なため、就職活動にも支障が出にくくなっています。日本で就職活動をする際には年齢が若い方が何かと有利なことも多いため、4年間で大学を卒業することは大きな意味があります。

③単位認定留学の経験を就活でアピールできる

アメリカに単位認定留学をすることは、就職活動をする際に活用できるメリットもあります。就職活動を成功させるためには、大学生活で起こったさまざまな出来事を面接で上手に話してアピールする必要がありますが、単位認定留学をしたという経験は、効果的なアピールポイントになります。

 

海外に留学したことがない一般の大学生と大きな差をつけることができるのが、最大のメリットです。自信をもって就職活動にのぞめることも単位認定留学のメリットになっていて、自信を持てるようになるのは、アメリカでさまざまな経験をすることができるからです。

 

アメリカに単位認定留学をすることは楽しいことばかりではなく、言葉の面で苦労をすることもありますが、そうした経験を積み重ねることによって、自分に自信を持てるようになります。アメリカに単位認定留学をしたことにより、自信を持って人に話ができるようになったという人も多く、自信のある話し方ができることは就職活動にも非常に有利です。

 

物事に対して恐怖心を感じることが少なくなったと考えている人も多く、普通は緊張してしまいがちな面接の場面でも、堂々と自分をアピールできるようになります。

④国際的な感覚が身につく

国際的な感覚を身につけることができることも、アメリカに単位認定留学をするメリットです。アメリカの大学などに単位認定留学をすることで、国際感覚を身につけられるのは、アメリカの大学には世界中のさまざまな国から留学生が訪れているからです。

 

アメリカで生まれ育った現地の学生だけではなく、ヨーロッパやアフリカなどの地域から来た留学生とも、知り合いになれることがあります。できるだけ多くの国から来た留学生とコミュニケーションをとっておけば、国際感覚をさらに磨くことができます。

⑤プレゼンテーション/ディベート能力が上がる

プレゼンテーションをするための能力が身につくことも、アメリカに単位認定留学をすることのメリットです。日本の学生の中にはプレゼンテーションを苦手とする人も多いですが、アメリカの大学では、生徒にプレゼンテーションをさせるような授業も多くおこなわれています。こうした授業に積極的に参加することで、プレゼンテーションが苦手な留学生も自分の能力を鍛えることができます。

 

アメリカの大学に単位認定留学をすれば、ディベートの能力を向上できるメリットもあります。英語でディベートができる能力を磨けば、自分の思っていることをより的確に英語で表現しやすくなります。

単位認定留学をする時に気をつけるべきこと

アメリカに単位認定留学をする時には、あらかじめ気をつけておいた方が良いこともいくつかあります。

それぞれの大学によって単位認定留学の条件が異なります

特に注意する必要があるのは、それぞれの学生が所属している学校により、留学のための条件が違う場合があることです。大学によっては、留学をする期間なども、大学で決められた条件の範囲内で決める必要があります。勉強したい大学やコースを留学先として選べるかどうかも、大学により条件が違っている場合があり、完全に自由な留学ができないこともあります。

留学の手続きを自分で行う必要がある

留学のための手続きを全て自分でしなければいけないことも、単位認定留学をする学生が気をつけるべき重要なポイントです。希望する大学に入学の申し込みをするためには、申し込み用の書類なども書かなければいけませんが、英語でしっかりと書類を書ける能力が必要になります。書類に書いた英語が間違っていると、留学ができなくなる場合もあるので、書類を書く時は十分に時間をかけて慎重におこなう必要があります。

 

自分で手続きをするのが苦手だという人は、留学エージェントのサービスを利用することもできます。サービスを利用するためには別途費用が必要な有料エージェントが多いですが、無料エージェントを利用した方が費用を抑えることができます。

評判の良い留学エージェントの7つの選び方と【12社比較】

アメリカに単位認定留学するための費用

項目費用
学費120~240万円
住居費60~120万円
食費60~90万円
生活費30~80万円
合計250~530万円

アメリカに単位認定留学をする時に確認しておいた方が良いのは、現地で勉強をするために必要になる費用です。アメリカで単位認定留学をするためには、学費や住居費の他に、食費やその他の生活費なども必要になります。

 

アメリカで1年間単位認定留学をするために必要となる学費の総額は、平均して120万円から240万円ほどです。

 

住居費は住む場所によっても違いがありますが、1年で60万円から120万円程度の費用がかかります。食費も食べる食事の内容によって違ってきますが、食費を削っても1年間で60万円程度は必要になり、多い人は90万円程度かかる場合もあります。食費以外の生活費も必要になり、1年で30万円から80万円程度必要です。

 

日本からアメリカに移動するための交通費も必要になり、日本からロサンゼルスまで飛行機を利用する場合には、片道で最低でも3万5千円程度の費用がかかります。ニューヨークにある大学に入学したい場合には、さらに交通費が高くなります。

 

アメリカで単位認定留学をするためにはビザの申請をする必要もあり、手続きの手数料として2万円程度ほど準備しておく必要があります。

アメリカでの留学費用目安を解説!物価や節約術までまるわかり

単位認定留学におすすめの学校5選

アメリカで単位認定留学をする学校を探す時に重要なポイントとなるのは、日本からの留学生が勉強しやすい環境があるかどうかです。ここでは、日本からの留学生も勉強しやすい、おすすめの学校を5つ紹介します。

①サンタモニカカレッジ


サンタモニカカレッジは、カリフォルニア州のサンタモニカにあるコミュニティカレッジです。サンタモニカは観光業がさかんなことで有名な都市で、海水浴のために訪れる旅行客も毎年大勢います。入学前のオリエンテーションが丁寧におこなわれていることが、この学校をおすすめできるポイントです。コミュニティカレッジなので学費が安いことも留学生にはメリットがあります。

サンタモニカカレッジ 日本語ウェブサイト

②シトラスカレッジ


シトラスカレッジは、カリフォルニア州のグレンドーラに校舎があります。この学校をおすすめできるポイントとしてあげられるのは、創立してから100年を超える歴史のあるコミュニティカレッジであることです。学生が学べるさまざまな専攻が設置されています。スポーツをするための施設が充実していることも、おすすめできるポイントです。

Citrus College(シトラス・カレッジ)

③シアトルセントラルカレッジ


Seattle Central Collegeも、アメリカに単位認定留学をしたい学生におすすめできる学校です。Seattle Central Collegeは、ワシントン州のシアトルに校舎があるコミュニティカレッジです。シアトルの中心部に校舎があるため、アメリカ国内の中でも都市部の地域で単位認定留学をしたい学生にも向いている学校です。

シアトルセントラルカレッジ

④UCSDエクステンション


UCSDエクステンションも、アメリカで単位認定留学をした学生におすすめできる学校です。UCSDエクステンションとは、カリフォルニア大学サンディエゴ校のことです。学校の校舎は、サンディエゴの中心地から北の方向に10マイル程度離れたラホヤ市にあります。コンピューターラボやスポーツ競技場など数多くの施設がキャンパス内にあるところが、日本からの留学にも最適なポイントです。

UCSD付属語学学校(カリフォルニア大学サンディエゴ校エクステンション)

⑤UCIエクステンション


UCIエクステンションとはカリフォルニア大学アーバイン校のことです。UCSDと同様にカリフォルニア大学の一部で、プロフェッショナル資格認定プログラムをはじめとした質の高い教育を受けられることが評価されています。

カリフォルニア大学アーバイン校付属語学学校(UCI)

まとめ

アメリカに留学を希望したい人が選べる単位認定留学という方法についてご紹介してきました。アメリカに単位認定留学することにはさまざまなメリットがあります。4年間で日本の大学を卒業できることや、休学の手続きをしなくて良いことも、単位認定留学のメリットです。

永井将馬

オーストラリアのメルボルンにワーキングホリデーで渡航しました。メルボルンでは語学学校で一般英語を学び、市内にあるユニクロでアルバイトを経験。その後、サンフランシスコにて留学し、ホームステイで様々な国から来ている留学生と交流を楽しみました。

カウンセラーに質問