アメリカ留学の相談・ご質問は無料!(電話:平日9~18時)03459080300345908030
LINEで相談資料請求無料相談
LINEで相談資料請求無料相談

ロサンゼルスのおすすめ語学学校ランキングTOP7

ロサンゼルスはアメリカ西海岸・カリフォルニア州にあり、最も大きな都市です。日本人が多く留学しており、さまざまな語学学校があります。エリアにはディズニーランドやユニバーサルスタジオがあるので、学習しながら楽しむことが可能です。アメリカ人からも人気のある街になります。

 

ロサンゼルスには数多くの語学学校がございますので、人気の語学学校ランキングTOP10をご紹介いたします。

1位 CEL:個々のレベルに対応しています


CELロサンゼルスは地元でも有名なビーチ観光地である、サンタモニカに位置しています。ロサンゼルスは天気が良く過ごしやすい気候で、学校はサードストリートプロムナード周辺にあります。街へのアクセスは電車が開通したことによって、非常に便利になりました。

 

周辺は日本人はもちろんアジア人の留学生からも人気がありますが、スイスやドイツ・イタリアなどヨーロッパからの留学生が50~60%ほどいます。

 

一般英語コースなどがあり、10人以下という少人数クラスが多いです。個々のレベルに合わせて授業を受けることができ、一般英語コースでは読むことや書くこと、聞くことや話すことにプラスして、文法や発音、ボキャブラリーや発表など言語運用スキルを伸ばすことができます。

 

TOEFL試験対策コースも開講されており、試験に精通した講師が受験するにおいていろいろな戦略を提供することが可能です。模擬テストを行って高得点を取得するため、いろいろなスキルを身につけていきます。

CELサンタモニカ校(カレッジ オブ イングリッシュ ランゲージ)

2位 EC:おしゃれなレストランがあります


ECロサンゼルス校は一年の内ほとんど晴れており、温暖な気候で有名なサンタモニカに位置します。地元でも有名なサードストリートプロムナードは、学校からは徒歩数分の場所にあります。周囲にはお洒落なカフェや美味しいレストランがあり、映画館などを利用することが可能です。若者に人気のある店舗が多く、サンタモニカピアには映画に出てくる太陽光発電の観覧車を見ることができます。

 

ECロサンゼルスには様々なコースがあり、一般英語やビジネス英語コース、シティ体験英語やアカデミック英語コースなどを選択することが可能です。TOEFL対策に特化したものもあり、ケンブリッジ試験対策も利用することができます。

 

様々なアクティビティに参加することができ、例えばムービーナイトやビーチバレーボールなどは人気があります。ビバリーヒルズツアーに参加したり、サンタモニカツアーにも気軽に参加することが可能です。週末のラスベガスツアーはおすすめで、多くの人が参加しています。

EC Los Angeles(EC ロサンゼルス校)

3位 カプラン(ロサンゼルスウェストウッド校):学園都市の中心部にあります


Kaplanロサンゼルスウェストウッド校は、ショッピングエリアにあり大学が多く点在しているウェストウッドに位置」しています。UCLAのキャンパスの近くにあり、経験豊かな教師による授業を体験することが可能です。無料インターネット・アクセスを備えているコンピュータールームを利用することができ、学生ラウンジなど最新の設備が整っています。

 

ロサンゼルスにある活気あふれる学園都市にあるので、サンタモニカやロデオドライブなどに簡単にアクセスすることが可能です。マリブでサーフィンを楽しむことができます。

 

様々なコースがあり、一般英語やビジネス英語コース、TOEFLiBT試験対策やGMAT/GRE試験対策コースなどを選択することが可能です。

 

アジア人が多く在籍しており、過ごすやすい環境が整っているのもポイントです。

カプラン インターナショナル ロサンゼルス校

4位 キングス:便利なエリアに位置しています


キングスエデュケーション ロサンゼルス校は、サンセットブルーバードの近くにあります。映画の中心地ハリウッドで英語を学ぶことができ、校舎はリモデルされたばかりです。様々な最新設備が完備されており、ダウンタウンに行くにも便利なエリアです。2000人以上の有名人の手形を見ることができます。

 

英語+フィルムコースの場合、映画のプロデューサーにいろいろな授業を聞けたり、役者などを授業に招待しています。スタイリッシュな建物で、最新施設が整ったクラスルームです。コモンエリアにおいてテレビやDVDなどを視聴することができ、コンピューターラボがあります。Wi-Fiを無料で利用することができ、ランチを食べる場所があります。

 

キングスエデュケーションロサンゼルス校のコースについては、バケーションやインテンシブ英語、英語+フィルムコースなどを選択することが可能です。インテンシブTOEFやディプロマオブイングリッシュなどもあります。

キングス(ロサンゼルス校)

5位 FLS:最も安全な街として有名です


FLSシトラスカレッジ校は、アメリカで最も安全な都市になっているカリフォルニア州ミッションビエホにあります。3万人の学生が通学しており、多くの学生はカリフォルニア州立大学といった4年制大学に編入しています。

 

ディズニーランドまで20分という場所にあり、温暖な気候でのんびり勉強したい人におすすめです。最も美しいラグナビーチまで車で20分です。サドルバックカレッジの施設について、コンピュータを使えるラーニングリソースセンターやランゲージラボがあります。図書館やマッキンニー劇場などを利用することが可能です。

 

ミッションヴィエホ市は気候に恵まれており、透き通るような海岸へアクセスすることができます。高速道路へもアクセスしやすく、シーワールドやディズニーランドなど主要な観光地にも簡単に行くことが可能です。アメリカにおいて最も安全な都市になっている、豊かな郊外コミュニティになります。

FLS・インターナショナル(シトラスカレッジ校)

6位 UC Irvineエクステンション:ビジネスコースに参加できます


カリフォルニア大学アーバイン校・エクステンションは、留学生向けビジネスコースや講師養成コースなどを提供しています。社会人はもちろん現役大学生も参加しており、認定留学におすすめです。

 

エクステンションにおいて提供する英語コースのレベル5を修了した場合、英語スコアなどを提出せずにビジネスコースを受講することができます。英語コースのみ受講することができ、アカデミック英語というより英会話力をアップできるコースもあるので便利です。

 

10週間コース以外では4週間コースもあり、景観豊かな海岸に近い丘に位置しています。ハイウェイを使って他のエリアには簡単にアクセスすることができ、都市計画として発展を続けている都市です。10週間集中英語コースでは、大学進学やキャリアアップのため英語力を向上することができます。

 

講師は経験豊富で平均16年以上経験があり、クラスの生徒は16名ぐらいで、効果的に能力を伸ばすことが可能です。17歳以上なら英語力に関係なく誰でも受講できます。

カリフォルニア大学アーバイン校付属語学学校(UCI)

7位 カリフォルニア州立大学ドミンゲスヒルズ校:便利なエリアにあります


カリフォルニア州立大学ドミンゲスヒルズ校は、カリフォルニア・ロサンゼルスに位置する州立大学です。比較的小規模な大学で在籍する留学生数は、総学生数に比べると少なくローカルの生徒とコミュニケーションを図りやすい環境になります。

 

大学学部課程以外に留学生向けプログラムがあり、英語コースや大学学部コースを勉強することが可能です。ダウンタウンの近くにあり、近くにはロングビーチがあります。日系企業や日本食レストランが多いトーランスもあり、ダウンタウンへのアクセスは良好です。

 

キャンパスは便利な立地にあるので、勉強するにも生活するにも最適です。カラッとした気候で過しやすく、留学生を対象にして大学・大学院の学部講義を受けながら、アメリカ文化も体験できるコースがあります。ビジネスやバイオロジーなどの学部コースもあり、近郊へのツアーや学生同士のパーティーにも参加することが可能です。オリエンテーションを行っていて、生活や学習するため必要な情報について説明されます。英語や数学のテストがあり、英語を学習しなければならないか確認します。結果をもとにしてどのクラスが良いのか、アドバイスを受けることが可能です。

ロサンゼルスの語学学校一覧

キングス(ロサンゼルス校)

キングス(ロサンゼルス校)

$382/週~

ロサンゼルス校はハリウッドに位置しておりナイトクラブや映画関係施設やシアターが徒歩圏内で勉強と観光を両立できる最高の環境です。提携している進学大学も多く、大学や大学院進学目的の方にもおすすめです。
FLS・インターナショナル(シトラスカレッジ校)

FLS・インターナショナル(シトラスカレッジ校)

$289/週~

有名大学であるUCLAやUC Berkeley に修士学を目的に編入制度も設おり、準学士の学位取得も提供しています。コミュニティカレッジのキャンパス内で英語がしっかり学べることが最大の特徴です。
ELS Language Center Thousand Oaks(ELSサウザンドオークス校)

ELS Language Center Thousand Oaks(ELSサウザンドオークス校)

$292/週~

カリフォルニアルーセラン大学のキャンパス内にあるため、大学の様々な施設を利用することができます。ホームステイと学生寮の二つの滞在オプションがあります。
Language System(オレンジカウンティ校)

Language System(オレンジカウンティ校)

$224/週~

ランゲージシステムのオレンジカウンティ校はロサンゼルス市内から1時間程度のオレンジ郡にあります。オレンジカウンティはアメリカの大ヒットドラマOCの現場として有名で現在も盛んに映画やドラマの撮影が行われています。
Language System(ロサンゼルス ダウンタウン校)

Language System(ロサンゼルス ダウンタウン校)

$224/週~

LSI(ランゲージシステム)はアメリカのロサンゼルス近郊に4つのキャンパスがある大規模な学校です。授業料は比較的安い方ですが授業の質にも定評があり、長期間で費用を抑えて留学したい人にはお勧めです。

まとめ

アメリカ・ロサンゼルスは天候が良く、温暖なエリアです。たくさんの語学学校があり、日本人留学生やアジアが人が多く住んでいます。便利な街でいろいろな飲食店が立ち並んでいて、周辺には有名な観光スポットがあるので楽しみながら英語を学ぶことが可能です。

呑村紗也佳

アメリカの語学学校・コミュニティカレッジを卒業。私にとって海外留学は、「それまで持っていた常識や当たり前を180度覆し、価値観がぐんと広がった」そんな経験でした。もともと留学や海外に興味はなかったですが、両親が留学を勧めてくれたのをきっかけにオーストラリア・カナダ・アメリカで計4年ほど海外生活を送りました。

カウンセラーに質問

進学アンケート

    基本事項

    お名前 必須

    メールアドレス(PCアドレス) 必須

    入国予定時期 必須

    学校に通いたい期間 必須

    希望都市 必須

    語学学校への就学意向 必須

    希望のCollege・大学 必須

    希望の専攻 必須

    特に学びたい内容(具体的な内容) 必須

    現在の英語力(IELTSなどの具体的なスコア) 必須

    大学編入の意向 必須

    ご年齢 必須

    現在の職業 必須

    最終学歴 必須

    留学予算全体(万円) 必須

    卒業後の希望進路 必須

    ビザ種類 必須

    その他お聞きになりたい点 必須

    サンフランシスコのコミュニティカレッジ一覧【特徴・進路・学費】


    最近よく耳にする、コミュニティカレッジをご存じでしょうか。普通の留学とはどうちがうのか、海外進学を目指しているかたは必見です。学校の特徴や気になる費用など詳しく把握しておきましょう。卒業後の進路についても考える機会になります。

    コミュニティカレッジとは

    コミュニティカレッジとは、公立の2年生大学のことです。略してコミカレとも呼ばれています。もともと地域住民のために設立されたものなので、より学びやすいシステムになっています。私立大学などと比較しても学費も安く、難易度も低い傾向にあります。またコミュニティカレッジ卒業後に、4年生大学に編入することも可能です。海外留学をお考えのかたで、なかなか進路が決まらないときははコミュニティカレッジを選択するのもおすすめです。受け皿の広いコミュニティカレッジなら、通いながら新たな目標が見つかるかも知れません。期間も2年なので留学にはちょうど良いのも人気のひとつです。

    アメリカのコミュニティカレッジに通うメリットとは?人気コミカレ10校も!

    デアンザ&フットヒルカレッジ(De Anza College / Foothill College)


    Apple創業者のSteve Jobsを輩出したことでも有名なクパチーノに位置するコミュニティカレッジです。大半の学生が4年制大学に編入しており、編入希望者向けのカレッジです。そのため、入学時の英語要件が他のカレッジより少し高く設定されており、英語に自信のない方は提携語学学校とのパッケージがおすすめです。授業の質は高く、スタンフォード大学やUCバークレーの講師が兼任している場合もございます。様々な専攻がございますが、特にIT系に強いカレッジです。

     

    編入プログラムのみならず、学部聴講プログラムもあり休学/単位認定にもおすすめの学校です。

    デアンザ&フットヒルカレッジ(De Anza College / Foothill College)

    Diablo Valley College(ディアブロ バレー カレッジ)


    名門UCバークレーへの編入実績が一番のコミュニティカレッジです。UCバークレーまで車で30分程度と、地理的にも近くに位置しております。サンフランシスコ郊外のため治安も良く勉強に集中できる環境です。200以上の専攻があり幅広い学位を提供しておりますが、特にビジネス/マーケティング/社会科学などが人気となっております。

    Diablo Valley College(ディアブロ バレー カレッジ)

    バークレーシティカレッジ(Berkeley City College)


    バークレーは学生都市ともいわれているほど生活環境としては最適な場所です。年間の学費は30単位取得の$8,460となっています。また学年留学の総費用の見積もりですが、$25,749です。こちらの金額は他校と比較しても大きな差はありません。さらにバークシティーカレッジの大きな魅力は、カリフォルニア大学バークレー校との、編入パスウェイ提携です。そのため進路での編入をお考えのかたには、最適なカレッジとなっています。大学ランキングでも、常に上位にランクインしているのも納得です。生活面の利便性を考慮して、治安の安全性を考えるとかなりおすすめです。

    Berkeley City College(バークレー・シティ・カレッジ)

    シティカレッジ・オブ・サンフランシスコ(City College of San Francisco)


    こちらの特徴としては、50以上のアカデミックプログラムを開講しているところがあげられます。カリフォルニア州のなかでもっとも学生数の多いコミュニティカレッジです。また、80以上のクラブが活動しているので幅広く経験を積むことが可能です。アジア系学生が全体の3分の1を占めているので、留学初心者の方もなじみやすいかもしれません。1学年間30単位取得の場合にかかる費用は、学費$9,010となっています。1学年留学総費用はまとめて$27,451です。TOEFL52(IBT)が必要になります。もし条件のTOEFLスコアを持っていない場合は以下の要素を満たしてください。指定されたプログラムに進学したのち学内TOEFL 473以上を取得すれば翌学期より学部にあがれます。

    City College of San Francisco

    カレッジ・オブ・アラメダ(College of Alameda)


    カレッジ・オブ・アラメダは、カリフォルニア州で唯一島にある学校です。サンフランシスコ郊外になります。基本条件として、TOEFLスコア不要で出願可能なので入りやすい傾向にあります。学校の特徴としては、マイノリティ学生が全体の大半を占めています。フルタイムでの学生は全体の12%しかいません。学生の3年以内卒業率は27%ほどであり、3年以内他校編入率は6%とかなり低いです。そのため4年制大学への編入に成功している人は、あまりいないようです。敷居が低いので入りやすいですが、卒業後の進路を見越している場合は再確認が必要です。1学年間30単位取得の場合の金額は学費$8,460です。1学年留学総費用の見積もりは$25,749となっています。

    College of Alameda

    カレッジ・オブ・マリン(College of Marin)


    あらかじめ把握しておきたいのは、4年制大学への編入実績の数字は多くないです。しかし、特筆すべきは、周辺の有名コミュニティカレッジと比較しても「編入率」が高いという面にあります。カレッジ・オブ・マリンの特徴としてあげられるのは、質の高い教育や環境になります。サンフランシスコのダウンタウンまで20分でアクセスできるのも人気の理由です。映画やシアターなどの学科が強いので、卒業後などの進路は芸術関係への期待が見込めます。気になる費用ですが、年間学費はUS$31,500となっています。年間宿泊費になるとUS$21,550~なので公式サイトより確認してください。

    College of Marin(カレッジ・オブ・マリン)

    カレッジ・オブ・サンマテオ(College of San Mateo)


    広々としたキャンパスが特徴的です。また、学校から見えるサンフランシスコ・ベイエリアの景色は絶との評判です。周囲にはIT系の企業もあるので、進路を見込んでの留学にもおすすめです。学費についてですが、1学期12単位履修の場合は$6,960となっています。さらに登録票や健康保険代、生活費などの金銭を含めると大まか$25,400が必要になります。すぐに大学の授業を受けるのであれば、事前に以下の条件を満たす必要があります。TOEFLiBT56、またはIELTS5.5以上が条件となっています。2021年の現在は、授業のすべてがオンラインとなっています。

    College of San Mateo(カレッジ・オブ・サンマテオ)

    コントラ・コスタ・カレッジ


    こちらの特徴は、老舗カレッジであり少人数クラスで手厚いケアが可能です。そのため、一人ひとりのニーズ応じた教育を受けることができます。学べる分野も幅広く、生物や化学をはじめ歴史や音楽など多数の科目があります。1年度に必要となる金額は、およそ約7,000ドルです。留学生の割合いは3%と低めの傾向にあります。留学生サポートの環境が無いので、初心者のかたは事前に把握しておきましょう。少人数制の落ち着いた環境での勉学を希望のかたには最適な学校です。自然豊かな環境にあるので、留学とライフスタイルを楽しみたいかたに向いています。資料請求も可能です。

    Contra Costa College(コントラ・コスタ・カレッジ)

    サンフランシスコのレイニーカレッジ(Laney College)


    周辺環境として、オークランドミュージアムオブカリフォルニアやチャイナタウンなどがあります。1学年間30単位取得の場合にかかる金額は、$8,460です。1学年留学総費用は、およそ$25,749となっています。入学の必要条件ですが、TOEFLや推薦状は不要です。エッセイは要なので確認しておきましょう。入りやすいカレッジではありますが、やや環境に問題が見られます。オークランドの治安はあまり良くないといわれているので生活面が心配です。留学初心者や女性などの場合は、周辺環境の安全面を視野にいれて新学先を選ぶ方法が良いです。実際に留学したかたの声を参考にするのがおすすめです。

    Laney College(レイニー・カレッジ)

    サンフランシスコのメリットカレッジ(Merritt College)


    メリットカレッジは、オークランド郊外の丘陵地にあります。そのため周囲には森林が多く公園などがあります。自然豊かな環境で勉学に励むことができます。学生の多くはマイノリティ率が高く、フルタイムでの学生は1割しかいません。TOEFLスコア不要で出願可能となっています。入学しやすいメリットもありますが、4年生大学への編入を視野に入れている場合は、すこし考慮が必要です。編入に成功している実績がないので、将来性を見込む場合は選択の余地ありです。1学年にかかる金額は、学費$8,460となっています。1学年留学総費用は、おおまかな見積もりにして$25,749です。

    Merrit College(メリット・カレッジ)

    スカイラインカレッジ(Skyline College)


    サンブルーノ市にある当校は、キャンパスから望める景色が好評です。周辺には世界的な企業であるYouTubeの本社もあります。2021年の現在、オンライン授業の状態となっており未だ形式については未定の場合もあります。1学期12単位履修のケースでの学費は、$6,960です。さらに登録費は$1,104必要になります。学費全体としては、やや金額は低めの傾向にあります。しかし、カリフォルニアという環境もあり、生活費用や滞在にかかる金額は割高となっています。当校には、英語プログラムがありません。そのため、大学群のカニャダカレッジのESLを修了することでスカイラインカレッジに入学できます。

    Skyline College(スカイライン・カレッジ)

    サンフランシスコには多くのコミュニティカレッジがあります。費用に大きな開きはありませんが、生活環境により差が生じます。コストを抑えるのも大切ですが、治安などの安全面も考慮しましょう。編入を見込む場合は、進学率の高い学校を選んでください。

    永井将馬

    オーストラリアのメルボルンにワーキングホリデーで渡航しました。メルボルンでは語学学校で一般英語を学び、市内にあるユニクロでアルバイトを経験。その後、サンフランシスコにて留学し、ホームステイで様々な国から来ている留学生と交流を楽しみました。

    カウンセラーに質問

    アメリカのカレッジ・大学で学部聴講!費用や入学条件を徹底解説!


    日本の大学に在籍しながらアメリカの大学に通い単位を取得できる学部聴講や認定留学をすることが可能です。学部聴講とは日本の大学に在籍中に渡米し、現地の大学生と同様に授業が受けられます。

     

    その場合、アメリカの大学の学部聴講の制度にもよりますが、単位を取得して日本の大学へ移行することができる場合があるので確認しておくことが重要です。その他に認定留学制度が日本の大学に設けられ、協定を結んだアメリカの大学へ1年間留学をして単位を取得し日本の大学へ移行することができます。

     

    ここではアメリカのカレッジや大学へ学部聴講するための知識を学び、入学条件や費用、大学の特徴などを交えて解説していきます。

    学部聴講とは?

    学部聴講は日本の大学などに在籍しながら、海外の現地の学生たちと一緒に授業を受けられる制度です。現地の大学で取得した単位は、自分が在籍する日本の大学に単位を移行できる場合があります。学部聴講は日本の大学の専攻との関連性は求められず、アメリカ留学ならではの専攻を選択することが可能です。

     

    そのため、自分の専攻とは全く異なった分野の授業を受けたり、興味がある授業を選んで受けることができます。なお、渡米前に自分が通う大学で、事前に単位の移行が可能かどうか、確認しておくと良いでしょう。また、日本の大学側と協定を結んでいるアメリカの大学なども調べておくとスムーズに学部聴講を受講することが期待できます。

    アメリカの大学で学部聴講する3つのメリット

    ①英語+学部聴講でワンランク上の留学

    アメリカの大学のエクステンションや付属語学学校では、正式にアメリカの大学に入学許可を得ることなく現地の学生同様に授業を受けることができる場合があります。大学付属の語学学校で英語の基礎能力を身に付け、現地の学生と一緒に授業に参加し、ワンランク上の留学体験を味わうことが可能です。

     

    現地の大学の雰囲気や醍醐味を感じながら本場アメリカ生活をエンジョイしたり、大学の施設を利用したり、クラブやサークル活動などに参加して、日本では体験できないキャンパスライフが楽しめます。現地の学生と授業を受けられる英語力があれば、一度は体験してみるべき学部聴講です。アメリカ留学で語学を学び、実践的で応用的にアメリカ大学の学部聴講を受講することで、日本では味わえないキャンパスライフを堪能できます。

    UCSD付属語学学校(カリフォルニア大学サンディエゴ校エクステンション)

    ②単位認定留学として認められる

    アメリカの大学で学部聴講をすると単位が取得できる場合があります。日本の大学に在籍しながらアメリカの大学付属の語学学校へ通い、興味がある学部聴講を行い単位取得し成績証明書を発行してもらえれば、日本の大学へ提出することが可能です。認定留学は日本の大学側と協定を結んでいるアメリカの大学へ留学できる制度になります。通う大学側により異なりますが、認定留学は日本の在籍大学と協定を結んでいない大学へも通うことが可能です。

     

    しかし、協定を結んでいないアメリカの大学へ留学する場合、単位の移行ができない可能性もあるので注意が必要になります。なお、認定留学は日本の大学に在籍している状態なので、事前に大学側へ申請を行ってから決めましょう。また、日本の大学に在籍中の扱いになるため、学費などを負担する必要がある場合があります。認定留学は約1年間を目安にしていることが多いです。

    アメリカで『単位認定留学』するメリットとは?費用と学校の探し方も!

    ③現地学生との交流

    アメリカの大学へ学部聴講で留学を行うと現地の学生との交流が盛んになります。アメリカの大学は規模や敷地面積も広く、世界中から集まった学生が個々の専攻の授業に参加しておりさまざまな国籍を持つ学生たちとコミュニケーションを図る機会が多いです。そのため、授業を通じ友達になった生徒たちと仲良く食事をしたり勉強をしたり、遊んだりして過ごすことが多くなります。

     

    また、困ったことがある場合など気軽に現地の学生に相談することも可能です。同じ大学へ通う学生としてさまざまなイベントへの参加ができます。特に放課後や週末など、専攻分野を超えた交流で異なった文化や考え方を身に付けるチャンスです。

    アメリカ大学で学部聴講する3つのデメリット

    ①費用が高い

    アメリカ大学の学部聴講プログラムは通常の語学留学と比べ費用がかかります。特にアメリカの大学は2学期制のセミスターや4学期制のクォーター制と呼ばれる期間の中で授業が行われるからです。語学留学のように短期間での学部聴講のプログラムはなく、現地の学生と同じ方法で授業を受けなければなりません。通常の年間費用は$10,000~$20,000程度です。

    アメリカ留学の生活費と物価の実際と節約方法

    ②入学可能日が決まっている

    アメリカの大学は年間を通じて入学可能日が設定されています。例えば、Spring セミスターの場合は1月から5月までの期間を指し、Fallセミスターであれば9月から12月までの期間です。この期間は大学により異なり、2学期制と4学期制で入学期間はさまざまになります。そのため、入学可能日までに出願届けを提出する場合は、3か月程度前までに行うことが必要です。

    ③英語力や成績の条件がある

    アメリカ大学の学部聴講の条件はTOEFL45~80、もしくはIELT5.0~5.5以上の英語力を求めるところが多いようです。また、高校や大学での一定以上の成績を満たす必要がある場合があります。これらの条件は通う学部聴講の大学によっても異なるので、事前に調べておくことが重要です。

    アメリカの大学で学部聴講する際の入学条件は ?

    アメリカの大学の多くは、日本のように全国一斉の入学試験はありません。大学の学部聴講は現地の学生と同じように授業が受けられるため、入学を希望する大学の審査が通れば、だれでも入ることが可能です。なお、アメリカは数多くの大学機関があり入学条件も各校により異なります。

     

    大学付属の語学学校などを通じて大学に入学する場合は正式に出願を提出して入学許可を得なくても学部聴講プログラムを受けられる場合があり事前に確認しておくことが重要です。アメリカの大学入学条件を知るには希望する大学側の基準を確認しておくことが求められます。

    アメリカの大学で学部聴講する際の費用

    アメリカの大学学部聴講の費用は受講する大学により異なりますが1学期あたり、およそ$5,000~$8,000必要です。大学学部聴講の費用以外に滞在費として宿泊費や食事代など生活に欠かせない費用が発生します。滞在費用としては$1,500~2,000/月程度必要です。

     

    また、事前に英語力を身に付けるために語学学校に通うのであれば、別途授業料が必要です。大学付属の語学学校であれば、英語の学習と組み合わせて大学の学部聴講を受けることもできる場合があります。

    アメリカの大学で学部聴講する2つのプラン

    ①語学学校からカレッジへ入学

    EC・Kaplan→SMC

    入学条件

    SMC(サンタモニカカレッジ)は語学学校で英語コースを受講することにより条件付き入学が認められています。出願に必要な英語力が足りなくても、語学学校での英語コースで規定レベルを修了すれば英語スコアを提示しなくてもSMCへの進級が可能です。Kaplan校からであればHigher Intermediate Levelで条件付き入学が認められます。英語試験のスコアではTOEFL45+、IELTS:Band5+、Duolingo80+などです。

    学校費用

    語学学校の授業料は週あたり$500前後が目安です。SMC(サンタモニカカレッジ)は2学期制をとっており、1学期(12単位)あたり$4,632になります。この他に学校費用として保険や教材費などが必要です。なお、語学学校(4カ月)$8,000程度とSMCの1学期の授業料$4,632を組み合わせた合計金額$12,632以上が1年間の目安の学校費用になります。

    学校の特徴

    SMC(サンタモニカカレッジ)は日本人に最も人気があるコミュニティーカレッジでロサンゼルスの中心地に位置しており、とても穏やかな気候です。カレッジ周辺にはきれいな海やモール、ショップなどがあり過ごしやすいエリアになります。SMCはUCLAへの進学数が全米でトップクラスです。UC系の大学へ進学ができ、UCLAへの編入数も1位を誇ります。専門分野も学べるコミュニティーカレッジとして人気です。

    サンタモニカカレッジ

    EC・Kaplan→De Anza

    入学条件

    De Anzaは語学学校からの条件付き入学が認められた大学です。Kaplanからは上級レベルでDe Anzaへ入学する場合は海外大学出願サポートを利用することで条件付き入学ができます。ECは中上級B2程度からDe Anzaへ条件付き入学が可能です。また、英語力としてTOEFL61、IELTS6.0、iTEP4.0、英検2級A程度以上が基本的な入学条件になります。

    学校費用

    語学学校の授業料は週あたり$500前後が目安です。De Anzaは4学期制をとっており、年間の授業料は$9,720程度かかります。その他に学校での費用として医療保険$1,728、教材費$1,500など必要です。なお、語学学校(4カ月)$8,000とDe Anzaの1学期の授業料$3,237を組み合わせた合計金額$11,237以上が1年間の目安の学校費用になります。

    学校の特徴

    De Anzaの特徴は準学士課程やサティフィケートで数多くのコースを提供しており、特にアニメーションに対する評価が高く、映画やテレビ制作、ゲーム産業で多くの卒業生が活躍をみせています。サンフランシスコ郊外にあるキャンパス周辺はショッピングモールなどもあり比較的に賑やかな雰囲気で、近くにはサンフランシスコ国際空港やサンノゼ空港があり交通の便が良いです。

    デアンザ&フットヒルカレッジ(De Anza College / Foothill College)

    EC→Grossmont

    入学条件

    Grossmontは条件付き入学が限られており、ECで英語を学びTOEFL45もしくは、IELTS4.5以上のスコアがあれば入学可能です。また日本で英検2級Aを保有していれば、現地で英語を学び入学することができます。語学学校からの進学は設けられていないので、英語試験のスコアを取得してから入学になるので、予めEC校で確認しておくと良いでしょう。

    学校費用

    語学学校の授業料は週あたり$500前後が目安です。Grossmontは2学期制をとっており、年間の授業料は$9,116(健康保険料と学生代表費込み)程度と教材費として$1,750程度かかります。なお、語学学校(4カ月)$8,000とGrossmontの1学期の授業料$5,433を組み合わせた合計金額$13,433以上が1年間の学校費用になります。

    学校の特徴

    カリフォルニア州のサンディエゴにあるコミュニティーカレッジで、温暖な気候のもと観光地や都市部に近く過ごしやすいエリアです。キャンパス内は日本人も少なく費用を抑えながら勉強できる環境が整っています。大学は数多くの専攻を提供しながら4年制大学への編入に強いです。また課題活動も充実しておりさまざまな体験ができます。留学生にも親切で学びやすい環境が整っています。

    Grossmont College(グロスモントカレッジ)

    Kaplan→Seattle college

    入学条件

    Seattle collegeは入学の際に必要な英語力などの条件はありません。語学プログラムから入学を希望する場合はTOEFLやIELTSなどの英語試験のスコアの提出不要で入学可能です。KaplanからSeattle collegeへ入学を希望する場合は基礎的な英語力をつけてから海外大学出願サポートを利用すると良いでしょう。

    学校費用

    語学学校の授業料は週あたり$500前後が目安です。Seattle collegeは4学期制になっており、年間の授業料は$12,810(1学期12単位)、教材費$897、保険$1,254程度かかります。なお、語学学校(4カ月)$8,000とSeattle collegeの1学期の授業料$3,740を組み合わせた合計金額$11,740以上が1年間の目安の学校費用になります。

    学校の特徴

    Seattle collegeはワシントン州のシアトル市内のダウンタウンにあり、都会と自然の両方を体験できる立地にあります。キャンパス内は安全でフレンドリーな雰囲気の中で伸び伸び学ぶことが可能です。良心的な授業料で、100以上の専攻分野から好みに合わせて授業を選択することができます。自然豊かなシアトルです。コミュニティーカレッジの中でも質の高い授業と設備が整った大学として評判があり、4年制大学への編入にも力を注いる大学です。

    Seattle Central College(シアトルセントラルカレッジ)

    ②大学へ直接入学

    California State University EAST Bay

    入学条件

    California State University EAST Bayの大学授業履修プログラムへ直接参加する条件はTEFL(iBT)71以上もしくはIELTS6.0以上、Duolingo English Test100の英語試験のスコアレベルが求められます。なお、大学授業履修プログラムへ参加できる英語レベル条件を満たしているか判断できない場合はプログラムアドバイザーにお問い合わせすることが可能です。

    学校費用

    California State University EAST Bayは3学期制(1学期4カ月)をとっており、学部授業(12単位)1学期あたり$4,693、修士授業(9単位)$4,093程度です。なお、目安となる生活費は1学期あたり$9,500、健康保険料$838で生活費には家賃や食事、教科書代等が含まれています。なお、留学生も利用できる学生寮が完備されており、費用を低く抑えたい学生におすすめです。

    学校の特徴

    California State University EAST Bayはサンフランシスコベイエリアにある国立大学で、多くの企業が集中する立地にあります。国立大学ならではのリーズナブルな授業料で教育の質が良いのが特徴です。また、企業が多く集中するエリアを活かしたインターンシップや就職の機会に恵まれています。シリコンバレーにも30~40分程度で行ける理想的なロケーションです。

    Washington State University

    入学条件

    Washington State Universityの入学条件は高校の成績GPA2.7以上で英語試験のスコアTOEFL79、IELTS6.5、Duolingo105以上で入学が可能です。また、ワシントン州立大学ではブリッジプログラムと言われる学部課程への進学準備を提供しているコースがあり、GPA2.5以上を取得すれば、大学へ進学することができます。また、在籍中の大学からの推薦でも交換留学として大学学部聴講を受けられます。

    学校費用

    Washington State Universityは2学期制をとっており、1学期(12~18単位)あたりの授業料(諸経費込み)は$14,192で年間の授業料$28,384、教材代$762、医療保険$2,296程度かかります。その他、滞在費などの生活費$16,476程度かかりますが、年間合計$50,023程度必要です。また、学生レジデンスも用意されているので、滞在費を抑えた場合は利用すると良いでしょう。

    学校の特徴

    Washington State Universityは地元密着型の大学で地元の学生が多く集まり、100ヵ国以上から留学生を受け入れているので国際色豊かなキャンパです。最も古い大学で多くの分野で全米トップクラスの教育を行っている名門州立大学になります。ワールドクラスの実績を持つ教授を多く抱え教育内容や研究成果は世界中から注目を集めている大学です。

    まとめ

    アメリカのカレッジや大学で学部聴講を受けるには、事前に日本の大学側へ確認をして申し込む必要があります。アメリカの大学へ学部聴講するには授業の受講に必要な基礎英語力を身に付け、受講する大学の入学条件の一つである英語試験のスコアを保有していることが前提です。また、認定留学を選択する場合はアメリカの大学が、在籍中の大学側と協定を結んでいるかの確認をしておく必要があります。アメリカでの学部聴講は希望する学生により、さまざまなメリットがある一方、デメリットもあるので、事前にある程度調べておくと良いでしょう。アメリカの大学の学部聴講を受講する方法は2種類あり、一つ目は事前に語学学校へ通い、英語力を身に付けてから受講する方法、もう一つは直接、アメリカの大学へ入学して学部聴講を受講する方法です。アメリカの大学側も留学生を対象に、さまざまな取り組みで世界中から学生を集めています。

    佐々木萌里

    高校でのサンフランシスコ郊外への1年の留学をきっかけに、アメリカ・カリフォルニア州のコミュニティカレッジへの進学を決意しました。大都市から自然豊かな田舎まで揃うアメリカでは、自分に合う留学先が必ず見つかるはずです。文字では伝えきれない魅力をぜひ現地で感じていただきたいです。

    カウンセラーに質問

    無料カウンセリングをご予約いただきありがとうございます。

    確認メールを自動送信させていただいております。

     

    万が一ご連絡がいかない場合は、入力されたメールアドレスが間違っている可能性もございますので、再度ご予約いただけますと幸いです。

     

    お急ぎの場合はLINEやお電話も受け付けております。

     

    弊社住所は以下でございます。

    東京都渋谷区東2-17-11 東SSビル7階

     

     

    学校情報を日々発信してますのでInstagramもぜひご覧ください。

    https://www.instagram.com/lalala_ryugaku/

    アメリカの格安語学学校一覧

    アメリカ留学は高いという印象をお持ちではありませんか?
    学校の質と費用はかならずしも比例しません。格安学校であっても、高い授業料の学校であっても、その授業料が学校のどの部分に充てられているかが非常に重要です。

     

    格安学校でも施設にはお金がかかっていないけど、講師陣はしっかりしていて非常に質の良い授業を開講している学校もあります。
    格安イコール悪いというイメージはなぜか日本人にはセットになっているような気がしますが実際にはそうではありません。

     

    また、格安学校の授業料自体が何と比較して格安なのかをしっかり把握するべきです。つまり授業料の平均を知るべきです。
    弊社では費用をなるべく抑えて留学をして頂けるように格安学校をウエブサイト上で公開しています。

     

    例えば、半年(6か月)の一般英語フルタイムコースを受講の学校で安い学校ですと、約5,400ドル ($224×24週間)で受講できます。
    一方、アメリカは家賃含めた生活費が2,500ドル/月程度かかりますので、6カ月で15,000ドルかかります。

     

    学費と生活費を含めると、6カ月で20,000ドル強(240~300万円)になります。

     

    費用をなるべく抑えてアメリカ留学を実現させたい方は是非一度弊社にご相談下さい。

    アメリカの格安語学学校一覧

    Language System(ロサンゼルス ダウンタウン校)

    Language System(ロサンゼルス ダウンタウン校)

    $224/週~

    LSI(ランゲージシステム)はアメリカのロサンゼルス近郊に4つのキャンパスがある大規模な学校です。授業料は比較的安い方ですが授業の質にも定評があり、長期間で費用を抑えて留学したい人にはお勧めです。
    イングリッシュ・ランゲージ・インスティチュート

    イングリッシュ・ランゲージ・インスティチュート

    $185/週~

    初心者から上級者まで英語力に適したレベルで英語が学べます。一般英語クラス(ESL)では日本人の苦手とされている英会話から、大学への進学を対策するTOEFL試験対策まで幅広く対応できるようにクラスを準備してます。
    アメリカン・ランゲージ・コミュニケーション・センター(ALCC)

    アメリカン・ランゲージ・コミュニケーション・センター(ALCC)

    $153/週~

    ALCCはニューヨークに3校、キャンパスを持ちます。国籍のバランスも良く、かたよりが出ないようにクラス編成が行われますので、クラスメイトとの会話は必然的に英語になり、それによって英語の上達が加速します。
    メンター・ランゲージ・インスティチュート(MLIウエストウッド校)

    メンター・ランゲージ・インスティチュート(MLIウエストウッド校)

    $215/週~

    カリフォルニアの語学学校の中でも比較的授業料が安くなっているため、費用を抑えてアメリカ留学をしたいという方にオススメの学校です。コース数も多く進学実績にも定評があり、アクティビティも豊富です。
    Language System (トーランス校)

    Language System (トーランス校)

    $150/週~

    LSIトーランス校はロサンゼルスの郊外に位置する街です。日本人企業も多くロサンゼルスからもたくさんの日本人がトーランスには訪れますので日本人に親しまれている街の一つにあげられます。

    ニューヨークの語学学校一覧

    アメリカ大西洋岸中部沿いにあるニューヨーク州は5つの行政区に分かれ、中心部であるマンハッタンは人口密度が高く、世界各地の主要の商業や金融、文化が集まっています。世界最大級の都市ニューヨークはファッションや芸術、経済の発信地であり、夢や希望を求め世界中から人々が集まる都市です。ニューヨークの夏は30℃を超える暑さで、スコールのような夕立が多い特徴を持ち、冬は雪が降る日も多く平均最高気温10℃以下、平均最低気温-3.9℃と体感では痛さを感じる寒さになります。

    試験対策対策に強い語学学校ランキング

    ELS

    アカデミック英語に強い

    ELS マンハッタン校はアカデミック英語に強く、インテンシブ英語プログラムが用意されています。ELSのレベル112を修了すると提携カレッジもしくは大学への条件付き入学の英語力の条件を満たしたとみなされます。ELS修了証明書は600以上の大学で受け入れられ、大学進学に向けた準備を整えることが可能です。

    IELTSのテストセンターとして登録

    ELS マンハッタン校はIELTSのテストセンターとして登録され、IELTSテストを受けることが可能です。国際英語テストシステム(IELTS)は140か国以上の10,000以上の機関から認められ、何千もの大学が入学要件として英語能力の証明書として受け入れられています。受験料は紙ベースで250米ドル、パソコンからは255米ドルです。

    College・大学進学におすすめ

    ELS マンハッタン校は生徒の大学進学への準備やサポートも行っています。そのため、何百校ものアメリカ大学と提携し留学生の入学プロセスを能率化することが可能です。また、一人ひとり生徒に合わせた大学選びから願書提出や入学に必要な英語力の取得など進学プロセスを全面的にサポートしてくれます。

    Kaplan

    進学サポートが充実

    Kaplanでは英語力の底上げや海外の高等教育機関への進学をサポートするプログラムが用意され、多くの大学や国際機関で認められた英語試験の対策を行います。また、英語力を必要なレベルまで上げ、必要な成績条件を満たせば、条件付きで提携する250もの大学やカレッジへの入学が認められています。

    世界規模での進学実績をもつ語学学校

    Kaplanは世界規模で進学及び資格試験の予備校として1位の実績を誇る語学学校です。80年以上の歴史を持つKaplanは毎年世界150ヵ国から4万5千人以上の留学生を受け入れており英語圏にある語学学校の中で最大規模の教育機関の一つです。Kaplanはアメリカやイギリス、カナダ、アイルランドにある250以上の提携大学への出願をサポートしてくれます。

    試験対策コースが豊富

    KaplanではTOEFLやIELTS、ケンブリッジ英検などの英語試験の対策コースが用意されています。TOEFL対策コースはスコアを集中的に上げたい学生におすすめで、IELTS対策コースはイギリスやオーストラリアなどへの大学進学におすすめです。ケンブリッジ英検は英語教師試験CELTA対策コースになり英語講師の資格におすすめになります。

    EC

    オンラインシステムで英語力を細かく分析

    ECではオンラインシステムを使った授業が行われ、留学前から予め基礎英語力を身に付けることが可能です。日本に滞在しながらもオンラインシステムよる個人カウンセリングを通じて学生の英語力の向上を体系的にサポートしてくれます。このオンラインシステムはコース予約をした瞬間から利用できる便利な学習ツールです。

    4技能をバランス良く伸ばすカリキュラムを提供

    英語力を伸ばす、4技能である(読む、書く、聞く、話す)をバランス良く取り入れたカリキュラムを実施しています。英語の4技能を伸ばすことでコミュニケーション力を高め、総合的に力をつけていく授業です。クラスでは様々なトピックを扱い、参加型の授業を取り入れ、英語の知識を徐々に頭に浸透させていきます。

    英語力アップ保障

    ECでは英語力の向上を保証しており、英語力を伸ばせる3つの条件を満たす必要があります。①英語を学ぶ意志をしっかりもつこと、②全授業に出席すること、③宿題とテストを必ず提出することです。上記の3つの条件をクリアできれば、ECでの英語力を伸ばす保証が付きます。

    EC(ニューヨーク校)

    スピーキング強化におすすめの語学学校ランキング

    LSI

    スピーキング重視のカリキュラムがおすすめ

    LSIニューヨーク校はスピーキング重視したクラスが特徴です。活発なコミュニケーションを図ることが英語力の向上に近道と考えています。コミュニケーション力をつけることで積極的に授業に参加でき、英語力の向上を実感することが可能です。クラスではペアワークやグループワークを取り入れた会話力強化を図っています。

    選べる授業時間

    LSIニューヨーク校ではコミュニケーション技能を身に付けるジェネラル20コースやアフタヌーンコースも用意され、英語を上達させたい学生におすすめです。その他にもインテンシブ25コースがあり、月曜日から火曜日/水曜日から金曜日と分けて授業を受けられ、インテンシブ30の短期間で集中的に学べるコースも用意されています。

    日本人も少ない語学学校

    LSIニューヨーク校は日本人比率も8%と少なく、国籍のバランスなどクラスの雰囲気はとても良いです。アジア人が少なく、ヨーロッパ人が多いので発音が比較的にきれいで会話するほど勉強になります。英語を話す機会を多く作ることで自然とコミュニケーション力をつけることが可能です。

    LSI(ニューヨーク校)

    Manhattan language

    会話中心の授業を展開

    Manhattan languageはリーズナブルな授業料でアットホームな語学学校です。会話中心の授業は少人数制で効率よく英語力を身に付けられます。また、講師は一人ひとりに発言の機会を設けた指導で読み書き以外の「聞く、話す」を中心に英語を学ぶことが可能です。なお、授業は生徒が英語を効率よく学べるように講師やスタッフたちが独自に作り上げたカリキュラムになっています。

    ベテランの講師陣が在籍

    Manhattan languageは経験豊かな英語教育者が講師を務め、最低でも1年から2年以上のキャリアを持っています。講師陣はそれぞれ、専門の分野を持ち、クラスや生徒に応じて個性的な授業を行うスタイルです。ユニークな講師陣たちはどのように教えれば英語が向上するか熟知しているので、安心して学ぶことができます。

    少人数制のクラス展開

    クラスは生徒が効率よく英語を学べるように少人数制を取っています。クラスの人数制限を設けることで授業内容が生徒とともに進められ、楽しく英語を学ぶことが可能です。独自のカリキュラムで行われる授業はアットホームな雰囲気で伸び伸びと徹底的に英語を学べる環境が整っています。

    マンハッタン・ランゲージ

    Kings

    少人数制で会話の機会が多い

    Kingsニューヨーク校は少人数制で、会話の機会が多いカリキュラムになっています。クラスではプレゼンテーションやグループワークなどを多く実施し、コミュニケーション力を身に付けられる語学学校です。毎週さまざまなトピックを取り上げたウィークリーレクチャーを開催し会話力や語彙力を自然な環境で身に付けられる練習を行っています。

    大学の学生寮を利用可能

    Kingsニューヨーク校はCollege of Mount Saint Vincentのキャンパス内にある大学付属語学学校です。語学留学生も学生寮や校内にある大学施設の利用が可能で、図書館やカフェテリア、スポーツなど充実しており、安心してキャンパスライフを過ごせます。なお、学生寮は食事付きで、徒歩数分の通学距離です。

    マンハッタンから離れた落ち着いた環境

    Kingsニューヨーク校はニューヨーク郊外にある大学付属語学学校で、中心部のマンハッタンから少し離れた落ち着いた環境です。大学構内にあるため、周辺は治安も良く、静かな雰囲気の中で落ち着いて英語の勉強ができます。また、授業後はマンハッタンやセントラルパークへ足を延ばしてリフレッシュして過ごすことが可能です。

    キングス ニューヨーク校

    アクティビティが豊富な語学学校ランキング

    EC

    アクティビティは毎日開催

    ECニューヨーク校は毎日、放課後に様々なアクティビティが有料もしくは無料で参加することができる語学学校です。アクティビティの参加は30歳未満、30歳以上で異なり興味に応じて毎日選んで参加することができます。また小旅行も毎月企画され、楽しさに満ちた留学生活を過ごせる学校です。

    30歳以上向けのプログラムを展開

    ECニューヨーク校は30歳以上向けのプログラムを展開しており、人生や仕事経験豊かな大人のために構成された授業です。同じ夢を抱く人々が世界中から集まり、一緒に英語力を磨きながら、自分の分野以外の知識や知恵を取り入れられる生涯かけがえのない財産を身に付けられます。

    充実した設備

    新しい校内はきれいなラウンジがあり無料飲み物を提供しています。また、PC、自販機、スマートボード、セルフスタディルームなどが揃っています。また、最先端の学習ツールを使った授業やオンラインで英語を学ぶことが可能です。経験豊富な講師を始め最新の設備と最高の指導教材を利用した授業は楽しみながら、必要なスキルを身に付けることができます。

    OHC

    小規模な語学学校

    OHCニューヨーク校は小規模でアットホームな雰囲気の中で、英語を学べる環境を提供しています。コミュニケーションを中心とした実践的なレッスンは生徒たちが楽しみながら英語を学べる環境です。授業は毎週異なるトピックを用意して、授業後はユニークなアクティビティやフリークラスに参加して充実ある留学生活を過ごせます。

    毎日開催のアクティビティでNYを満喫

    OHCニューヨーク校はニューヨークを楽しむために、様々なアクティビティが企画されています。放課後や週末は各種アクティビティに参加して他の国籍の生徒と交流を図り英語力アップや楽しい学生生活を送ることが可能です。世界最大規模の都市、ニューヨークを満喫しながら英語を学びたい学生におすすめになります。

    歴史ある語学学校

    1974年に設立されたOHCニューヨーク校は歴史が長く、三大陸をまたいだ世界的な語学学校です。コミュニケーションを中心とした一般英語コース、英語試験対策コースTeacher Trainingコースとバラエティー豊かなコースが用意されています。マンハッタンのミッドタウン、歴史あるチェルシー地区にあり、交通の便も良い場所です。

    Oxford International

    アットホームな雰囲気で

    Oxford Internationalニューヨーク校は大規模な学校ながらアットホームで賑やかな雰囲気の中で英語を学ぶことができる語学学校です。世界中から多くの生徒が集まり、多国籍の環境と生徒の年齢層の幅が広い特徴があります。英語教育の専門として質の高い英語教育と個別指導とサポートが人気です。

    選択クラスが充実

    Oxford Internationalニューヨーク校はバラエティー豊かにコースが用意されています。一般英語コース以外に特定目的英語(選択科目)、テストと準備コース、オンラインコース、グループコースなどさまざまなコースから選択することが可能です。基本的な英語力を習得したら、更に選択科目を追加するなど専門的な英語学習をする機会が設けられています。

    Collegeの設備を利用できる

    Oxford Internationalニューヨーク校はキャンパスを移転して提携先のMercy collegeで授業を行っているので、カレッジの設備を利用することが可能です。Mercy collegeの生徒同様に校内の設備は自由に使えるので、有意義なキャンパスライフを過ごせます。30年以上の経験を持つOxford Internationalニューヨーク校はリーズナブルな授業料とフレンドリーな環境で英語力を磨くことが可能です。

    日本人が少ない語学学校ランキング

    Kaplan

    世界中から留学生が集まる語学学校

    世界各国から社会人経験や様々なフィールドで活躍する留学生が集まり、カスタマイズされたカリキュラムでそれぞれの目指す目標に向けて英語を学ぶことができます。各国から集まった多国籍の留学生と交流を図ることで、国際感覚を身に付けることが可能です。世界的規模の語学学校であるKaplanは日本人比率も低く、自然と英語を話す環境になっています。

    80年続く歴史ある大手語学学校

    Kaplanは世界中にキャンパスを持ち、80年以上の歴史がある語学学校です。毎年150ヵ国から4万5千人以上の留学生を受け入れ、数多くの生徒に質の高い英語教育を提供しています。また、カリキュラムも豊かでフレックス英語コースや長期留学コース、社会人・大人向けプログラム、ジュニア向け留学プログラムと目的に合わせて選択可能です。

    オンライン教材を利用して授業以外の時間でも勉強が可能

    Kaplanは独自ラーニングシステム「K+」が用意され、授業で使用する教材からオンライン教材として留学生のニーズを基に作られたツールが利用できます。教室のレッスンや課外アクティビティ、オンライン学習ツールをお組み合わせて使うことで常に英語に囲まれた環境で学ぶことが可能です。

    Brooklyn school of language

    日本人比率は5%以下

    Brooklyn school of languageはニューヨークでは日本人比率が低い貴重な穴場の語学学校です。クラス構成は少人数制をとり、平均10名程度で授業中に発言する機会も多く英語を話すことに集中することができます。学校周辺はレストランやバーが立ち並ぶブルックリンの街並みを楽しみながら英語力を伸ばし、ニューヨークを満喫して過ごせる環境です。

    屋外での授業を展開

    Brooklyn school of languageは野外での授業を行うユニークなレッスン形式を持つ語学学校です。キャンパスを構えず、週ごとに講師からアナウンスが入り授業開催場所が決まります。生徒は野外授業を受けながらニューヨーク・マンハッタンやブルックリンの雰囲気を味わいながら観光気分で英語を学べる環境です。

    ブルックリンが好きな人におすすめ

    ニューヨークのブルックリンは数多くのアーティストやデザイナーたちが移り住む、オシャレなカフェやショップが立ち並ぶ街並みです。ニューヨークの中心部のマンハッタンにも近く、落ち着いた雰囲気の中、静かな環境で英語を学びたい学生におすすめになります。日本人も少なく、個性的に日々の生活を過ごすことができます。

    Amlotus

    ヨーロッパからの学生が多い

    Amlotus校はヨーロッパからの学生が多く、日本人比率が低い語学学校です。世界60ヵ国から集まる留学生との交流を図ることで、自然と英語でのコミュニケーションがはかどるので英語を勉強するには最高の環境になっています。一般的な英語コース以外に様々なコースが用意され、目的に合わせて英語を学ぶことが可能です。

    2012年開講の新しい学校

    Amlotus校はタイムズスクエア近郊にある新しい語学学校です。2012年に開講され、多くの学生が集中英語プログラムによりその後のキャリアに貢献しています。講師たちは優れた資格を有し、長いキャリアを持つ専門家です。IEP、EFL/ESLともに17歳以上であれば入学することができます。

    ビジネス英語コースがおすすめ

    Amlotus校は数多くのビジネス英語コースが用意されておりおすすめです。ビジネス英語コース1はレベル3でビジネスや職場の用語を理解して活用できる程度まで学びます。ビジネス英語コース2はレベル4で用語を認識して効果的に活用できる程度まで向上させることが可能です。ビジネス英語コース3はレベル5でビジネス環境の中、幅広い構造や目的に合わせて英語が使えるようになります。ビジネス英語コース4はレベル6で口頭や書面でコミュニケーションを取れる程度まで英語を学んでいくコースです。

    ユニークなコースがある語学学校ランキング

    Kings

    英語+で専門分野を学べるコースを展開

    Kingsニューヨーク校は英語以外に専門分野を組み合わせることができるユニークな語学学校です。世界各地から夢や希望を抱き、留学してくる学生も多いニューヨークならではの高度な英語スキルを習得できます。そのため、英語を学ぶ以外に英語で専門的知識を身に付けることができ、更なるキャリア構築やスキルアップが見込めます。

    College内にキャンパスを展開

    Kingsニューヨーク校はCollege of Mount Saint Vincent校内にキャンパスを持ち、カレッジ校内の施設を自由に使うことができます。カレッジ校内にはレストランやカフェも多く設置されており、初めての海外留学生でも安心して食事やニューヨーク生活を過ごせます。またニューヨーク郊外にある40年以上の歴史あるキャンパスでは落ち着いた雰囲気の中で英語を学ぶことが可能です。

    オンキャンパスの学生寮に滞在可能

    College of Mount Saint Vincent校内にキャンパスを持つKingsニューヨーク校は学生寮も安心して滞在することができます。大学付属の語学学校なので、学生寮も含め、スポーツ施設や図書館など大学ならではの充実した施設を使用することが可能です。また、1時間程度でマンハッタンへも行くことができる場所にキャンパスを構えているので、放課後や週末など仲良くあった生徒と遊びに行くこともできます。

    Rennert

    音楽やダンスなどのコースを展開

    Rennertニューヨーク校はESLプログラムや試験対策コース以外に音楽やダンス、メークアップなどを学びたい留学生が世界各国から集まった語学学校です。少人数制のアットホームな環境の中、興味がある分野と組み合わせて英語を学ぶコースが充実しています。ニューヨークならではの最先端の専門分野の知識も同時に学べる楽しさが味わえる留学先です。

    ビジネス英語コースが人気

    Rennertニューヨーク校は一般的な英語コース以外にビジネス英語コースが人気あります。ビジネス英語コースとインターンシッププログラムを組み合わせることで、本場ニューヨークの醍醐味を味わえる語学学校です。また、語学力上級者向けに設けられているビジネス英語コースは1クラス5名以下のセミプライベート方式でエグゼクティブたちのビジネス英語の強化を図ることができます。

    American English Programが魅力

    Rennertニューヨーク校が開講しているAmerican English Programは一般英語プログラムとも呼び、初心者レベルから上級者レベルまで10段階に分けてカリキュラムを構成しています。American English Programはビザ取得ができ、週22時間のレッスンもしくは30時間のレッスンから選べ、長期になればなるほど授業料が割安になるシステムです。

    レナート(ニューヨーク校)

    The new school ESL

    美術大学付属の語学学校

    The new school ESLはParson School of Design(パーソンズ美術大学)の付属語学学校です。パーソンズ美術大学への進学を目指す留学生の予備校として利用されています。アメリカの裕福層が多く進学する美術大学としても知名度がある学校で、一般的な英語コースのみのプログラムと各分野に特化したプログラムの2種類から選択して英語を学ぶことが可能です。

    語学+デザインのコースを展開

    The new school ESLでは一般的な英語コースとデザイン認定プログラムを組み合わせたコースが用意されています。米国のアートやデザインカレッジに通う準備として設けられたコースで入学前に英語のレベルを上げたい留学生向けです。同じ専門分野へ進む留学生にとって最高の環境の下、語学とデザインを学ぶことができます。

    パーソンズ美術大学を目指す学生におすすめ

    The new school ESL校はParson School of Designへ入学を目指す留学生の予備校です。世界各地からパーソンズ美術大学を目指す学生向けに英語能力を身に付けさせ、英語試験対策を取りスコアを改善する目的の語学学校になります。世界で最も活気あふれる多様なニューヨークでパーソンズ美術大学の入学を目指すことが可能です。

    授業料が安い語学学校ランキング

    New york language cneter(Upper West)

    費用を抑えて長期留学におすすめ

    New york language cneter(Upper West)は世界75ヵ国以上から年間1万5千人を超える学生を受け入れている語学学校です。世界最大規模を誇る都市、ニューヨークは物価が高く、費用を抑えながら長期留学するにはおすすめの留学先になります。マンハッタンの北側アップタウンに位置し、質の高い授業と様々な国籍が集まるインターナショナルな雰囲気です。

    フレキシブルなカリキュラムが魅力

    カリキュラムはフレキシブルで一般英語コースや集中コース以外にプライベートレッスンや週末クラスも開講しています。平日仕事の方や忙しい方でも安心して通える語学学校です。講師はニューヨーク州教育局から認定され、毎週ごとに目標を定め授業を進めます。実用的で質の高い英語を長期にわたり身に付けられる環境です。

    国籍バランスの良さも魅力的

    アッパーウエストサイド校はミッドタウン校に比べ日本人比率も低く、クラスの国籍バランスも良いです。国籍の偏りもなく、Quality Englishに認定されるほどの質の高い授業が受けられます。授業後や週末は他の生徒とコミュニケーションを取り本場、ニューヨークの雰囲気を味わいながら英語に慣れ親しめる環境です。

    ニューヨーク・ランゲージセンター

    Zoni

    リーズナブルな価格設定

    Zoni校はリーズナブルな学費で、長期になればなるほど割引対象になり留学費用を抑えながら英語を学ぶことが可能です。独自開発の教材を使い、生徒一人ひとりのレベルに合わせ指導を行ってくれます。毎年数千人規模の学生を受け入れる人気がある語学学校です。また、絶好の立地を活かした豊富な課外活動や良質ある授業を提供しています。

    目的に合わせた英語コースを展開

    Zoni校はニューヨークで1位を競う大規模の語学学校で、目的に合わせて英語コースを展開しています。クラスは全体的に落ち着いており、異なった価値観を持つ人々が集また国際色豊かな環境で英語を勉強することが可能です。英語コースは初心者から上級者まで幅広いコースを用意し、大学進学を目標にする学生にもおすすめになります。

    数多くのキャンパスを展開

    Zoni校ニューヨークやマイアミを中心に数多くのキャンパスを展開しています。ニューヨーク周辺ではマンハッタンやブルックリン、クイーンズ、ニュージャージーにキャンパスを構える語学学校です。メインキャンパスは立地的に交通の便が良いマンハッタンで、エンパイアステートビルの隣になります。アメリカ本場特有の文化や歴史を体感しながら英語を学べる環境です。

    Campus Education

    週4日のカリキュラムを提供

    Campus Educationは学費がリーズナブルに設定されながら試験対策や大学進学向けコースが用意されています。留学費用を抑えながら進学コースを希望する学生におすすめです。週4日の授業で学生ビザであるI-20を発行することができる語学学校で、日本人も少なく質の高い授業が受けられます。

    16週間毎に休暇取得取得

    Campus Educationはターム制度を取り入れた授業を行い、1ターム16週間の授業で4週間のバケーションを取得することが可能です。Campus Educationは平日の午前と午後のスケジュールから週末のスケジュールまで開講曜日と時間、プログラムが豊富に用意されています。また、提携大学も数多くTOEFLのスコアなしでも進学できる大学を持った語学学校です。

    日本人スタッフが在籍が在籍

    Campus Educationは1クラス15名~20名程度で構成され、日本語が話せるスタッフが在籍しています。キャンパス内は主にアジアやヨーロッパの国籍が多く、日本人比率は10%程度と少なめです。キャンパス内に日本人スタッフが在籍しているので、初めての海外留学やニューヨーク生活での困りごとを気軽に相談することができます。

    まとめ

    ニューヨークの語学学校を留学先に選ぶ場合、自分の目的や予算に応じて選択することが大切です。例えば、大学進学や各種試験対策対策に強い語学学校やスピーキング強化、アクティビティも取り入れた、日本人が少ない学校、専門分野も同時学びたい、予算的に授業料が安い学校など世界最大規模を誇る大都市ならではの選択幅が用意されてします。特徴を活かし世界中の留学生に選ばれるようにノウハウを構築し、効率的に英語を学べる環境を提供している語学学校ばかりです。

    ニューヨークの語学学校一覧

    カプランインターナショナル(ニューヨーク校)

    カプランインターナショナル(ニューヨーク校)

    $384/週~

    カプランソーホー校はニューヨークの中でも地元の方や学生が多い落ち着いたエリアにあります。 まわりにはおしゃれなブティックやレストランが立ち並び、学校終わりに買い物や食事をするのに困らない環境です。
    EC(ニューヨーク校)

    EC(ニューヨーク校)

    $336/週~

    Embassyで英語学ぶのは教室だけではありません。博物館や劇場に出かけサーフィンやスポーツをして楽しい時間も過ごす事が出来ます。英語を通して仲間とかけがえない時間も過ごす事が出来ます。
    マンハッタン・ランゲージ

    マンハッタン・ランゲージ

    $270/週~

    マンハッタンランゲージはニューヨークの中心に位置する語学学校で、1980年代に開講された語学学校です。クラスは徹底的に英語を学べるようにマンハッタンランゲージ独自の英語カリキュラムと少人数制で構成されています。
    コロンビア大学付属語学学校

    コロンビア大学付属語学学校

    $790/週~

    米国内最古の英語プログラムの一つとして数えられ、総合的な英語力の底上げから学術的な英語教授など、有名大学へ進学することを目的とした留学生が数多く通っていることも特徴です。
    キングス ニューヨーク校

    キングス ニューヨーク校

    $312/週~

    キングスエデュケーションはロサンゼルス、ボストン、ニュージャージーの3校ございましたが、2017年に4校目として開校したのがこちらのニューヨーク校です。大学進学に力を入れており、進学希望の方におすすめの学校です。

    ハワイの語学学校おすすめランキング【全7校】

    人気リゾート地として有名なハワイですが、英語初心者が挑戦しやすい留学先の1つでもあります。ハワイは在住日本人が多いため、日本食や日本人コミュニティが充実しており、生活面でとても便利な環境が整っています。また、ショッピングモールや多様な飲食店、ビーチなどが揃っているため、様々なアクティビティを楽しめます。
    以下では、多くの語学学校が集結するハワイで人気のある語学学校をランキング形式で7校厳選してご紹介します。

    Institute of Intensive English/Hawaii

    Nationality Mix Policyを採用!

    こちらの学校は、National Mix Policyというどの国からの留学生も50%に制限するという制度を採用しています、多くの語学学校は、学生の国籍が偏ってしまい、生徒のほとんど日本人という語学学校もあります。しかし、こちらの学校ではバランスの取れた学生構成を保っています。

    Hawaii ならではのアクティビティを開催!

    ハワイならではのアクティビティを体験できるのもこちらの学校の大きな特徴です。Institute of Intensive English/Hawaiiに在籍している生徒は、フラダンスやウクレレ、スタンドアップパドル、サーフィンなどのハワイでこそ体験したい文化やスポーツに触れられます。

    滞在先プランが豊富!

    こちらの学校は、様々な滞在先プランを提供しています。ホームステイか学生寮に滞在できるオプションはもちろん、徒歩10分ほどで学校にアクセスできるワイキキ学生コンドミニアムに滞在するオプションを選択することも可能なため、滞在先の選択肢が多いのも魅力です。

    インスティチュート・オブ・インテンシブイングリッシュ・ハワイ

    Global Village

    アラモアナセンター近くにある語学学校!

    Global Villageは、世界最大規模のショッピングモールの1つであるアラモアナセンターへのアクセスが非常に良いです。学校からアラモアナセンターへは、たったの徒歩7分で行くことができるため、ショッピングや外食好きにはたまらない最高の立地です。

    中級以上はヨーロッパからの学生も多い!

    語学学校の多くの学生はアジアからの留学生が多いですが、こちらの学校の中級以上のレベルのクラスではヨーロッパからの学生も多いです。特に上級者コースでは、ドイツやスペインからの留学生を見かけることもあり、時期によって学生比率に変化があります。

    英語試験の公式試験会場!

    Global Villageは、ケンブリッジ英語検定、T O E I C(I P)やI E L T の公式試験会場でもあります。こちらの会場は海が見える学生ラウンジがあり、日々の学校生活でオーシャンビューを楽しめるだけでなく、英語試験の際にも快適な環境でテストを受けられます。

    グローバルビレッジ(ハワイ校)

    Central Pacific College/ CPC Hawaii

    リーズナブル学費!

    こちらの学校の大きな特徴は、何と言ってもリーズナブルな学費とそのコスパの良さです。多くの人が英語を学びやすい環境を作るために、学費と滞在費の割引を設けています。長期で留学するほど割引が大きくなるなどのキャンペーンを積極的に行なっている学校です。

    50人程度の小規模校!

    Central Pacific College/ CPC Hawaiiは、学生数が50人ほどの小規模な語学学校です。そのため講師と生徒の距離が近く、英語学習に非常に適しています。生徒同士の仲も深めやすく、交流関係を構築しながらアットホームな環境下で英語力を伸ばせます。

    日本語対応可能!

    こちらの学校には日本人スタッフが常駐しているため、日本語対応が可能です。日本語での問い合わせやサポートはもちろん、日本人スタッフが日本との文化の違いや理解してくれるため、留学中の日本人による対応は、特に英語初心者にはとても心強い支えになります。

    セントラルパシフィックカレッジ

    University of Hawaii/ UH HELP!

    第二言語教育学部運営の語学コース!

    こちらの語学学校のプログラムは、ハワイ大学マノア校の第二言語教育学部によって直々に運営されているという特徴があります。第二言語学を専門で学ぶ将来語学学校の教師を目指す大学生や学部の教師陣によるカリキュラムやコース展開が反映された英語コースに参加できます。

    大学進学準備に特化したコース!

    University of Hawaii/ UH HELPには、英語コースで一定のレベルを修了するとハワイ大学マノア校に進学できる大学進学コースがあります。将来アメリカの大学やハワイの大学に進学したい人で、英語力から身に付けたいという人に最適な語学学校です。

    個人指導の時間も提供!

    希望の生徒は、講師と一対一で英語学習ができるプライベートレッスンを受けることも可能です。こちらのレッスンは、学校のカリキュラムとは関係なくT O E F Lなどの試験対策や専門分野の英語学習にも対応しているため、個人のニーズに合わせて授業内容を希望できます。

    ハワイ大学付属語学学校

    University of Hawaii/ UH NICE

    広大なキャンパスで就学!

    University of Hawaii/ UH NICEは、ハワイ大学マノア校のキャンパス内に位置する語学学校です。こちらのキャンパスの敷地面積は320エーカー(約1.3平方キロメートル)もあるため、広大なキャンパスで英語学習に励めるのが特徴です。

    コミュニケーションスキル向上におすすめ!

    こちらの語学学校は、オーラルコミュニケーションに特化しているため、スピーキング力とリスニング力を特に養うことができます。ハワイ大学の学生との交流や課外活動などのアクティビティを通して、実用的な英語のコミュニケーション能力を伸ばす生活を体験できます。

    10週間・3週間の英語コース!

    留学プランは、3週間と10週間の2つのコースがあります。季節ごとに開催される三週間のコースでは、夏休みなどを利用して短期間で留学でき、集中的に英語を学ぶためのコースは10週間の総合コースとなっています。留学期間や費用を考慮して自分に合ったコースを選べます。

    Hawaii Palms English School

    担任制のクラス!

    こちらの学校は、語学学校では珍しい担任制のコースを提供しています。この担任制が採用されているのはグループレッスンの英語集中コースで、講師が生徒一人一人の弱点や特徴をより知り理解できるため、個人の英語力アップを効果的に促せるようになっています。

    プライベートレッスンを開講!

    学生はグループレッスンだけでなく、2~4人のセミプライベートレッスンやプライベートレッスンにも参加できます。授業時間は1時間から選べ、開始日も柔軟なのが特徴です。教師を希望できたり、授業をカスタマイズできるのもプライベートレッスンのメリットです。

    日本人スタッフあり!

    Hawaii Palms English Schoolには、日本人スタッフが常駐しているため、英語初心者の方にも安心な体制が整っています。日本語で学校についての質問だけでなく、宿泊先やアクティビティの手配など留学全般のアドバイスなども受けられます。

    ハワイ・パーム・イングリシュ

    Hawaii Community College IEP

    コミュニティカレッジ進学におすすめ!

    こちらの学校は、ハワイコミュニティカレッジで英語を学べるため、そのままアカデミックプログラムへの進学を目指すことも可能です。英語プログラムの最上級レベルを修了すると、ハワイコミュニティカレッジまたは、カウアイコミュニティカレッジに進学できます。

    生徒の大半は進学希望!

    Hawaii Community College IEPで英語を学習する多くの生徒が、コミュニティカレッジ進学を目指しています。少人数生のクラスのため効果的に英語力を伸ばすことができ、学術プログラムに参加する準備を確実に進められるため、進学希望者に最適な語学学校です。

    キャンパスライフを味わえる!

    ハワイコミュニティカレッジのキャンパスが語学学校のため、留学中は大学生のようなキャンパスライフを送ることができるのも、こちらの学校の魅力です。キャンパス施設を活用して、勉強や気分転換をしたり、大学生やクラスメートとの交流を楽しめる生活を送れます。

    まとめ

    ハワイの留学生活では、独自の文化やリゾート地を楽しめるだけでなく、温暖な気候や美しい自然を満喫したり、日本食や日本人のサポートも揃っています。観光や様々な料理、大型ショッピングモールへのアクセスが良い場所で英語を勉強したい方にとって、ハワイはアメリカの中でも絶好のロケーションです。またハワイは、特に英語初心者に優しい環境が整っているため、初心者でも生活しやすく、初めての留学先としてもおすすめの場所です。

    グローバルビレッジ(ハワイ校)

    グローバルビレッジ(ハワイ校)

    $200/週~

    海のすぐ近くに位置し、全ての教室からハワイの広大で雄大な自然と海が見えます。学生ラウンジからも海が見え、ハワイの自然に溶け込んでいる語学学校です。学校はホノルルにあり、有名なワイキキビーチにも近いです。
    ハワイ大学付属語学学校

    ハワイ大学付属語学学校

    $309/週~

    ハワイ大学マノワ校は1907年に設立されたハワイのホノルルに位置する州立大学です。ウエストオアフ校やハワイ島にあるヒロ校、短期大学と構成するハワイ大学システムの中核を担っている大学でもあります。
    セントラルパシフィックカレッジ

    セントラルパシフィックカレッジ

    $174/週~

    ハワイ、ホノルルの豊かな気候にある語学学校です。ハワイという治安のいいロケーションで小さな子供から大人の方まで広い年齢層が英語学習できるプログラムがあります。
    インスティチュート・オブ・インテンシブイングリッシュ・ハワイ

    インスティチュート・オブ・インテンシブイングリッシュ・ハワイ

    $240/週~

    IIEハワイはワイキキのど真ん中でビーチやレストラン、ショッピングセンターも徒歩圏内にある学校です。生徒からの評価が高い語学学校として栄誉ある賞を受賞したこともある学校で、ハワイでは珍しく国籍制限も設けているのも特徴です。
    ハワイパシフィック大学付属語学学校

    ハワイパシフィック大学付属語学学校

    $414/週~

    ハワイパシフィック大学は、私立総合大学で1965年に設立されました。海外からの学生も多く、海洋科学が有名なことで知られています。付属の語学学校は米国50カ所以上に施設を構える私立語学学校で、1961年に設立されました。

    サンディエゴの語学学校ランキング【厳選9校】


    サンディエゴはカルフォルニア州の太平洋沿岸にある都市です。年間を通して温暖な気候に恵まれ、青い空と海に囲まれた訪れた人々に人気があります。サンディエゴ語学学校の一番の魅力は治安の良さで、安心して勉強に集中できることです。

     

    サンディエゴの街は比較的に歩きやすく、治安も良く、魅了されるビーチが広がり、日本人も多すぎることなく、最高の語学留学環境が整っています。サンディエゴ語学学校の日本人比率は比較的低く平均10%以下です。

     

    サンディエゴには語学学校が9校ございますが、弊社で人気のランキング順にご紹介いたします。

    ①LSI

    スピーキングを重視したカリキュラム

    LSIのクラスはコミュニケーションを重視し、話すことを通じて英語力を向上させるカリキュラムが特徴です。コミュニケーションが盛んなクラスで積極的に授業に参加することで、英語力の向上を実感できます。英語のスピーキングを集中的に伸ばしたい方には特におすすめの語学学校です。

    日本人が少ない留学環境

    LSIサンディエゴ校は、日本人の割合が10%程度と少なく、多国籍な留学環境が魅力です。アメリカの語学学校は留学先として人気が高く、日本人が多い場所も少なくありません。しかし、LSIサンディエゴ校は世界各国で運営されており、バランスの取れた語学学校で、英語を自然に話す環境が提供されています。

    アットホームな雰囲気

    LSIは家族経営の語学学校で、スタッフを含めて充実した日々を過ごせるように努めています。スタッフの在籍期間も長く、校内の雰囲気は良好です。LSIは世界中にキャンパスを持ち、スタッフ同士のコミュニケーションが活発で、常に最新の情報が提供されています。

    ランゲージ・スタディーズ・インターナショナル・サンディエゴ(LSI)

    ②UCSD付属語学学校

    名門大学の一つ

    UCSDは、名門であるカリフォルニア大学サンディエゴ校の付属語学学校です。サンディエゴのキャンパスでは、英語コースだけでなく、ビジネスコースやITコース、TOEFLコースなど、希望に応じてさまざまなプログラムが選べます。カリフォルニア大学の中でも最も新しく設立され、3番目に大きな規模を誇る語学学校です。

    豊富なコース展開

    UCSD付属語学学校では、多様なコースが用意され、希望に応じて選択が可能です。最も人気のあるConversation and Fluencyコースや、学生ビザ対象外のConversationコース、大学院準備コース、ビジネス英語コース、TOEFL試験対策コース、IELTS試験対策コース、ジュニア向けサマープログラムなど、多彩な選択肢が揃っています。

    大学施設の利用が可能

    UCSD付属語学学校の最大の魅力は、大学の施設が利用できることです。UCSDはカリフォルニア大学として3番目の規模を誇り、キャンパス内には必要な施設が基本的にすべて揃っています。特に、留学生にとって不安な食事や医療施設もキャンパス内に整備されており、広い敷地を移動する際は徒歩以外にもシェアサイクルなどの利用がおすすめです。

    UCSD付属語学学校(カリフォルニア大学サンディエゴ校エクステンション)

    ③CEL

    サンディエゴに2つのキャンパスを展開

    CELサンディエゴは、35年以上の歴史があり、平均7名、最大10名の少人数制クラスで英語を学ぶことができます。サンディエゴに2校のキャンパスを構え、アットホームな環境を提供しています。校長はドイツ人で、ケンブリッジ英検のコースが人気であり、リーズナブルな授業料が魅力です。

    ヨーロッパ・南米の学生が多い環境

    CELサンディエゴは、ヨーロッパや南米の学生が多く、日本人の割合も23%程度と、多国籍な環境で英語スキルを伸ばすことができます。また、校内には日本人スタッフも在籍しており、語学留学の不安も日本語でサポートを受けられるため、安心して勉強に集中し、楽しく過ごすことができます。

    少人数制のクラスで学ぶ

    CELサンディエゴでは、さまざまなコースが用意されており、一般英語コースは少人数制のクラスで、生徒のレベルに合わせた授業を受けることができます。また、TOEFL試験対策コースでは、試験に精通したスタッフ講師が受験戦略を提供してくれるので、高得点を獲得するスキルを身に付けることができます。

    CELサンディエゴ(カレッジ オブ イングリッシュ ランゲージ サンディエゴ)

    ④コンバース・インターナショナル・スクール・オブ・ランゲージ

    40年以上の歴史を持つ学校

    コンバース・インターナショナル・スクール・オブ・ランゲージは、1972年の設立以来、40年以上にわたり世界各国からの留学生を受け入れ、英語教育に力を注いできた語学学校です。特徴として、1クラス最大8名の少人数制で、会話力を高めたい学生に人気があり、独自のカリキュラムや教材を使った質の高い教育を提供しています。

    国籍バランスの良い環境

    生徒の国籍は多様で、バランスの良い異文化交流が可能です。主にアジアやヨーロッパからの留学生が多く、日本人の割合も11%程度に抑えられており、国籍の異なる生徒同士でコミュニケーションを取り合うことで、新しい価値観や友達作りのきっかけになります。

    テスト対策コースが人気

    語学留学でのコミュニケーション力向上以外にも、各種テスト対策コースが人気があります。TOEFL、TOEIC、ケンブリッジ英検などのテスト対策コースが用意されており、上級クラスでは大学受験の試験対策や進学相談も受けられます。コース開始前のレベルテストでは、正確な語学レベルを把握することができます。

    コンバース・インターナショナル・スクール・オブ・ランゲージーズ(CISLサンディエゴ校)

    ⑤SDSU付属語学学校

    70カ国以上からの留学生を受け入れる学校

    SDSUは、サンディエゴ州立大学の付属語学学校で、世界70カ国以上からの留学生を受け入れ、国際色豊かな環境で英語を学ぶことができます。1974年に設立されたSDSU付属語学学校は、一般英語コース、コミュニケーション英語、進学英語、ビジネス英語などを豊富に取り揃えており、充実したカリキュラムが人気で、実践的な英語を学べることが評価されています。

    大学のキャンパスライフを満喫

    カリフォルニアで2番目に大きいサンディエゴ州立大学の施設は自由に利用することができます。校内には図書館、ラウンジ、コンピュータラボ、レクレーションセンター、カフェテリア、ジムなどが完備されており、授業後のリフレッシュや自主学習に利用できます。

    落ち着いた環境で学ぶ場所

    SDSU付属語学学校は、サンディエゴの中心地から離れた落ち着いた環境に位置しています。キャンパス内の雰囲気は規模に関わらず、穏やかで、英語だけを使って学びたい学生におすすめの場所です。また、週末にはサンディエゴ市街地でのショッピングなどへのアクセスが便利です。

    サンディエゴ州立大学付属語学学校(SDSU)

    ⑥EC

    世界規模で展開する大手語学学校

    ECサンディエゴ校は、1991年にマルタ共和国で設立されたECグループの語学学校です。世界各地に展開しているECグループのサンディエゴ校では、一般英語コース、ビジネス英語、ケンブリッジ英検、TOEFL試験対策などが選択できます。温暖な気候に恵まれたラホヤ地域に位置し、高級住宅街が隣接する治安の良いエリアです。

    オンライン教材の利用

    ECサンディエゴ校では、無料のオンライン教材が用意されており、すぐに始めることができます。渡米前に自分のペースで英語に慣れて勉強を始められるため、入学準備に最適です。また、帰国後3か月間はオンライン教材を利用して自宅で復習やおさらいができます。

    幅広い年齢層の受講者

    ECサンディエゴ校の入学条件は16歳以上で、30歳以上の方も英語を学ぶことができます。若い世代の方には、進学希望向けのアカデミック英語コースや英語力を高めるコミュニケーション英語コースがおすすめです。一方、30歳以上の方には、キャリアアップや就職活動に役立つビジネス英語コースが用意されています。

    ⑦Oxford International

    ダウンタウンにキャンパスを展開

    オクスフォードインターナショナル・サンディエゴ校は、ダウンタウンの中心部にキャンパスを構える語学学校です。世界的な語学学校を展開するオクスフォードインターナショナル・グループのサンディエゴ校では、高い英語教育体制や個別指導とサポートが受けられ、学習効率を高める設備が充実しています。

    個別面談で学生をサポート

    サンディエゴ校では、明確な学習目標を設定し、定期的な習熟度評価と個人面談を実施しています。そのため、生徒は効率よく英語力を高めることができ、各種試験対策のサポートも受けられます。毎週、担任の講師から個人面談が受けられるため、生徒へのケアも充実し、快適に英語を学ぶことができます。

    日本人比率が低い環境

    サンディエゴ校では、日本人比率が低く、美しいキャンパスで英語を学ぶことができます。サンディエゴの中心部で、日本人比率が10%以下の語学学校は、しっかりとした学習設備と講師が揃っており、バランスの良い環境が整っています。1クラス最大14名と比較的少人数制を採用しているサンディエゴ校は、留学先としても人気が高いです。

    ⑧Q International School

    日本人スタッフ在籍

    Q International School サンディエゴ校は、日本人スタッフが在籍しており、初めて海外に留学する学生にも安心な語学学校です。日本人スタッフによる日本語でのサポートが受けられるため、現地での問題を相談することができます。温暖な気候に恵まれた地域で治安も良く、都市部にもかかわらず自然豊かで、日本人にも人気があります。

    アットホームな雰囲気が魅力

    Q International School サンディエゴ校は、小規模でアットホームな雰囲気の語学学校です。最新のテクノロジー設備を備えた環境で、効率的に英語を学ぶことができます。異国文化の多様性や生徒一人一人に対して、きめ細かな指導と充実した学習のサポートが受けられます。家庭的な留学先を選びたい学生におすすめの学校です。

    学生主導のアクティビティ展開

    語学学校の特徴は、生徒と講師の距離が近く、毎週さまざまなアクティビティを展開しています。平均年齢も25歳程度と若く、年齢や国籍を超えた友達が作れる学校です。毎日、授業後には暇なくさまざまな催しやイベント、アクティビティに参加して充実した留学生活を過ごせる語学学校です。

    ⑨Connect English Laguage Institute

    ヨーロッパ系学生が多く日本人比率が低い

    Connect English Language Instituteは、ヨーロッパ系の学生が多く、日本人比率が少ない語学学校です。サンディエゴに3つのキャンパスを持ち、国際色豊かな環境で英語学習に専念できます。世界中から留学生を集め、格安な授業料でありながら、質の高い授業と活発な異文化交流で、国籍を超えた友達作りが可能です。

    ほぼ毎日のアクティビティ開催

    語学学校の魅力は、ほぼ毎日開催されるアクティビティです。例えば、キャンパスツアーやアウトドア、スポーツ、カルチャー、ソーシャルなどが行われています。生徒たちはアクティビティを通じて、他の国籍の生徒と交流を深め、楽しく英語を学ぶことができます。

    週4日のカリキュラム

    カリキュラムは月曜日から木曜日まで開講され、毎週木曜日にはプレイスメントテストが行われます。カリキュラムの時間帯は朝9時から午後1時30分までで、英語の勉強に専念し、放課後や週末である金曜日から日曜日まで様々なアクティビティに参加することができます。

    まとめ

    アメリカのカリフォルニア州最南端の沿岸に位置するサンディエゴは、過ごしやすい気候と良好な治安で、安心して英語を学べる環境が整っています。サンディエゴ中心部を含め、さまざまなアクティビティを楽しむことができます。この地域にある多くの語学学校は、どこもフレンドリーでアットホームな雰囲気が魅力です。初めて海外留学を検討する学生にとって、おすすめの留学先となります。英語力を向上させ、さまざまな国籍の人たちと友達になるチャンスが広がります。

    UCSD付属語学学校(カリフォルニア大学サンディエゴ校エクステンション)

    UCSD付属語学学校(カリフォルニア大学サンディエゴ校エクステンション)

    $289/週~

    有名大学であるUCLAやUC Berkeley に修士学を目的に編入制度も設おり、準学士の学位取得も提供しています。コミュニティカレッジのキャンパス内で英語がしっかり学べることが最大の特徴です。
    CELサンディエゴ(カレッジ オブ イングリッシュ ランゲージ サンディエゴ)

    CELサンディエゴ(カレッジ オブ イングリッシュ ランゲージ サンディエゴ)

    $272/週~

    30年以上の経歴をもったCELは、各国から集まる生徒に洗練された講師たちが英語を教えています。クラスは最大でも10名の少人数制なので、お互いの距離感が近く、講師とのコミュニケーションもしっかりと取れます。
    コンバース・インターナショナル・スクール・オブ・ランゲージーズ(CISLサンディエゴ校)

    コンバース・インターナショナル・スクール・オブ・ランゲージーズ(CISLサンディエゴ校)

    $285/週~

    1クラスの平均人数は最大で8名まで!少人数制クラスなので全ての生徒が積極的に授業に取り組んでいます。コースの開始日は毎週月曜日で、フレキシブルにコースを開始出来ます。また最短の期間は2週間からのご案内になっています。
    CELサンディエゴ・パシフィックビーチ(カレッジ・オブ・イングリッシュ・ランゲージ・パシフィックビーチ)

    CELサンディエゴ・パシフィックビーチ(カレッジ・オブ・イングリッシュ・ランゲージ・パシフィックビーチ)

    $272/週~

    南カリフォルニアでも有数のサーフィンスポットとして有名なビーチからたった300メートル、徒歩5分の場所に位置しています。学校にはサーフボードの保管場所もあり、サーフィンを楽しみたい方には最適の学校です。
    サンディエゴ州立大学付属語学学校(SDSU)

    サンディエゴ州立大学付属語学学校(SDSU)

    $338/週~

    サンディエゴ州立大学は1897年に設立され生徒数が3万5000人以上と非常に多く、様々な国籍の生徒が在籍していることが特徴です。付属の語学学校は1974年に設立され、現在は70カ国以上の留学生が通っています。
    ランゲージ・スタディーズ・インターナショナル・サンディエゴ(LSI)

    ランゲージ・スタディーズ・インターナショナル・サンディエゴ(LSI)

    $295/週~

    LSIサンディエゴ校は街の中心地にあり、学校の周辺はエンターテイメントで溢れています。各バス停まで徒歩数分です。周辺にはレストランやカフェがあり、よく生徒がランチタイムに利用しています。

    酒井大輔

    大学時代にアメリカ/カナダをバスで横断。ロサンゼルス、サンフランシスコ、シアトル、ワシントン、ニューヨークなど様々な都市を3か月かけて巡りました。カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)の付属語学学校に通った後、MBAに進学。家族と2年間サンディエゴで暮らしました。

    カウンセラーに質問

    ボストンで人気の語学学校一覧【厳選8校】

    ボストンはアメリカ東部、マサチューセッツ州にある同州最大の都市です。アメリカでもっとも古い街の一つと言われています。近代的な高層ビルが建ち並ぶエリアだけでなく、歴史的建造物、芸術的な空間、中世ヨーロッパ調の建物が立ち並ぶ街並みが特徴です。観光でも訪れる方も多く、また違ったアメリカの雰囲気が味わえる都市です。

    ボストンでおすすめの語学学校8選

    ①Kings

    Fisher College内のキャンパ内にある語学学校

    Kingsボストン校はクラシックでおしゃれなBeacon通りにあり、ボストンのランドマークにたくさん出会うことができます。学校はFisher collegeの校内にあり、現地学生との交流も可能です。校内には、広々としたレセプションエリアやジム、学生の顧問ルームやスポーツホール、カフェテリアも完備され、快適に過ごすことができます。

    豊富なコース展開

    一般英語や試験対策コースはもちろんのこと、Kingsは地域性に合わせた特殊なコースも多種多様に用意しています。ボストン校ではビジネスやリーダーシップを英語で学ぶことができるコースがあり、このクラスでは教室内の授業だけでなく地域の小規模ビジネスのスタートアップやビジネス団体に実際に訪れてることで学びを深めることができます。

    Collegeの学生寮に滞在可能

    滞在方法はホームステイまたは寮ですが、KingsではFisher collegeの学生寮に滞在することができます。寮では2人のシェアが基本で、全体での共有スペースではキッチンやランドリールームのほかに、ワーキングスペースやテレビのあるラウンジ、ゲームルームなどがあります。スーパーマーケットまで5分、カフェ・レストランまで2分、ジムや銀行まで5分とかなり生活しやすい環境です。

    キングス(ボストン校)

    ②EC

    世界展開している大規模語学学校

    アメリカ、カナダ、イギリス、アイルランド、マルタなど世界各国で展開している語学学校、EC。その実績から短期留学から正規進学までしっかりとサポートしてくれます。またECは30歳以上と50歳以上の「大人の留学」プランを用意してあり、授業でも年齢にふさわしい話題と内容で英語を身に着けることができるようプログラムが組まれています。

    アクティビティが豊富

    また授業前や放課後のアクティビティが豊富で、なかでも会話クラブや発音クリニックは特に人気です。会話クラブではもっと英会話の機会を増やしたい、もっと気楽におしゃべりを楽しみたい方に、発音クリニックは英語独特の難しい発音た母国語に影響されて難しい発音などを練習したい方にぴったりです。発音クリニックでは母国語別に開催されることもあります。

    オンライン教材も魅力

    ECは、オンライン教材・サービスに注力しているのも魅力の一つです。コース開始前の英語能力テストもオンラインで受講し、講師から一対一でアドバイスがもらえるオンライン面談サービス、友達と交流できるチャットなど授業外でも学べる環境づくりが整っています。

    ③Kaplan

    80年続く質の高い英語教育

    カプランは80年間築き上げたノウハウにより、教室内のレッスン、オンライン教材、放課後のアクティビティなどを通して、様々な角度から英語力上達をサポートします。この質の高い英語教育は学生からの評価も高く、推奨率は97%。世界9か国にキャンパスをもつカプランは、毎年150か国から50,000人もの留学生が集まります。

    ハーバード大学の近くにキャンパスを展開

    ボストン ハーバードスクエア校は、あの有名なハーバード大学の近くで、カフェや公園に囲まれた賑やかなエリアの中にある近代的な建物です。地下鉄レッドラインやバス停のすぐ近くでダウンタウンボストンへのアクセスはとても便利です。ボストンには世界最高レベルの8つの大学が集まっていますが、ボストンエリアの大学進学者を多く輩出した、優れた大学進学プログラムをも提供しています。

    長期留学パッケージがおすすめ

    滞在期間が長くなる分、英語力の基礎をしっかり身に着けることができ、現地の生活により密着した経験を得ることができます。英語を流暢に扱えるようになる他、選択科目で時事問題や会話、またカプランではアメリカの大学での単位取得などの選択肢もあります。

    カプランインターナショナル(ボストン フェンウェイ校)

    ④LSI

    少人数制でアットホーム雰囲気が魅力

    LSIは1965年に創立し、世界7か国に14校の学校を持っていますが、あえて少人数制を整えており、アットホームな環境をつくることに注力しています。講師陣と学生の距離が近く、何でも相談しやすい環境で英語力の向上に期待できます。

    スピーキング重視のカリキュラム

    生徒それぞれの目標達成ができるように、経験値の高い講師陣が質の高い授業を提供していますが、LSIは全体的に日常会話などのスピ-キングが上達できるようにカリキュラムが組まれています。授業外でも少人数制ということもあって会話をする機会が自然と増えるので、スピーキングを伸ばしたい学生には人気の学校です。

    日本人比率が低い語学学校

    国籍比率は、ヨーロッパが約18%、アジア約30%、南米約16%、中東約25%で、日本人は約10%とかなり多国籍な環境で勉強に集中できる環境です。

    ランゲージ・スタディーズ・インターナショナル・ボストン(LSI)

    ⑤FLS

    英語クラスは細かいレベル分け

    FLSは英語クラスになんと18レベルも細かく分けることで、個人に寄り添った英語教育ができる環境を整えています。一つのクラスも小規模にすることで、講師陣は一人ひとりの目標に寄り添い達成に向けてサポートしていきます。

    進学先提携校の多さが魅力

    FLSインターナショナルが持つパスウェイプログラムでは、アメリカの大学およびコミュニティカレッジにテストのスコア無しで編入することができます。そのため日本人学生にはスタンダードな2年間のコミュニティカレッジを経て、4年制の大学に編入することもできます。また、FLSに8週間以上就学した方にはパスウェイプログラムサービスを無料で受けることができます。

    カレッジ・大学同時受講プログラムを用意

    FLSは一般英語や進学英語、試験対策コースのTOEFL・IELTS準備コースだけでなく、カレッジや大学での同時受講プログラムも用意されています。FLSで一定基準を越えた生徒が受講可能となり、英語プログラムを受けながら現地学生と共に大学の授業を受けるという貴重な経験をすることができます。

    FLS インターナショナル ボストン校

    ⑥Boston大学付属

    キャリアアップの為のコースカリキュラム

    ボストン大学附属には、通常の集中英語プログラムに加えて、MBA進学準備、法律英語、英語教師向けのプログラムなどのキャリアアップにつながるコースが多様に準備されています。細かにレベル分けされたクラスのなかでコアコースと選択授業のコンビネーションで授業を進めていき、英語レベルを向上させます。1975年にボストン大学で設立されたCELOP(Center for English Language and Orienation Programs)は、英語プログラム認定委員(CEA)に認定されている質の高い語学学校です。

    全米第4位の規模を誇る壮大なキャンパス

    ボストン大学附属では、ボストン大学のすべての施設やサービスを利用することができます。27の図書館、ラウンジ、ゲッデス語学センター、新しいフィットネスセンターやマルチメディアコンピューター室などの利用、無料の個別指導、学業や就職のカウンセリングなどを受けることができ、現地大学生を交流する機会も多いです。また英会話クラブやディナークラブ、写真クラブなどの語学学校内のクラブに参加することもできます。

    学生寮の手配が可能

    ボストン大学の学生寮に留学生も滞在することができます。流れとしては、入学許可がおりてからハウジング申請を行います。基本的に小さな寮から大きな寮まで選択することができ、1人またはそれ以上の人数と部屋をシェアする形態になります。寮には専門のアシスタントが在籍しており、問題があればすぐにサポートしてくれる体制が整っています。

    ボストン大学付属語学学校

    ⑦Talk English

    リーズナブルな語学学校

    Talkは授業料が比較的リーズナブルで、費用を抑えることができます。特に長期パッケージはかなりお得になるので長期留学を検討している人にはおすすめです。またグループが苦手な人用にマンツーマンレッスンも用意されており、そちらも合わせて挑戦しやすい価格帯となっています。

    コミュニケーション重視のカリキュラム

    プログラムは一般英語コースの他に、発音、文法と単語を強化させながら、4つの主要なコミュニケーションスキルを上達させる集中英語コースを用意しています。1日の授業時間が長く、4コマの会話レッスンにてスピーキング、リスニングの練習時間が長いところが一般英語コースとは異なる点です。

    アメリカ国内に7キャンパスを展開

    Talkは、アトランタ、アベンチュラ、サンフランシスコ、フォートローダーデール、ボストン、マイアミ、マイアミビーチと、アメリカ国内に7キャンパスを展開しています。同じ学校とはいえ、地域制で人や雰囲気が異なります。自分にぴったりの学校を見つけてみてくださいね。

    ⑧The New England school of English(NESE)

    英語クラスは10段階の細かいレベル分け

    NESEでは学術的な目標達成を実現するスキル習得のための指導と、その全課程での行き届いたサポートを第一に考えています。NESEの教育理念の一つに、常に生徒を中心に考える、というものがあり、この教育理念のもと、スキルの不均衡の差を埋めるべく独自のレベルテストやクラス分けの方法を編み出しました。10段階のレベル分けは、一般的に毎月1つのレベルを修了することを目標に、レベル10を修了した者は幅広い知識とアカデミックな環境で英語を問題なく使用できる熟練レベルに達したことになります。

    一流の講師陣で学生をサポート

    NESE創設者兼プレジデント、ダイレクター、アカデミックダイレクター共にハーバード大学または大学院での教育修士号を持っている、教育のプロが設立した学校です。そのためNESEには、ハーバード、イェール、コロンビアをはじめとする名門大学の学位や上位学位を持つ優れた人材を揃えています。NESEで採用された教師陣は、母国内外での教育経験豊富な専門家ばかりで、そのプロ意識の高さも生徒から尊敬されている理由の一つです。

    アメリカ文化を学べるプログラムを用意

    NESEは英語を「アメリカで学ぶ」ことを大切に考えており、プログラムでも生のアメリカ英語に触れられる環境作りを行っています。新聞や雑誌からの時事問題、DVD鑑賞、ロールプレイ、コンピュータルームでの教育ソフト視聴やアメリカの一般市民へのインタビューなどを通して本物の英語に触れることで、アメリカ人の生活を肌で感じることができ、五感すべてを通して英語を学ぶことができます。

    ザ・ニューイングランド・スクール・オブ・イングリッシュ(NESE)

    まとめ

    アメリカは現地の人だけでなく多くの国から様々な目的を持った人たちが集まる非常に国際色豊かな国です。アメリカといっても地域によって雰囲気や環境が全く異なるので、自分の目的や理想に近づくために、自分にぴったりの学校を見つけてみてください。

    ボストンの語学学校一覧

    キングス(ボストン校)

    キングス(ボストン校)

    $382/週~

    語学学校ではキングスカレッジの提携校へTOEFLスコアなしで大学等に進学する事ができますのでアメリカの高等教育への進学をされたい方にはお勧めです。パインマナーカレッジ内にキャンパスがあります。
    FLS・インターナショナル(ボストン校)

    FLS・インターナショナル(ボストン校)

    $289/週~

    ボストンのダウンタウンに位置しています。周りには高層ビルやカフェやレストランなども充実しているため生活には困りません。学校周辺には、アメリカでも有名なハーバード大学もあり、多くの学生が有名大学に進学しています。
    カプランインターナショナル(ボストン校)

    カプランインターナショナル(ボストン校)

    $360/週~

    ボストン・フェンウェイパーク校は、歴史あるボストン・レッドソックスの本拠地のすぐそばにキャンパスがあり、熱狂的な野球ファン達と交流したり、ニューイングランドの美しい田園風景、スキーやビーチも満喫することができます。
    カプランインターナショナル(ボストン フェンウェイ校)

    カプランインターナショナル(ボストン フェンウェイ校)

    $345/週~

    ボストン・フェンウェイパーク校は、歴史あるボストン・レッドソックスの本拠地のすぐそばにキャンパスがあり、熱狂的な野球ファン達と交流したり、ニューイングランドの美しい田園風景、スキーやビーチも満喫することができます。
    ボストン大学付属語学学校

    ボストン大学付属語学学校

    $592/週~

    1975年に設立され、これまで数多くの留学生に質の高い英語教育を提供しています。一定以上の基準を満たす学校しか加盟を許されないUCIEP(全米大学集中英語講座連盟)に所属しており、安心と実績を誇ります。
    イングリッシュ・ランゲージ・センター(ELCボストン校)

    イングリッシュ・ランゲージ・センター(ELCボストン校)

    $315/週~

    ボストン校は美しく歴史的な趣を持つビーコンヒルにあります。学校の周辺には多くのカフェやレストラン、ショッピングエリア、美術館、ブックストア等で活気づいています。
    ランゲージ・スタディーズ・インターナショナル・ボストン(LSI)

    ランゲージ・スタディーズ・インターナショナル・ボストン(LSI)

    $295/週~

    ボストン校の周辺にはシアターやチャイナタウン、金融街があり、交通機関にも近く便利な立地です。校内には資料室、コンピュータールーム、ラウンジがあります。1クラスの平均人数は12名、最大でも16名です。