アメリカで一般英語を学べる語学学校一覧

最も人気で低価格で学べるコースは一般英語です。総合英語(リスニング・リーディング・スピーキング・ライティング)はアメリカでESL(English as Second Language)コースと呼ばれています 一般英語コースではリーディング・ライティング・リスニング・スピーキングの4つの英語能力を効率よく向上させるように組み込まれたプログラムです。英語圏で生活するには総合英語である情報収集に必要な読み書きも出来なければ、暮らすことは難しいです。

 

もちろん、英語を話す聞く能力は日常的に必要なもので必要不可欠なものなのです。
リスニングではアメリカ人講師の発音された会話を聞くだけでも向上して、さらに英語圏の授業は意見を述べる事が求められますのでスピーキング能力も向上します。ライティングは文法のミスに注意しながら講師が添削していくため英語を書く練習も受けられます。

こんな方に一般英語コースをお勧め!!

  • 英語が初心者レベルの方
  • 英語を総合的に伸ばしたい方。
  • 何を受講すべきか分からない方。
  • 楽しく英語を学びたい方
  • 英語の勉強の仕方が分からない方。

一般英語コースのよくある質問

一般英語への参加資格はありますか?

特にありません。一般英語コースを受講する場合、一般的に個々の英語力によってクラス分けがされます。テストのレベル分けは入学日もしくはそれ以前に受験します。

どんな生徒が受講していますか?

世界各国から来た留学生です。一般英語コースは他のコースより多国籍の学生が多いです。

英語力はどれくらい伸びますか?

個々のレベルや努力が違いますので英語力の伸びは人それぞれです。授業には積極的に参加して学校外でも英語をできるだけ使う環境に自身を置くことが英語の成長へとつながります。

英語の授業ではどんな事をしますか?

学校によって雰囲気や教科書、先生、ポリシー等が違います。ですので、学校によってカリキュラムが違います。詳細はぜひお問い合わせください。

アメリカでおすすめの語学学校10選

①CELサンディエゴダウンタウン


CELサンディエゴダウンタウンは1981年に開校されました。カリフォルニアの大都市ロサンゼルスに一つのキャンパスがあります。そしてサンディエゴに2つのキャンパスがあるという、カリフォルニアを代表する英語の語学学校となります。

CELサンディエゴダウンタウンで開講されているプログラムは、ジェネラルイングリッシュ20、ジェネラルイングリッシュ24、ジェネラルイングリッシュ30の3つのコースだけです。

特徴①平均8人最大12人の少人数クラスを徹底

出来る限り少人数クラスで学習を進めるのがこの学校の大きな特徴になります。

特徴②国際的な環境に浸れるヨーロッパ中心の国籍比率

欧米から入学する人の比率がとても高いので、本場の英語に慣れるチャンスです。

特徴③コミュニケーションアプローチと総合的な英語力を底上げしてくれる

英会話で一番大切なのはコミュニケーションスキルです。

CELサンディエゴダウンタウンの授業料

CELサンディエゴダウンタウンの授業料はコースにより違います。例えばジェネラルイングリッシュ30を選択した場合には、一週間で30コマの学習があります。そしてその授業料は48,175円より、ということです。

②オックスフォードインターナショナル サンディエゴ


オックスフォードインターナショナルサンディエゴは、市内でも賑やかなガスランプ地区にあります。学校周辺には数多くのレストランやカフェが立ち並んでいますから、留学生たちが過ごすには絶好の環境です。ここでは世界の料理を食べることもできます。

 

オックスフォードインターナショナルサンディエゴで開講されているプログラムは、モーニング20、セミインテンシブ26、インテンシブ30の2つのコースだけです。

特徴①最新の技術を駆使した指導法

最新の技術を駆使した指導法で、一人一人の目標達成に寄与してくれます。

特徴②コーチングの方式がユニークで優れている

コーチングとは語学学校講師の指導方法のことですが、大変ユニークで優れた方法です。

特徴③セキュリティチェックが万全

留学生たちに一番大切なの現地での安全です。セキュリティチェックが万全であるので、安心して学習することができます。

オックスフォードインターナショナルサンディエゴの授業料

オックスフォードインターナショナルサンディエゴの授業料はコースにより違います。例えばモーニング30コマを選択したとすれば、一週間で30コマの授業を受け、支払う金額が39,234円ということになります。

③セントラルパシフィックカレッジ


セントラルパシフィックカレッジは、ハワイのオアフ島に設立されました。学校が設立されたのは、2004年にさかのぼります。オアフ島の人気エリアである、アラモアナショッピングセンターの付近にキャンパスを構えています。世界の留学生の英語力向上をサポートしてくれています。

 

セントラルパシフィックカレッジで開講されているプログラムは、EPPプログラム20時間、短期英語学習プログラムの二つのコースだけです。

特徴①便利な立地

学校の設置されている場所が、アラモアナショッピングセンターの近くというのは、最高のロケーションではないでしょうか。日本人にも人気のエリアです。

特徴②リーズナブルな学費

一週間300ドル程度で学習を進めることができますので、懐に優しい学校です。

特徴③一人一人に行き届くケア

料金はリーズナブルでも、指導はきちんとしています。目標を達成するまで、しっかりと指導してくれます。

セントラルパシフィックカレッジの授業料

セントラルパシフィックカレッジの授業料は、留学する期間により細かく分かれています。EPPプログラム20時間を選択したとすれば、1週間あたり308ドルになります。

④MLIハリウッド


MentorLanguageInstitute(MLI)ハリウッドは、2002年に学校が設立されました。英語教育を目的とする専門機関です。ロサンゼルスの人気エリアの一つであるハリウッドにキャンパスを構えています。

 

MentorLanguageInstitute(MLI)ハリウッドで開講されているプログラムは、バケーションESL、ESL+CMAR、のわずか二つのプログラムだけです。

特徴①絶好のロケーション

有名な観光地ハリウッドというベストロケーションですから、海外留学生も楽しく学習することができます。

特徴②充実した英語コース

コースの指導方法の厳しさには定評があります。日本人も心してかかるべきでしょう。

特徴③受講費用が安く、様々なオプションが使える

受講費用が比較的安いのですが、希望すれば様々なオプションが使えますので便利です。

MentorLanguageInstitute(MLI)ハリウッドの授業料

MentorLanguageInstitute(MLI)ハリウッドの授業料は、一週間にいくらかかるかで規定されています。受講期間の長さによって単価が変動していますが、おおむね、一週間で250ドルといったところです。

⑤LCIヒューストン


LCIヒューストンは、アメリカに3校をもつ語学学校です。学校の規模は小さいのですが、アメリカの4年制の大学に進学するために通う人もたくさんいます。

 

LCIヒューストンで開講されているプログラムは、一般英語、アカデミック英語、エグゼクティブ英語、特別個人レッスンの4コースです。

特徴①生徒のゴール達成を見守るチームケアの良さ

語学学校に入学される方にはそれぞれ別の目的があるので、それらの目的が達成できるような配慮してくれます。

特徴②質の高い語学プログラムを用意できている

人により語学留学の目的が違います。それぞれの人の目的が速やかに達成できるような質の高い語学プログラムを用意してくれます。

特徴③経験豊富で優しい講師とフレンドリーなスタッフ

アメリカ人は大変フレンドリーな人が多いです。この学校にも経験豊富で優しい講師がたくさん働いています。留学生たちはここで、それぞれの目的を達成することができます。

LCIヒューストンの授業料

LCIヒューストンの授業料はコースにより違います。例えばアカデミック英語を選択した場合には一週間で24時間の授業があり、その金額は405,963円です。

⑥LCIデンバー


LCIデンバーは、アメリカに3校をもつ語学学校です。全米に3校をもつデンバー校ということになります。アメリカの大学に進学するために通う生徒が多く、真面目な生徒が多いのが特徴です。

 

LCIデンバーで開講されているプログラムは、アカデミック英語、サマーアカデミック英語、一般英語、エグゼクティブ英語、などの5コースです。それぞれの人の目的によるコースを選べます。

特徴①生徒のゴール達成を見守るチームケア

こちらも有名なデンバー校ですから講師の質が高いのが大きな特徴です。チームワークの良さでは定評があります。

特徴②目的達成まで生徒の能力向上を保証

それぞれの人の目的を達成するまで、しっかりと学習の保障をしてくれるのがとてもありがたいです。

特徴③安心のCEA認定で大学提携

CEA認定で大学提携されているので、語学学校卒業後にアメリカので4年制大学に進学することができます。

LCIデンバーの特徴の授業料

LCIデンバーの授業料はコースにより違います。例えばアカデミック英語を選択した場合には一週間で24時間の授業があり、その金額は405,963円です。

⑦TLA


TLAはレベル分けをして、それぞれの留学生に対して最適な環境を提供します。英語のできる人は高いレベルの教室にまわされ、そうでない人は低いレベルにまわされます。そのため自分の能力を十分発揮して効率良い英語学習ができるということです。

 

TLAで開講されているプログラムは、一般英語、一般英語2、一般英語集中コース、少数人数特別コース、プライベートレッスンコースなどがあります。

特徴①本当のアメリカ文化に触れることができる

海外からの留学生たちは、英語学習と同時に幅広い文化の吸収ができます。

特徴②日常英語やビジネス英語を学びたい人には最適

日常英語やビジネス英語を学びたい人でしたら、こちらの語学学校が一番です。実績で証明されています。

特徴③専任カウンセラーが入学から卒業まで学習の成果をチェックしてくれる

語学学校の専任カウンセラーが留学生たちの入学から卒業まで学習の成果を細かくチェックしてくれます。

TLAの特徴の授業料

TLAの授業料はコースにより違います。例えば一般英語コースを選択した場合には一週間で20時間の授業があり、授業料が30,550円よりとなっています。

⑧TLCエドモンド


TLCエドモンドが開設されたのは1983年のことです。最高の英語教育と文化交流の機会を世界の留学生たちに提供する目的で開設されました。語学学習だけではなくて、文化的な面も経験できるというメリットを持っている学校です。

 

TLCエドモンドで開講されているプログラムは、インテンシブイングリッシュプログラム、インテンシブイングリッシュパートタイム、BusinessEnglish、GeneralEnglish、TOEFL試験対策コースがあります。

特徴①様々な団体と連携して教育の質を向上

大学に併設されている語学学校ですから、様々な団体と提携して教育の質を向上させることが可能です。

特徴②勉強もアクティビティも同時に楽しめる

ここの大学生たちとアクティビティにも同時に楽しめるのが大きなメリットではないでしょうか。

特徴③大学内に併設

語学学校が大学内に併設されていることのメリットはとても大きいです。

TLCエドモンドの特徴の授業料

TLCエドモンドの授業料はコースにより違います。例えばインテンシブイングリッシュプログラムを選択した場合には一週間で100時間の授業があり、その金額は187,413円からです。

⑨TLCカークスビル


TLCカークスビルが開設されたの1983年のことです。最高の英語教育と文化交流の機会を、世界中の留学生に与えるのが目的で開設されました。文化的な面も経験できるというメリットを持っている優れた学校です。

TLCカークスビルで開講されているプログラムは、インテンシブイングリッシュプログラム100時間、インテンシブイングリッシュパートタイム60時間、GeneralEnglish76時間、TOEFL試験対策コース100時間の4つのコースがあります。

特徴①こだわり抜いた指導哲学

慣れるまでは大変かもしれませんが、ここは辛抱でしょう。

特徴②様々な団体と提携し教育の質を向上

大学など数多くの団体と提携し教育の質を高めてくれるがありがたい。

特徴③老舗として有名な語学学校

歴史ある学校を求める方にはおすすめです。

TLCカークスビルの授業料

TLCカークスビルの授業料はコースにより違います。例えば、インテンシブイングリッシュプログラム100時間を選んだ場合には、4週間で100時間の授業ということになります。そしてかかる費用が187,413円です。

⑩アカデミアランゲージスクール


アカデミアランゲージスクールは、ハワイで初めての語学スクールです。1969年に学校は設立されました。ハワイで開校以来一番の規模と歴史を誇る有名な語学学校です。質の高い英語プログラムと幅広いクラス分けで、一人一人が効率的に英語学習をすることができます。

 

アカデミアランゲージスクールで開講されているプログラムは、パートタイム15時間、フルタイム20時間のわずか二つのコースだけです。

特徴①目的に合わせてコースをカスタマイズできる

学校に行ってくる留学生たちの一人一人は目的が違います。それらに合わせてコースをカスタマイズしてくれます。

特徴②一度は体験したい絶好のロケーション

ワイキキビーチはアメリカ人でも人気のスポットです。日本人でも一度はここで過ごしたいのではないでしょうか。

特徴③追加授業料なしで納得するまで学べる

追加利用料金を支払うことなしに、納得するまで英語を学べるということです。

アカデミアランゲージスクールの授業料

アカデミアランゲージスクールの授業料はコースにより違います。例えばパートタイム15時間コースを選択したとすれば、38188円になります。

アメリカで一般英語コースがある語学学校一覧

UCSD付属語学学校(カリフォルニア大学サンディエゴ校エクステンション)

UCSD付属語学学校(カリフォルニア大学サンディエゴ校エクステンション)

$289/週~

有名大学であるUCLAやUC Berkeley に修士学を目的に編入制度も設おり、準学士の学位取得も提供しています。コミュニティカレッジのキャンパス内で英語がしっかり学べることが最大の特徴です。
FLS インターナショナル(テネシー大学)

FLS インターナショナル(テネシー大学)

$289/週~

テネシー工科大学で英語プログラムを実施しています。テネシー工科大学は南アメリカではもっとも有名な大学の1つとして知られており、キャンパスはナシュビルから1時間離れた場所に位置しています。
FLS・インターナショナル(シトラスカレッジ校)

FLS・インターナショナル(シトラスカレッジ校)

$289/週~

有名大学であるUCLAやUC Berkeley に修士学を目的に編入制度も設おり、準学士の学位取得も提供しています。コミュニティカレッジのキャンパス内で英語がしっかり学べることが最大の特徴です。
FLS・インターナショナル(ボストン校)

FLS・インターナショナル(ボストン校)

$289/週~

ボストンのダウンタウンに位置しています。周りには高層ビルやカフェやレストランなども充実しているため生活には困りません。学校周辺には、アメリカでも有名なハーバード大学もあり、多くの学生が有名大学に進学しています。
カプランインターナショナル(サンタバーバラ校)

カプランインターナショナル(サンタバーバラ校)

$345/週~

サンタバーバラ校はサンタバーバラのダウンタウンとビーチのちょうど真ん中あたりにあります。 サンタバーバラはスペイン風の街並みで気候も年間を通して温暖ですので過ごしやすい街です。

まとめ

近年、日本からアメリカへ語学留学する人たちの数が急増してきています。アメリカ留学を決心されたのであれば、まず最初にどの語学学校を選ぶのかがとても重要です。授業料も大切ですが学校の特徴をよく調べてから最終決定をするのが良い方法です。

呑村紗也佳

アメリカの語学学校・コミュニティカレッジを卒業。私にとって海外留学は、「それまで持っていた常識や当たり前を180度覆し、価値観がぐんと広がった」そんな経験でした。もともと留学や海外に興味はなかったですが、両親が留学を勧めてくれたのをきっかけにオーストラリア・カナダ・アメリカで計4年ほど海外生活を送りました。

カウンセラーに質問