シアトルの語学学校一覧


シアトルはアメリカで住みやすい街ランキングにおいて、常に上位にランクインする都市です。日本人にとって暮らしやすい条件などが整っており、たくさんの日本人が生活しています。いろいろな語学学校が設立されており、4年制大学に編入する人も多いです。

シアトルは人気の留学先です

シアトルはワシントン州では最大の都市ですが、ニューヨークなどと比較するとコンパクトな街です。白人やアジア人・黒人などいろいろな人種が暮らしており、エリアによって日本人が多く居住するところもあります。英語がメインになっていますが、公用語として定められていません。シアトルの20%の家庭では、英語以外の言語が使われています。多民族国家の街になっていて、シアトルにはたくさんの日本企業が進出しています。

 

仕事の関係で滞在する日本人は比較的多めで、ノースウエストエリアでは日本人の永住者も増加中です。英語環境だけの留学生活を送りたいなら、日本人の少ないところを選んだり学校の日本人比率などもチェックしておくと便利です。ワシントン州は治安が良く、ダウンタウンなどは治安が安定しています。日本と同じく事件は多く、置き引きや車などを狙った窃盗事件が多いです。留学中は身の回りの貴重品などをきちんと管理しなければなりません。シアトル日本国総領事館は公式ページを持っているので、詳細な情報や安全対策などを公開しています。事前に目を通しておき、最低限の備えをしておくと安心です。

シアトル日本国総領事館

シアトルで留学する5つのメリット

①日本からアクセスが良い

シアトルのイメージについて、有名コーヒーチェーン店の1号店がある街を思いつく人も多くいるでしょう。コーヒーがおいしい街として有名なシアトルですが、留学にもおすすめのポイントが多いです。シアトルは日本から最も近いアメリカの都市で、9時間ほどのフライトで到着することができます。アメリカ行きの場合乗り継ぎが必要なエリアが多いですが、シアトルの場合直行便があるので便利です。

②公共交通機関が充実

シアトル市内はいろいろなバスや電車といった、交通機関が充実しています。バスではメトロ(公共バス)やラピッドライド(急行バス)、エキスプレスバスなどを利用することが可能です。シアトル市内を移動するのにスムーズに利用することができ、シアトルは日本人移民が移住したことがある都市になります。

③日本食も豊富に手に入ります

現在インターナショナルディストリクトと言う地区には、日本のスーパーマーケットやレストランなど、日本の店舗が多く並んでいます。日本の商品を手軽に購入することができるので、留学生にもおすすめの街です。比較的リーズナブルな料金で生活必需品を購入することができ、ニューヨークなどの都市部と比較すると治安が良いです。

④大企業の本社が多くあります

シアトルはアメリカでも有数のビジネスの街で、いろいろな世界的大企業の本社が設置されています。シアトル発祥のコーヒーチェーン店やIT企業、大手通販サイトや販売店など名立たる企業が揃っているエリアです。シアトルはビジネスが盛んなので、インターンシップ制度が多く実施されています。英語を学びながら働きたかったり、将来的に国際的なビジネスシーンで働きたい人に向いており、シアトルで大規模ビジネスを経験することができるでしょう。アメリカではJ-1ビザを利用すると、無給でのインターンシップを体験することができるので活用する人は多いです。

⑤郊外は自然豊かです

雄大な自然を満喫することができ、郊外に足を伸ばすと自然を体験することができます。シアトルは自然の宝庫でもあり、エメラルドシティとも呼ばれています。レーニア山の山並みや豊かな緑が美しいマウントレーニア国立公園などを見学することができ、オリンピック山脈が連なるオリンピック国立公園など、絶景が見ることが可能です。シアトル近辺にはいろいろなハイキングやトレイルを楽しめるスポットがあり、休日はさまざまなアクティビティを体験することができます。

私立語学学校と大学付属語学学校の違い

シアトルは私立と大学附属の語学学校があり、私立語学学校の授業料について1カ月15~16万円が目安です。大学附属語学学校の場合、学期制と共に3か月以上スケジュールが組まれているケースが多いでしょう。例えば集中英語プログラム(3か月)は約33万円で、集中英語プログラム(9か月)は約100万円です。さまざまなプログラムが開講されており、私立語学学校で学ぶか大学附属語学学校を通学するかによって、期間が変わってきます。計画を立てる際スケジュールをよく確認しておき、授業料も事前にチェックすることをおすすめします。

 

生活面ではシアトルの物価はアメリカの中でもやや高めですアメリカの生活コストは上昇傾向にあり、アメリカは外食費が高く設定されているので外食生活ばかり続けていると、出費が大きくなるかもしれません。支出を抑えるにはいろいろな食費や日用品などの購入について、節約することができるかポイントになります。スーパーマーケットでは食料品が安く購入することができるので、自炊中心の生活を行うと節約することが可能です。クーポンを利用すると節約も繋がるので積極的に使うことをおすすめします。

アメリカの大学付属語学学校一覧

カプラン:多くの学生が通っている大規模校


シアトルにはいろいろな語学学校があり、カプランインターナショナルランゲージシアトル校があります。総合的に英語力をアップできる授業構成で、レベルアップ保証制度を利用することが可能です。テキストやオンライン教材、学習クラブなどが連動しており学習を支援しています。授業料や滞在費がお得になる長期プランを利用することができ、ウォーターフロントのすぐ近くに校舎があるので便利です。大企業の本社があるシアトルは一年を通して温暖な気候で、アメリカでも緑が豊かな都市になります。

 

カプランは国籍のバランスが充実していて、一般英語や試験対策コースなど幅広く利用することが可能です。カプランのK+ラーニングシステムの場合、独自に開発した教材やオンライン学習のメリットを統合したカリキュラムになります。効率良く英語を習得することができ、一般英語コースでは英語レッスンや有意義な自由時間を満喫できるコースです。英語クラスはリーディングやライティング、リスニングやスピーキングなどに焦点を当てており、コミュニケーション力を向上するための生徒参加型授業になります。復習したり応用問題をオンラインで学習することができ、授業料は1,800ドル(4週)です。

ELSはきめ細かな指導を行います


シアトルの語学学校として、ELSランゲージセンターシアトル校があげられます。経験豊富な講師によって、きめ細かな指導を受けることが可能です。中心部からのアクセスが良く、便利な立地が魅力的です。世界中から集まるクラスメイトと一緒に、キャンパスライフを過ごすことができます。国際教育を牽引しており、ダウンタウンの近くにあるおしゃれなCapitol Hillに位置する学校です。徒歩圏内にはマーケットやスタジアム、買い物スポットなどがある便利な立地になります。

 

週末になるとポートランドやバンクーバーなどに足を伸ばし、いろいろなアウトドアを楽しむことが可能です。さまざまな国のレストランがあるので、ランチやディナーを楽しむことができます。セミインテンシブ英語プログラムの場合、リスニングやスピーキング、発音や語彙などを学ぶことが可能です。正確且つ効果的で円滑なコミュニケーションのため、言語スキルを身に付けることができます。教室の外でも実際使うチャンスがあり、いろいろなレベルで構成されています。学力や興味の対象などが似ている学生が同じクラスで学習できるよう、クラス分けされるケースも多いです。授業料は1,448ドル(4週)になります。

ALPSは個人指導を受けられます


ALPS Language Schoolはシアトルにあり、少人数制クラスを利用することが可能です。プライベートレッスンを利用して、個人的な指導が受けることができるので便利です。トレーニングを受けたスタッフが英語学習をサポートしており、フレンドリーに接しています。いろいろなコースがありスピーキングやリスニング、ライティングや読解などに力を入れています。発音やテスト対策など個人ニーズに重点をおいたものや、個人レッスンなどを受けることが可能です。しっかりと会話力を身に付けたい人におすすめの学校になります。

 

シアトル中心部に位置する比較的小さな語学学校で、クラスサイズが小さくさまざまなカリキュラムを組み込んだクラスもあります。学費は半日840ドル/月で、全日1,090ドル/月です。少人数の授業が特徴的で、クラスメートとも親しくなることができます。小規模ならではのメリットがあり、その分会話を行う機会も増えるでしょう。会話力を上げたかったり、友人を作りたい人におすすめの学校です。リーズナブルな料金で利用することができ、気軽に相談することができるアットホームな雰囲気があります。

ESLコースを受けられます


大学生活を体験したいなら、シアトルのNorth Seattle Collegeがおすすめです。8,500人の生徒をかかえる都市でも、大規模なキャンパスにあるESLコースになります。いろいろなメリットがあり、リーズナブルな価格や現地アメリカ人とキャンパスライフが送ることが可能です。学校はダウンタウンからは20分ほどの場所なり、治安の良いエリアに位置しているので安心です。学費は半日900ドル/月になっており、大学が提供するESLコースを利用することができます。

 

現地の大学生と一緒にキャンパスライフを過ごすことが可能です。気軽に相談できる雰囲気があり、他の主要都市と比較すると比較的リーズナブルな学費になります。いろいろな大学生と交流するチャンスが多く、さまざまな人種の人とも知り合うことが可能です。郊外に位置しているのでシアトル市内へ行く場合少し不便になるかもしれませんが、バスなどの公共機関を使うとアクセスすることができます。シアトルはさまざまな観光スポットがあり、学習はもちろん遊びにも豊かな環境です。留学先としてシアトルを選ぶ人は多く、素敵な時間を過ごすことができます。

自然に囲まれています


シアトルで安定のブランド力やのんびりとした生活を送りたいなら、EF International Seattleがおすすめです。EFシアトル校はシアトルから90km離れたワシントン州のオリンピアにあり、エバーグリーン州立大学の中に位置しています。EF校は1000エーカーという美しい森林があり、レーニア山などの山脈を見ながら勉強に励むことが可能です。学費は半日319,600円/月で、全日は331,600円/月になります。

 

ワシントンの州都にあるので放課後のアクティビティも充実しており、いろいろな観光スポットに気軽にアクセスすることが可能です。大学内に設置しているのでアメリカのキャンパスライフを体験したい人に向いています。学校の周りは自然に囲まれており郊外ということもあるので、静かな場所で学習したい人におすすめです。学費がやや高く設定されていますが、さまざまなコースを選択することができます。周りに自然が多いので遊びよりも、学習に集中できる環境です。他の州へは日帰りツアーなどに参加することができ、日本食レストランなどを気軽に利用することができます。

まとめ

シアトルはアメリカでも住みやすい街で、たくさんの日本人が暮らしています。シアトルにはいろいろな語学学校があり、さまざまなプログラムを選択することが可能です。4年制大学に編入したりインターンシップに参加するなど、将来に向けた取り組みを行うことができます。

 

シアトルにはアメリカ名門大学のワシントン大学やシアトル大学などもあり、語学学校から4年制大学に入る人も多いです。英語やいろいろなスキルを身に付けることによって、将来の仕事にいかせる経験を積むことができます。

カプランインターナショナル(シアトル/ハイライン校)

カプランインターナショナル(シアトル/ハイライン校)

$345/週~

シアトル/ハイライン校は現地の2年制大学、ハイラインカレッジのキャンパス内に学校があるため、英語を学ぶことだけでなく現地の大学生と交流し、アメリカの大学生活を実際に経験することもできます。
カプランインターナショナル(シアトル ダウンタウン校)

カプランインターナショナル(シアトル ダウンタウン校)

$370/週~

カプランシアトル校はシアトルのダウンタウン中心地にキャンパスを構える大規模な語学学校です。最新設備とモダンなデザインの校内で英語を徹底的に学びます。カプランならではの豊富な学習環境と学習機会を多くの学生に提供しています。

永井将馬

オーストラリアのメルボルンにワーキングホリデーで渡航しました。メルボルンでは語学学校で一般英語を学び、市内にあるユニクロでアルバイトを経験。その後、サンフランシスコにて留学し、ホームステイで様々な国から来ている留学生と交流を楽しみました。

カウンセラーに質問