アメリカ留学の相談・ご質問は無料!03459080300345908030
LINEで相談資料請求無料相談
LINEで相談資料請求無料相談

ロサンゼルスのおすすめ語学学校ランキングTOP7

ロサンゼルスはアメリカ西海岸・カリフォルニア州にあり、最も大きな都市です。日本人が多く留学しており、さまざまな語学学校があります。エリアにはディズニーランドやユニバーサルスタジオがあるので、学習しながら楽しむことが可能です。アメリカ人からも人気のある街になります。

 

ロサンゼルスには数多くの語学学校がございますので、人気の語学学校ランキングTOP10をご紹介いたします。

1位 CEL:個々のレベルに対応しています


CELロサンゼルスは地元でも有名なビーチ観光地である、サンタモニカに位置しています。ロサンゼルスは天気が良く過ごしやすい気候で、学校はサードストリートプロムナード周辺にあります。街へのアクセスは電車が開通したことによって、非常に便利になりました。

 

周辺は日本人はもちろんアジア人の留学生からも人気がありますが、スイスやドイツ・イタリアなどヨーロッパからの留学生が50~60%ほどいます。

 

一般英語コースなどがあり、10人以下という少人数クラスが多いです。個々のレベルに合わせて授業を受けることができ、一般英語コースでは読むことや書くこと、聞くことや話すことにプラスして、文法や発音、ボキャブラリーや発表など言語運用スキルを伸ばすことができます。

 

TOEFL試験対策コースも開講されており、試験に精通した講師が受験するにおいていろいろな戦略を提供することが可能です。模擬テストを行って高得点を取得するため、いろいろなスキルを身につけていきます。

CELサンタモニカ校(カレッジ オブ イングリッシュ ランゲージ)

2位 EC:おしゃれなレストランがあります


ECロサンゼルス校は一年の内ほとんど晴れており、温暖な気候で有名なサンタモニカに位置します。地元でも有名なサードストリートプロムナードは、学校からは徒歩数分の場所にあります。周囲にはお洒落なカフェや美味しいレストランがあり、映画館などを利用することが可能です。若者に人気のある店舗が多く、サンタモニカピアには映画に出てくる太陽光発電の観覧車を見ることができます。

 

ECロサンゼルスには様々なコースがあり、一般英語やビジネス英語コース、シティ体験英語やアカデミック英語コースなどを選択することが可能です。TOEFL対策に特化したものもあり、ケンブリッジ試験対策も利用することができます。

 

様々なアクティビティに参加することができ、例えばムービーナイトやビーチバレーボールなどは人気があります。ビバリーヒルズツアーに参加したり、サンタモニカツアーにも気軽に参加することが可能です。週末のラスベガスツアーはおすすめで、多くの人が参加しています。

EC Los Angeles(EC ロサンゼルス校)

3位 カプラン(ロサンゼルスウェストウッド校):学園都市の中心部にあります


Kaplanロサンゼルスウェストウッド校は、ショッピングエリアにあり大学が多く点在しているウェストウッドに位置」しています。UCLAのキャンパスの近くにあり、経験豊かな教師による授業を体験することが可能です。無料インターネット・アクセスを備えているコンピュータールームを利用することができ、学生ラウンジなど最新の設備が整っています。

 

ロサンゼルスにある活気あふれる学園都市にあるので、サンタモニカやロデオドライブなどに簡単にアクセスすることが可能です。マリブでサーフィンを楽しむことができます。

 

様々なコースがあり、一般英語やビジネス英語コース、TOEFLiBT試験対策やGMAT/GRE試験対策コースなどを選択することが可能です。

 

アジア人が多く在籍しており、過ごすやすい環境が整っているのもポイントです。

カプラン インターナショナル ロサンゼルス/ウィディア校

4位 キングス:便利なエリアに位置しています


キングスエデュケーション ロサンゼルス校は、サンセットブルーバードの近くにあります。映画の中心地ハリウッドで英語を学ぶことができ、校舎はリモデルされたばかりです。様々な最新設備が完備されており、ダウンタウンに行くにも便利なエリアです。2000人以上の有名人の手形を見ることができます。

 

英語+フィルムコースの場合、映画のプロデューサーにいろいろな授業を聞けたり、役者などを授業に招待しています。スタイリッシュな建物で、最新施設が整ったクラスルームです。コモンエリアにおいてテレビやDVDなどを視聴することができ、コンピューターラボがあります。Wi-Fiを無料で利用することができ、ランチを食べる場所があります。

 

キングスエデュケーションロサンゼルス校のコースについては、バケーションやインテンシブ英語、英語+フィルムコースなどを選択することが可能です。インテンシブTOEFやディプロマオブイングリッシュなどもあります。

キングス(ロサンゼルス校)

5位 FLS:最も安全な街として有名です


FLSサドルバックカレッジは、アメリカで最も安全な都市になっているカリフォルニア州ミッションビエホにあります。3万人の学生が通学しており、多くの学生はカリフォルニア州立大学といった4年制大学に編入しています。

 

ディズニーランドまで20分という場所にあり、温暖な気候でのんびり勉強したい人におすすめです。最も美しいラグナビーチまで車で20分です。サドルバックカレッジの施設について、コンピュータを使えるラーニングリソースセンターやランゲージラボがあります。図書館やマッキンニー劇場などを利用することが可能です。

 

ミッションヴィエホ市は気候に恵まれており、透き通るような海岸へアクセスすることができます。高速道路へもアクセスしやすく、シーワールドやディズニーランドなど主要な観光地にも簡単に行くことが可能です。アメリカにおいて最も安全な都市になっている、豊かな郊外コミュニティになります。

FLSインターナショナル(サドルバックカレッジ校)

6位 UC Irvineエクステンション:ビジネスコースに参加できます


カリフォルニア大学アーバイン校・エクステンションは、留学生向けビジネスコースや講師養成コースなどを提供しています。社会人はもちろん現役大学生も参加しており、認定留学におすすめです。

 

エクステンションにおいて提供する英語コースのレベル5を修了した場合、英語スコアなどを提出せずにビジネスコースを受講することができます。英語コースのみ受講することができ、アカデミック英語というより英会話力をアップできるコースもあるので便利です。

 

10週間コース以外では4週間コースもあり、景観豊かな海岸に近い丘に位置しています。ハイウェイを使って他のエリアには簡単にアクセスすることができ、都市計画として発展を続けている都市です。10週間集中英語コースでは、大学進学やキャリアアップのため英語力を向上することができます。

 

講師は経験豊富で平均16年以上経験があり、クラスの生徒は16名ぐらいで、効果的に能力を伸ばすことが可能です。17歳以上なら英語力に関係なく誰でも受講できます。

カリフォルニア大学アーバイン校付属語学学校(UCI)

7位 カリフォルニア州立大学ドミンゲスヒルズ校:便利なエリアにあります


カリフォルニア州立大学ドミンゲスヒルズ校は、カリフォルニア・ロサンゼルスに位置する州立大学です。比較的小規模な大学で在籍する留学生数は、総学生数に比べると少なくローカルの生徒とコミュニケーションを図りやすい環境になります。

 

大学学部課程以外に留学生向けプログラムがあり、英語コースや大学学部コースを勉強することが可能です。ダウンタウンの近くにあり、近くにはロングビーチがあります。日系企業や日本食レストランが多いトーランスもあり、ダウンタウンへのアクセスは良好です。

 

キャンパスは便利な立地にあるので、勉強するにも生活するにも最適です。カラッとした気候で過しやすく、留学生を対象にして大学・大学院の学部講義を受けながら、アメリカ文化も体験できるコースがあります。ビジネスやバイオロジーなどの学部コースもあり、近郊へのツアーや学生同士のパーティーにも参加することが可能です。オリエンテーションを行っていて、生活や学習するため必要な情報について説明されます。英語や数学のテストがあり、英語を学習しなければならないか確認します。結果をもとにしてどのクラスが良いのか、アドバイスを受けることが可能です。

ロサンゼルスの語学学校一覧

キングス(ロサンゼルス校)

キングス(ロサンゼルス校)

$318/週~

ロサンゼルス校はハリウッドに位置しておりナイトクラブや映画関係施設やシアターが徒歩圏内で勉強と観光を両立できる最高の環境です。提携している進学大学も多く、大学や大学院進学目的の方にもおすすめです。
FLS・インターナショナル(シトラスカレッジ校)

FLS・インターナショナル(シトラスカレッジ校)

$289/週~

有名大学であるUCLAやUC Berkeley に修士学を目的に編入制度も設おり、準学士の学位取得も提供しています。コミュニティカレッジのキャンパス内で英語がしっかり学べることが最大の特徴です。
ELS Language Center Thousand Oaks(ELSサウザンドオークス校)

ELS Language Center Thousand Oaks(ELSサウザンドオークス校)

$292/週~

カリフォルニアルーセラン大学のキャンパス内にあるため、大学の様々な施設を利用することができます。ホームステイと学生寮の二つの滞在オプションがあります。
カプランインターナショナル(ロサンゼルス・ウィディア校)

カプランインターナショナル(ロサンゼルス・ウィディア校)

$357/週~

大学の中にキャンパスがあり、現地大学生も通う広々とした敷地とな和やかな雰囲気で英語の学習ができます。学校のキャンパスはプール、テニスコート、体育館、ジム、サッカーコートなどの施設が充実しています。
ランゲージ・システム(オレンジ・カウンティ校)

ランゲージ・システム(オレンジ・カウンティ校)

$141/週~

ランゲージシステムのオレンジカウンティ校はロサンゼルス市内から1時間程度のオレンジ郡にあります。オレンジカウンティはアメリカの大ヒットドラマOCの現場として有名で現在も盛んに映画やドラマの撮影が行われています。

まとめ

アメリカ・ロサンゼルスは天候が良く、温暖なエリアです。たくさんの語学学校があり、日本人留学生やアジアが人が多く住んでいます。便利な街でいろいろな飲食店が立ち並んでいて、周辺には有名な観光スポットがあるので楽しみながら英語を学ぶことが可能です。

呑村紗也佳

アメリカの語学学校・コミュニティカレッジを卒業。私にとって海外留学は、「それまで持っていた常識や当たり前を180度覆し、価値観がぐんと広がった」そんな経験でした。もともと留学や海外に興味はなかったですが、両親が留学を勧めてくれたのをきっかけにオーストラリア・カナダ・アメリカで計4年ほど海外生活を送りました。

カウンセラーに質問

サンフランシスコの語学学校一覧

サンフランシスコは、カリフォルニア州の主要都市のひとつです。カリフォルニアの他の都市と比べ、夏は涼しく、冬は寒い日があります。サンフランシスコといえばシリコンバレーです。apple社やグーグル社などの世界的に有名なIT企業が集まっています。治安も比較的良く、落ち着いて留学生活を送ることができるでしょう。

 

サンフランシスコで人気の語学学校の特徴をご紹介します。

ECサンフランシスコ


世界中で語学学校を展開しているのがECサンフランシスコです。サンフランシスコ校は特に有名ですがダウンタウンの中心地に近いところにあります。ユニオンスクエアまで徒歩で歩けるのでとても便利です。バスなどの公共機関が発達しているので留学生が生活するには便利な環境です。

 

サンフランシスコ校で開講されているプログラムは、一般英語、ビジネス英語入門、アカデミック英語、アカデミックイヤー、TOEFL試験対策、企業体験プログラムです。

特徴①世界の多くの国から学生が集まる環境

ここは多国籍の環境ですからお互いに刺激しあって学習効果を高めることができます。

特徴②様々な文化的背景を持った世界の留学生と英語の学習ができます

世界各国の歴史と文化は全く違います。独自の歴史と文化を持つ各国の学生と交流しながら、楽しく英語を学習することができます。

特徴③一般英語コースでもプラスアルファで学べるのが特徴です

こちらの一般英語コースでは英語の学習の他に一般教育もしてくれるので幅広い知識や能力身に付けることができます。

ECサンフランシスコの授業料

一般英語コースではレッスン数が20でレッスン当たり平均400ドルということになっています。

EC サンフランシスコ校

カプラン・バークレー


カプラン・バークレーはサンフランシスコ海岸地域にあります。ここは世界中から語学留学生が絶えません。近くにはアメリカ合衆国では名門であるカリフォルニア大学バークレー校があります。それだけで学習意欲が高まります。

 

カプラン・バークレーで開講されているプログラムは、一般英語、英語試験対策、GeneralEnglish15レッスンの4コースです。

特徴①UCバークレーからすぐ近くにあるのが特徴です

アメリカの名門大学であるUCバークレー校の近くに学校があるので、UCバークレー校の学生と同じような感覚で楽しく英語学習できます。

特徴②GREやTOEFL対策もできるのが特徴です

TOEFL対策ならここで学習するのは一番です。それは実績で示されていますので安心して学習することができます。

特徴③独自の大学進学サポートサービスもあるのが特徴です

4年制の本格的な大学に進学するサポートサービスがありますので、卒業後は4年制の大学に進学することも夢ではありません。

カプラン・バークレーの授業料

カプラン・バークレーの授業料を紹介します。一般英語では、1年間21レッスンで18,940ドルかかります。

LSIバークレー


LSIバークレーはバークレーの中心部に位置します。校舎の前はカリフォルニア大学という絶好の立地条件です。カリフォルニア大生と同じような感覚で勉強に打ち込むことができます。

 

LSIバークレーで開講されているプログラムは、一般英語コースが中心ですが、その他にTOEFL試験準備レッスンやケンブリッジ検定受験準備コースが用意されています。社会人向けやジュニアコースも利用できます。

特徴①BARTバークレー駅からすぐのところにあるのが特徴です

BARTバークレー駅のすぐそばにありますので、通学するのにとても便利です。喫茶店やレストランが充実しているのも嬉しいです。

特徴②ビジネス英語やTOEFL対策も万全というのが特徴です

主力は一般英語ですがビジネス英語も学習することができます。この他TOEFL対策もやっています。

特徴③様々な英語コースを提供しているのが特徴です

あらゆる年齢層に対してサービスを提供するということで、様々な英語コースが用意されています。社会人向けコースやジュニアコースがおすすめです。

LSIバークレーの授業料

LSIバークレーの授業料を紹介します。一般英語コースの例ですが、6ヶ月30レッスンを受けるとして8,880円ドルくらいの費用が発生します。

ランゲージ スタディーズ インターナショナル サンフランシスコ/バークレー(LSI)

ELSサンフランシスコ・ノースベイ


ELSサンフランシスコ・ノースベイはダウンタウンの北側にあります。サンラフェルの大学構内にある語学学校です。ここの大きな特徴は、景色が大変美しくアウトドアアクティビティが盛んであるということです。

 

ELSサンフランシスコ・ノースベイで開講されているプログラムは、アカデミック英語、ジェネラルイングリッシュ、セミインテンシブ、アメリカンエクスプローラ、ELSNikeスポーツキャンプの5つのコースです。

特徴①アメリカ最大の語学学校であるということが特徴です

学校の規模が全米の中でも大きいので、語学の習得の他に、一般教養を高めることもできます。

特徴②しっかりとしたカリキュラムと親切なスタッフが特徴です

語学カリキュラムが充実しているので大きな学習効果が期待できます。スタッフが親切であるということも大きな特徴です。

特徴③4年制の大学進学サービスがついているのが特徴です

1年か2年ここで学習してから、4年制の大学に進学するということも可能です。

ELSサンフランシスコ・ノースベイの授業料

ELSサンフランシスコ・ノースベイの授業料は週単位で請求されます。例えば12週間では5,760ドル、24週間では10,800ドルということになります。

ELSシリコンバレー


ELSシリコンバレーはシリコンバレー地域の中央部にあります。カリフォルニア州の中で3番目に大きな都市として有名なクパチーノにあり、サンフランシスコやサンノゼから近いです。

 

ELSシリコンバレーで開講されているプログラムは、アカデミック英語、ジェネラルイングリッシュ、セミインテンシブ、グループスーパーインテンシブ、アメリカンエクスプローラ、エグゼクティブのための英語、スーパーインテンシブ英語、スーパーインテンシブプラスの8つのコースです。

特徴①周辺にはELSの提携大学もあるというのが特徴です

周辺にはELSの提携大学もあるので、それらの学校の学生たちと交流もできます。

特徴②大手テクノロジー関連企業が集まっているのが特徴です

Apple,Google,Adobe,Facebookなどの大手テクノロジー関連企業が集まっているので、それらの会社で働くチャンスもあります。

特徴③シリコンバレーにはレストラン、カフェが充実しているが特徴です

海外からの留学生活もここで安心して生活することができます。

ELSシリコンバレーの授業料

ELSシリコンバレーの授業料は受講期間によって変動します。例えば12週間では5,640ドルかかります。

ELSバークレー


名門カリフォルニア大学のキャンパス近くにあります。大学の寮の一部を利用してそこを英語学校として運営されています。カリフォルニア大学とは関係ありませんが、同じような雰囲気で学習できるのが大きなメリットです。

 

ELSバークレーで開講されているプログラムは、アカデミック英語、セミインセンティブ、アメリカンエクスプローラ、完全対策TOEFL&iBT受験準備コースの4種類です。

特徴①名門カリフォルニア大学のキャンパスに近いのが特徴です

名門カリフォルニア大学に近いところにありますので、カリフォルニア大生と同じ感覚で生活することができます。

特徴②小規模でアットホームな雰囲気が特徴です

学校の規模が小さいのでアットホームな雰囲気でのびのびと学習することができます。海外からの留学生たちが多いのも特徴です。

特徴③サンフランシスコベイ付近の穏やかな気候が特徴です

こちらの気候は地中海性気候ですから一年を通じて穏やかです。英語学習をするには最適な環境ではないでしょうか。

ELSバークレーの授業料

ECサンフランシスコの授業料は受講期間によって変動します。
24週間では9,240ドルです。

トークイングリッシュスクール


トークイングリッシュスクールはアトランタ、アベンチュラ、ボストン、フォートローダーデール、マイアミ、マイアミビーチ、サンフランシスコにキャンパスを持っています。

 

トークイングリッシュスクールで開講されているプログラムは一般英語コースだけですが、アジアや東南アジアからの留学生が大変多いです。

特徴①効果的な授業方法と最新技術で効率よく英語学習ができるのが特徴です

こちらの英語教育は独自のシステムを使っています。効果的な授業方法と最新技術で効率よく英語の学習ができるのが特徴です。

特徴②国籍や文化の異なる人々で交流できる素敵な場所というのが特徴です

海外からの留学生で日本人は一番多く、その比率が15%に達しています。日本人も安心して英語をマスターすることができます。

特徴③1996年の創立より25年間にわたり留学生たちを支援しているというのが特徴です

こちらはもっぱら海外の留学生のための英語学校ですが、アジアや東南アジアからの留学生が多いというのが特徴です。

トークイングリッシュスクールの授業料

トークイングリッシュスクールの授業料は週単位で徴収されます。例えば4週授業を受けるとすれば1,420ドル、12週では3,900ドルとなります。

トーク イングリッシュ スクール サンフランシスコ校

ELIサンフランシスコ


ELIサンフランシスコはサンフランシスコのダウンタウンにあります。ビルの5階にあるサンフランシスコでは有名な語学学校です。

 

ELIサンフランシスコで開講されているプログラムは、一般英語のみです。午後に無料のレッスンがいくつか用意されているので便利です。

特徴①フレンドリーな雰囲気で学習ができるのが特徴です

この学校の一番大きな特徴はフレンドリーということです。世界各地から集まった留学生を中心として楽しく英語は学習できます。

特徴②学生一人ひとりに対するケアが行き届いているということが特徴です

学校のモットーが学生一人ひとりに対するケアですから、特に海外からの留学生たちにとっては頼もしい存在となっているようです。

特徴③フレンドリーな価格で質の高い授業を提供するのが特徴です

料金が安いのもここの大きな特徴です。そして質の高い授業をしてくれるのも大きな特徴となっています。

ELIサンフランシスコの授業料

一般英語コースの授業料体系は週単位です。トータルで47週間の授業を受けます。
受講週1-11の週単価が156.25ドル、受講週12-23の週単価が140.63ドル、受講週24-47の週単価が132.82ドルです。

ブランドンカレッジ


ブランドンカレッジはサンフランシスコのダウンタウンにあります。学校の創立は1938年ということですがアメリカでも長い歴史と実績を誇る英語研修機関です。数多くの海外からの留学生が学習にしているのが大きな特徴です。

 

ブランドンカレッジで開講されているプログラムは、一般英語20、インテンシブ英語25、プロ用英語ビジネス英語クラス、インテンシブ英語20です。

特徴①小規模でアットホームな雰囲気が特徴です

アットホームな雰囲気が大人気で、世界中から積極的なフィードバックが寄せられています。

特徴②学生一人一人に対する細かなケアを信条としているのが特徴です

この学校の信条は、全ての学生たちを分け隔てなく、細かなケアを与えるということです。そのために落ちこぼれてしまう学生が少ないのが大きな特徴です。

特徴③コミュニケーションスキルに重点を置いた教育をするのが特徴です

実際に学習した英語が相手に通じないと何のために学習したのかわかりません。そのためにこの学校ではコミュニケーションスキルを重点として教育をしています。

ブランドンカレッジの授業料

一般英語コースはレッスン数が20ですが、4週間で1,196ドル、12週間で3,588ドルとなっています。

サンノゼ州立大学付属語学学校


サンノゼ州立大学は1851年に創立されました。カリフォルニア州立大学システムの中の一つの学校です。工学部は評判が高く、シリコンバレーの企業に多くの卒業生を送り出しています。

 

サンノゼ州立大学で開講されているプログラムは、ありとあらゆる分野にわたります。海外からの留学生は、大学の英語教育機関で英語を学習することもできます。

特徴①大学がサンノゼのダウンタウンにあるということが特徴です

サンノゼのダウンタウンという立地条件に恵まれているので、海外からの留学生活も快適にです。

特徴②工学部の評判が良いのが特徴です

大学からシリコンバレーの企業に、多くの卒業生を送り出しています。

特徴③留学生のための英語教育機関も充実しているのが特徴です

海外からの留学生が、いきなりこの大学に入学するの難しいです。大学には留学生のための英語教育機関が併設されていますので、そこでしっかり英語をマスターしてから、4年制の大学に入学することができます。

サンノゼ州立大学付属語学学校の授業料

サンノゼ州立大学の授業料は、1年間で6,000ドルくらい必要ですが、これには施設費も含まれています。

サンノゼ州立大学付属語学学校

まとめ

サンフランシスコには、日本人に向いている語学学校がたくさんあります。そのうちのどれかを選ぶのはなかなか難しいことです。比較サイトを活用すれば、短時間でたくさんのデータを集めることができます。慎重に学校を選ぶことが大切です。

サンフランシスコの語学学校一覧

コンバース・インターナショナル・スクール・オブ・ランゲージーズ(CISLサンフランシスコ校)

コンバース・インターナショナル・スクール・オブ・ランゲージーズ(CISLサンフランシスコ校)

$535/週~

コンバースサンフランシスコ校はダウンタウンに位置するので、留学生はとても勉強がしやすい街です。一般授業だけでなはなく異文化交流イベントの開催を通し、国際交流に積極的に取り組み、留学生に対し常に質の良い環境を提供しています。
トーク・イングリッシュ・スクール(サンフランシスコ校)

トーク・イングリッシュ・スクール(サンフランシスコ校)

$268/週~

アメリカの大学のキャンパスに置かれており、英語教育を通じて世界各国の人々の相互理解力、コミュニケーション、協調性などを促進できる学校になっています。大学内の施設も自由に使用することができて現地の学生気分で学習できます。
イングリッシュ・ランゲージ・インスティチュート

イングリッシュ・ランゲージ・インスティチュート

$185/週~

初心者から上級者まで英語力に適したレベルで英語が学べます。一般英語クラス(ESL)では日本人の苦手とされている英会話から、大学への進学を対策するTOEFL試験対策まで幅広く対応できるようにクラスを準備してます。
EC(サンフランシスコ校)

EC(サンフランシスコ校)

$243/週~

明るくモダンなEmbassyサンフランシスコ校は、歴史的にも有名なケーブルカーやユニオンスクエアからわずか1ブロック、サンフランシスコの街の中心に位置しています。国際都市ならではの多彩なアクティビティがあります。
カプランインターナショナル(サンフランシスコ校)

カプランインターナショナル(サンフランシスコ校)

$370/週~

サンフランシスコ校はサンフランシスコで繁華街であるダウンタウンに位置しており、歴史的な建物です。学校内はマルチメディアが備えられた 広い教室と多様な目的に使える図書室があり、とても便利になっています。

永井将馬

オーストラリアのメルボルンにワーキングホリデーで渡航しました。メルボルンでは語学学校で一般英語を学び、市内にあるユニクロでアルバイトを経験。その後、サンフランシスコにて留学し、ホームステイで様々な国から来ている留学生と交流を楽しみました。

カウンセラーに質問

ボストンの語学学校一覧

ボストンはアメリカ東部、マサチューセッツ州にある同州最大の都市です。アメリカでもっとも古い街の一つと言われています。近代的な高層ビルが建ち並ぶエリアだけでなく、歴史的建造物、芸術的な空間、中世ヨーロッパ調の建物が立ち並ぶ街並みが特徴です。観光でも訪れる方も多く、また違ったアメリカの雰囲気が味わえる都市です。

ボストン大学付属語学学校

ボストン大学付属語学学校

$592/週~

1975年に設立され、これまで数多くの留学生に質の高い英語教育を提供しています。一定以上の基準を満たす学校しか加盟を許されないUCIEP(全米大学集中英語講座連盟)に所属しており、安心と実績を誇ります。
イングリッシュ・ランゲージ・センター(ELCボストン校)

イングリッシュ・ランゲージ・センター(ELCボストン校)

$315/週~

ボストン校は美しく歴史的な趣を持つビーコンヒルにあります。学校の周辺には多くのカフェやレストラン、ショッピングエリア、美術館、ブックストア等で活気づいています。
FLS・インターナショナル(ボストン校)

FLS・インターナショナル(ボストン校)

$289/週~

ボストンのダウンタウンに位置しています。周りには高層ビルやカフェやレストランなども充実しているため生活には困りません。学校周辺には、アメリカでも有名なハーバード大学もあり、多くの学生が有名大学に進学しています。
カプランインターナショナル(ボストン フェンウェイ校)

カプランインターナショナル(ボストン フェンウェイ校)

$345/週~

ボストン・フェンウェイパーク校は、歴史あるボストン・レッドソックスの本拠地のすぐそばにキャンパスがあり、熱狂的な野球ファン達と交流したり、ニューイングランドの美しい田園風景、スキーやビーチも満喫することができます。
【閉校】シュプラッハカフェ(ボストン校)

【閉校】シュプラッハカフェ(ボストン校)

$365/週~

学校の周辺にはボストン中心街ということもあり、多くのレストランやカフェ、ショッピングエリアがあります。観光名所も多く、キングスチャペルやファニエルホールなど、授業の後はクラスメイトと出かけるスポットで溢れています。

ニューヨークの語学学校一覧

眠らない街ニューヨーク、人口は800万人を超えます。人が多く観光客働く人で溢れており、1日中多くの人でにぎわいます。最先端の発信地でもあるので色んな分野で刺激をうける留学生活になるでしょう。食に関しては移民の影響を大いに受けており、世界各国の料理のレストランが立ち並び色々な食が楽しめます。ベーグルやチーズケーキがとても有名です。

マンハッタン・ランゲージ

マンハッタン・ランゲージ

$235/週~

マンハッタンランゲージはニューヨークの中心に位置する語学学校で、1980年代に開講された語学学校です。クラスは徹底的に英語を学べるようにマンハッタンランゲージ独自の英語カリキュラムと少人数制で構成されています。
ニューヨーク・ランゲージセンター

ニューヨーク・ランゲージセンター

$145/週~

ニューヨークランゲージスクールでは授業料金がニューヨークの中では安めにで設定されています。誰でも気楽に学べる雰囲気や授業は留学生にとても人気が高い語学学校です。
【閉校】シュプラッハカフェ(ニューヨーク校)

【閉校】シュプラッハカフェ(ニューヨーク校)

$365/週~

ニューヨーク校はマンハッタンの中心地に位置し、校舎からミッドタウンやマディソンスクエア公園など、ニューヨークの名所と呼ばれる景色を眺めることができます。世界中から集まる生徒達と交流をする場所を提供します。
レナート(ニューヨーク校)

レナート(ニューヨーク校)

$275/週~

レナートニューヨーク校は1973年設立の老舗語学学校になります。世界40か国以上から生徒が集まり学校は活気ある明るい雰囲気です。1クラスの人数を最大12名と制限しているため、他の学校よりも少ない人数で勉強することができます。
ランゲージ・スタディーズ・インターナショナル・ニューヨーク(LSI)

ランゲージ・スタディーズ・インターナショナル・ニューヨーク(LSI)

$305/週~

LSIニューヨーク校はマンハッタンのソーホー中心地に位置します。学校の周辺にはチャイナタウン、グリーンウィッチビレッジ等が徒歩圏内。また美術館やシアター、ショッピングエリアがひしめき合う場所でもあります。

サンディエゴの語学学校一覧

アメリカのカリフォルニア州にある都市でロサンゼルスに続いて人口が多い都市です。気候はすごしやすく、自然とてもが豊かな都市で海、山、砂漠があります。海では、アザラシを見ることができたりもできます。 ロサンゼルスから車で2時間の距離なのでロサンゼルスまで観光にいったりと、そういった面でもとても立地的にも良いです。

 

メキシコとの国境の街になり、アメリカとメキシコの文化が融合する独特の雰囲気です。いろいろな語学学校があり、世界中から留学生が集まっています。

 

語学学校は大きく分けて私立語学学校と大学付属語学学校がございますので、順にご紹介していきます。

サンディエゴの私立語学学校6選

提供するコースが多種多様で、どんな目的で勉強するかに関係なく幅広い目的や年齢層の生徒に対応することが可能です。コースの開始日は毎週月曜日や隔週月曜日、月1回などのケースが多く受講期間は1週間~52週間などスケジュールに合わせて参加することができます。

 

レベル分けは多く通常6~12段階になっていて、クラスは少人数制が多いです。同じクラスに在籍している学生の英語力のバラツキは少なく、効率良く英語力をアップすることが可能です。私立語学学校に通うメリットとして独自のシステムやさまざまな教材を使用しており、質の高い英語教育を体験することができます。複数の場所に校舎が存在するので、希望に応じて転校することが可能です。

 

さまざまなサービスやサポート体制などがしっかりしているので便利です。滞在先としてホームステイが多く、学校が手配を行うケースがあります。交通の良い便利な場所に学校があり、放課後になると観光スポットに行きやすいです。学校スタッフが放課後やアクティビティなどを企画することが多く、気軽にいつでも参加できます。

①CEL:街の中心部にあります


サンディエゴにあるCELサンディエゴは、ダウンタウンの中心部に位置しています。サンディエゴの生活水準が高く、治安が良いことで知られています。日本からは直行便を李湯することができ、学校は街の中心部にあるので交通が便利です。大きいなショッピングモールを利用することができ、快適に生活することができます。

 

いろいろなコースがあり、一般英語コースの場合少人数クラスで個々のレベルや合わせて授業を受けることが可能です。TOEFL試験対策コースの場合、試験に精通する講師が受験するにおいて戦略を提供し、模擬テストを受けて高得点を取得するスキルを身につけることが可能です。いろいろなアクティビティを体験することができ、サンディエゴ動物園やメキシコ観光、シーワールドなどを見学することができます。

 

滞在方法についてホームステイは一人部屋で朝食や朝夕食付から選択することが可能です。レジデンスは一人部屋や相部屋で共同バスルームを利用することができます。シェアアパートは一人部屋や2人部屋から選択することでき、共同バスルームで食事は自炊です。費用はホームステイで空港出迎えありだと5,260ドルになります。

CELサンディエゴ(カレッジ オブ イングリッシュ ランゲージ サンディエゴ)

②コンバース:英語力を伸ばせます


コンバースサンディエゴ校はガスランプクォーターという、ダウンタウンの一角に位置しています。周辺にはいろいろなレストランやカフェなどが多く立ち並んでおり、地元住民で常に賑わっているエリアです。サンディエゴやサンフランシスコにセンターがあり。独自のカリキュラムや教材を使って常に質の高い教育を提供しています。

 

少人数制クラスを採用しており英語力の伸ばすことが可能です。世界各地からたくさんの留学生が訪れており、スタンダードの場合英語でのコミュニケーション力を効果的に向上することができます。会話力の向上に重きをおいていて、スピーキングやリスニング、リーディングやライティングなどを中心に構成されています。ロールプレイを通じて積極的に授業に参加でき、コミュニケーション力を自然に身につけることが可能です。

 

インテンシブの場合個人指導やランゲージラボに参加することができ、総合的な語学力を習得することができます。発音矯正や会話での実践的な文法、語彙やイディオムを学習することが可能です。上級レベルでは進学者向け準備コースがあり、進学相談を受けることができます。ホームステイやレジデンスを利用することができ、留学費用の見積もりとして5,545ドルです。

コンバース・インターナショナル・スクール・オブ・ランゲージーズ(CISLサンディエゴ校)

③カプラン:試験対策コースがあります


カプランインターナショナルサンディエゴ校は、ガスランプクォーター国立歴史地区に校舎があります。たくさんのレストランや店が建ち並ぶエリアで、陽射しに溢れ穏やかで多様な文化を体験することが可能です。いろいろなコースがあり一般英語コースやビジネス英語コース、TOEFLiBT試験対策やケンブリッジ試験対策を選択することができます。

 

さまざまなアクティビティがありサーフィンやダイビング、テニスやスキーなどを楽しむことが可能です。シーワールドやサンディエゴ動物園を見学したり、美術館などを見学できます。古き良きカリフォルニアの歴史を体験できるガスランプ地区にあるので、多くの観光客で賑わっているエリアです。ロサンゼルスやサンフランシスコ、グランドキャニオンやメキシコといった観光名所にも簡単にアクセスすることができます。

 

周辺にはカリフォルニア大学サンディエゴ校やサンディエゴ州立大学があり、エンターテイメントも反映されているエリアです。滞在方法についてホームステイや民間レジデンスを利用することが可能です。ホームステイの場合一人部屋や相部屋になり、8週間での留学の見積もり例として6,515ドルになります。

④LSI:モダンな校舎です


LSIサンディエゴ校は街の中心部にあり、周辺にはいろいろなレストランや店舗が数多く建ち並んでいます。交通の便も良く便利なロケーションで、動物園やコンサートホールなどの観光名所に歩いて行くことが可能です。モダンな校舎でゆったりとした教室があり、無料インターネットを利用することができます。パソコンルームでは学生専用パソコンを使用できたり、自習室や無料教材が完備されています。

 

セイリングやスノーケル、ビーチパーティやコンサートなどを体験することができ、無料やリーズナブルな価格で参加できる活動が多いです。タコスデーなどの食事を通した交流が多く企画されており、グランドキャニオンへ週末旅行したり航空ショー観戦など、いろいろな文化的なイベントを利用することができます。

 

滞在方法としてホームステイがあり、1人部屋でのホームステイを利用することが可能です。レジデンス&アパートの場合、一人部屋や二人部屋を選択することができます。共交通機関を利用すると30分で学校にアクセスすることができ、無料Wi-Fや共同キッチンなどを利用可能です。留学費用についてホームステイで空港出迎えありの場合、5,680ドルになります。

ランゲージ・スタディーズ・インターナショナル・サンディエゴ(LSI)

⑤EC:治安に恵まれています


ECサンディエゴは温暖な気候に恵まれており、ラホヤ地域に位置しています。高級住宅街が隣接しており、治安にも恵まれているエリアです。学校は明るい教室があり風通しの良いラウンジを利用できます。コンピュータ施設があり、テラスに座って休み時間や放課後などに友人とリラックスした時間を過ごすことが可能です。放課後はサーフィンやゴルフを楽しんだり、現地の人と交流可能なボランティア活動に参加できます。いろいろなアクティビティに参加し、カリフォルニアライフを体験することが可能です。

 

一般英語コースやビジネス英語コース、アカデミックイヤー/セメスターやケンブリッジ英検対策などがあります。TOEFL試験対策などを選択することが可能です。アクティビティではサンディエゴ動物園やラホヤの入り江、鯨ウォッチングなどに参加できます。

 

ホームステイは1人部屋になっていて、レジデンスは1人部屋か2人部屋を選択することが可能です。アパートホテルも利用することができ、1人部屋か2人部屋で共有バスルームを利用することができます。バスで45分ぐらいで通学することができ、留学費用は6,406ドルです。

⑥EF:ビーチの近くにあります


EFサンディエゴは都心部や地元のビーチの近くにあり、アライアント国際大学キャンパス内において受講することが可能です。広大な敷地にはプライベートプールがあり、校庭やカフェテリアなどが完備されています。学校からハイキングトレイルへアクセスすることができ、大学のキャンパスで勉強したかったり小規模クラスで自身のペースで英語を学習したい人におすすめです。

 

伝統的なアメリカの広大な敷地において、アメリカの学生ライフを体験することができます。学生ラウンジが完備されており、ガーデンエリアやスポーツセンターなども完備しています。最新IT技術を導入している学習環境になっていて、ラスベガスやグランドキャニオンなどに週末旅行を体験することが可能です。インテンシブ/ジェネラルコースやサマーベーシックコース、試験準備コースなどを選択することができます。

 

滞在形式はホームステイやレジデンスになり、英語コース開始日は一般コースの場合毎週月曜日です。留学費用について申し込みすると、詳細な情報などが記載されたパンフレットが郵送されるので気軽に相談することができえます。

サンディエゴの大学付属語学学校2選

大学付属の語学学校もあり、進学希望者を対象にするアカデミック英語コースなどを利用することが可能です。大学やコミュニティカレッジに進学を希望する人が受講しており、大学によって最終レベルを修了した場合自動的にTOEFL試験なしでも学部入学を許可する入学制度があります。

 

コース開始日は学校の学期に合わせており、2学期制大学なら年2回です。4学期制カレッジなら年3回か4回になります。受講期間も学期単位になるケースが多く、レベル分けについて初級や中級、上級など3段階~5段階程度と少ないです。クラスの生徒数は2名~40名と多く、英語力を総合的に伸ばすカリキュラムになっています。

 

ディスカッションやライティング、リーディングに焦点があてられており、上級レベルになるとノートの取り方や図書館の利用、レポート作成など進学した後に必要になるキルも学ぶことが可能です。キャンパス内に学校があり、大学のいろいろな施設を利用することができます。サークルに参加できるチャンスがあり、現地の学生と交流を図ることが可能です。学校によってキャンパス内の寮があり、滞在できるケースもあります。

①カリフォルニア大学サンディエゴ校:大学のキャンパスで学べます


カリフォルニア大学サンディエゴ校はアリフォルニア大学の一つで、ノーベル賞受賞者が講師になっています。インターナショナルプログラムでは大学単位履修コースを選ぶと、エクステンションコースはもちろん、大学の授業にも参加することが可能です。

 

エクステンションは留学生や現地社会人向けで、実践的なプログラムを実施する部門です。留学生向けプログラムとして英語コースや大学単位履修コースなどがあります。7~8月の夏休み期間中短期コースが設けられていて、長期プログラムでは4学期制3ヶ月毎に入学することが可能です。ダウンタウンから車で20分ほどの場所に位置しており、屈指の景観を誇るリゾートです。温暖な気候に恵まれていてリラックスした環境の中勉強できます。

 

各種英語コースが提供されており、期間は2週間や4週間、8週間になっているので組み合わせると12週間受講することも可能です。授業数は週15時間や週20時間、週25時間などのコースがあり、受講するにあたって学生ビザが必要になります。英語レベルは8段階あり、オンラインのテストを受け結果でクラスのレベルが決まります。留学費用は7,180~7,330ドルです。

UCSD付属語学学校(カリフォルニア大学サンディエゴ校エクステンション)

②サンディエゴ州立大学:付属英語学校があります


サンディエゴ州立大学のキャンパス内には、付属英語学校であるALIがあります。アメリカでも最大規模で質の高い英語教育を行っており、70か国以上から多くの留学生を受け入れている学校です。大学編入サービス部門があり、大学や大学院プログラム編入をサポートすることができます。

 

サンディエゴ州立大学は大学システムをリードする学校で、国際ビジネス学士課程のプログラムを提供しています。付属語学学校の学生には設備へのアクセスや、キャンパスライフに参加できる機会を提供しているので便利です。コミュニケーション集中英語の場合、さまざまなシーンにおいて役立つフォーマル且つコミュニケーション力の高い英語力を習得することができます。英語講師以外に英語を話すサポーターがいて、ネイティブとの交流が多いです。スポーツなどを楽しみながら英会話を上達することができたり、チューターや宿題ヘルプを利用することができます。

 

授業はコアクラスや補足クラスがあり、週18~23時間の授業を受講可能です。コアクラスではフォーマルやインフォーマルな英語力を身につけることができ、補足クラスでは実用的な会話スキルやアメリカ文化を理解することができます。費用は11,910ドルになります。

サンディエゴ州立大学付属語学学校

まとめ

サンディエゴはアメリカで唯一完璧な天候の街として選ばれたことがあります。年中湿度が低く暖かいので、2月以外雨はあまり降りません。日本からの直行便もあり、たくさんの語学学校が存在しています。アクセスするのに便利な街で、たくさんの留学生を受けいれている街です。

UCSD付属語学学校(カリフォルニア大学サンディエゴ校エクステンション)

UCSD付属語学学校(カリフォルニア大学サンディエゴ校エクステンション)

$289/週~

有名大学であるUCLAやUC Berkeley に修士学を目的に編入制度も設おり、準学士の学位取得も提供しています。コミュニティカレッジのキャンパス内で英語がしっかり学べることが最大の特徴です。
カプランインターナショナル(サンディエゴ校)

カプランインターナショナル(サンディエゴ校)

$345/週~

英語学習をしながら観光も満喫できる学校。サンディエゴ校には250人以上の学生が在籍しており、非常に活気に溢れています。また、学校近郊には観光スポットも多く、英語学習と観光を両立できるのも魅力的です。
CELサンディエゴ(カレッジ オブ イングリッシュ ランゲージ サンディエゴ)

CELサンディエゴ(カレッジ オブ イングリッシュ ランゲージ サンディエゴ)

$306/週~

30年以上の経歴をもったCELは、各国から集まる生徒に洗練された講師たちが英語を教えています。クラスは最大でも10名の少人数制なので、お互いの距離感が近く、講師とのコミュニケーションもしっかりと取れます。
コンバース・インターナショナル・スクール・オブ・ランゲージーズ(CISLサンディエゴ校)

コンバース・インターナショナル・スクール・オブ・ランゲージーズ(CISLサンディエゴ校)

$305/週~

1クラスの平均人数は最大で8名まで!少人数制クラスなので全ての生徒が積極的に授業に取り組んでいます。コースの開始日は毎週月曜日で、フレキシブルにコースを開始出来ます。また最短の期間は2週間からのご案内になっています。
CELサンディエゴ・パシフィックビーチ(カレッジ・オブ・イングリッシュ・ランゲージ・パシフィックビーチ)

CELサンディエゴ・パシフィックビーチ(カレッジ・オブ・イングリッシュ・ランゲージ・パシフィックビーチ)

$306/週~

南カリフォルニアでも有数のサーフィンスポットとして有名なビーチからたった300メートル、徒歩5分の場所に位置しています。学校にはサーフボードの保管場所もあり、サーフィンを楽しみたい方には最適の学校です。

酒井大輔

大学時代にアメリカ/カナダをバスで横断。ロサンゼルス、サンフランシスコ、シアトル、ワシントン、ニューヨークなど様々な都市を3か月かけて巡りました。カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)の付属語学学校に通った後、MBAに進学。家族と2年間サンディエゴで暮らしました。

カウンセラーに質問

【オレンジカウンティのおすすめ語学学校】特徴や授業料を紹介

オレンジカウンティはロサンゼルスの南にあり、オレンジカウンティの魅力は街がきれいに保たれています。安心安全で暮らしやすく、アメリカ人から人気のあるエリアです。多種多様な語学学校が設置されており、世界中から多くの留学生が集まっています。

オレンジカウンティで語学学校に通うメリット

メリット①魅力的な街を体験できます

オレンジカウンティは豪華なヨットが並んでいて、美しいビーチタウンとして有名です。いろいろなテーマパークがあり、名所の所在地として知られています。ディスニーランドリゾートはロサンゼルスから車で約1時間の距離になり、サンディエゴから2時間の距離です。ナッツベリーファームなどもあり、エキサイティングな施設が多く集まっています。特別な買い物体験を約束しているコスタメサのプラザに出かけたり、ハンティントンビーチでは地元サーファーの一員になって楽しむことが可能です。海辺の回転木馬もあり、幅広い世代の人が楽しめる場所になります。トラムに乗るとユニバーサルスタジオに行くことができ、映画の舞台裏を見学することが可能です。

メリット②生きた英語を身に付けます

留学の種類はいろいろあり、語学学校を利用したり働きながら勉強できるワーキングホリデーなどもあります。インターンシップやボランティア活動しながら、語学を学ぶことが可能です。語学学校にはいろいろなメリットがあり、基礎から英語を学ぶことができます。日本国内の英会話教室でも学習することができますが、アメリカ語学学校で得られる経験とは異なります。留学先の人々や文化などに触れることによって、生きた英語が身に付けることが可能です。ホームステイの場合現地の人と生活することによって、英語に触れる機会を増加することができます。語学学校はいくつか種類があり、私立の独立したものと大学に付属するタイプがあります。基本的に誰でも入学することができ、英語のレベルは問われません。

メリット③寮などを利用できます

語学学校では入学時において、英語のテストがあり成績にそってレベルに合ったクラスを利用することが可能です。少人数クラスで学べることが多く学校によって異なりますが、10~15名が一般的です。同じ学校でもレベルによって一クラスあたり生徒数が異なり、レベルが合わない理由からクラスを変更してもらうこともできます。滞在先としてホームステイや学生寮があり、家庭でお世話になったり学校が用意した寮を利用することが多いです。ホームステイは現地の家族と生活を共にすることになり、英語に触れる機会が増加します。学生寮の場合他の生徒と交流することができ、友達を作りやすいです。

LSIは進学コースがあります


LSIオレンジカントリー語学学校はカレッジ進学プログラムあり、午前や午後、夜間を選べる登校時間です。キャンパス主催のいろいろなアクティビティが豊富で、ロサンゼルスでも最大規模の語学学校になります。静かな場所に位置しておりディズニーランドにも近く、日本人率は年間を通してやや低めです。日本語を使わない環境において英語を勉強するには良い環境で、ACCETにより認定されているプログラムはリーズナブルな授業料になります。いろいろなロケーションで提供されており、たくさんの大学と提携しているので、TOEFLスコアなしでも入学許可を得ることが可能です。学習プログラムに参加したり、豊富なアクティビティが開催されているので教室外でも英語力をアップすることができます。

ランゲージ・スタディーズ・インターナショナル(LSI)

FLSは編入できます


FLSインターナショナルサドルバックは、アメリカで最も安全な都市になっているカリフォルニア州ミッションビエホにあります。FLSサドルバックは3万人の学生が通学していて、多くの学生は近くにあるカリフォルニア州立大学の4年制大学へ編入することが多いです。サンディエゴやロサンゼルスなどの近くにあり、観光スポットのディズニーランドまで20分程度で到着することができます。好立地に位置しており、温暖な気候の中のんびりと英語力を向上したい人にぴったりの環境です。カリフォルニアで最も美しいとされるラグナビーチまで自動車20分で到着し、放課後のアクティビティも充実しています。

FLSインターナショナル(サドルバックカレッジ校)

ランゲージシステムでリーズナブルです


ランゲージシステムオレンジカウンティ校は、ロサンゼルスから1時間のオレンジ郡に位置していますアメリカのヒットドラマの現場として知られており、いろいろな映画やドラマなどの撮影に利用されているエリアです。学校はオレンジカウンティの北部に位置していて、ディズニーランドやエンジェルスの球場が付近にあります。格安の授業料で利用することができ、アメリカの平均的な学校と比べると費用が安いことが特徴です。留学生は基本的にアルバイトできないので、留学費用を抑えることができます。長くアメリカで学習したい人におすすめで、一般英語コースやTOEIC対策コースなどに参加することが可能です。会話特化コースなどがあり、コースは基本的に週18時間で、学校以外の時間も確保できます。

【LSI体験談】30代からのロサンゼルス/オレンジカウンティ留学

AOIでは様々なコースを提供します


AOI アーバインは語学学校で、留学生に対してアメリカの慣用的な英語を理解してもらうことによって、アメリカ文化に親しむことを目的にした英語プログラムです。語学研修で学習したことをビジネスシーンや進学など、それぞれの目的にいかすことができます。TESOLやTOEFL準備クラスがあり、6段階のレベルを提供しており入門者から上級者まで利用することが可能です。AOI には週25&30時間コースやTOEFL 準備コース、英語教授法コースなども用意しています。進学希望者はカウンセリングを受けることができ、会話パートナーを手配しています。アメリカ文化を体験したり交流するなど、英会話の実用の場としてフィールドトリップを利用することが可能です。

AOIカレッジ

アーバイン校は総合力をアップします


カリフォルニア大学アーバイン校は、集中英語プログラムを提供しています。大学進学やキャリアアップなど、総合的な英語力を向上をすることが可能です。コミュニケーション力の向上を測ることができる会話と文化コースや、ビジネス英語コースなどを選択することができます。世界30カ国からたくさんの人が集まっており、教師は大学院卒レベルのスタッフで構成されています。TOEFLやIELTSなどのテスト対策に有効なカリキュラムで、現役学生と会話する機会が多いです。アーバイン校へ条件付きで入学することができ、条件として集中的な学習を条件に学部合格を保証しています。レベル6を修了した学生は、アーバイン校からスコア提出が免除されるので便利です。

カリフォルニア大学アーバイン校付属語学学校(UCI)

AFLはバランス良く学習できます


AELS ロサンゼルスブレアは、カリフォルニア州のロサンゼルス郊外にある語学学校です。1クラスは平均5~6人で最大8人という少人数制になります。英会話やライティング、文法やリーディングなどのスキルをバランス良くアップすることができ、6段階レベルが提供されています。英語入門者や上級者など誰でも入学可能で、住まいの確保は学生自身で行うことになります。ホストファミリーの紹介もあり、スモールタウンで治安が良好です。インターンシップを体験することができ、さまざまなコミュニティカレッジやフィルムアカデミーなどとパートナー関係にあります。最上級レベルを修了した学生の場合、これらの学校に出願したい場合TOEFL スコアなどの提出が免除されるので便利です。

Cypressは郊外にあります


Cypressカレッジは大学施設や図書館、事務局などへのアクセスが抜群で、小規模校で英語に集中することが可能です。2年制コミュニティカレッジになっており、オレンジカウンティ郊外のアジア人街の近くにあります。カレッジの特徴として4年制編入に必要な基礎的なカリキュラムの取得を行うことが可能です。いろいろな職業的プログラムがたくさんあり、幅広い分野から自分に最適なプログラムを見つけることができます。いろいろな料理やホテル、レストラン経営や航空・旅行関係などがおすすめです。学校が定めている語学学校で英語を養うなど、いろいろと条件入学があります。

Cypress College(サイプレス・カレッジ)

まとめ

オレンジカウンティはアメリカ・カリフォルニア州の南部の郡で、ディズニーランドがあります。南カリフォルニア海岸部に位置するハイテク研究地域の中心地で、いろいろな語学学校があるので自分に合った学校を選択することが可能です。

呑村紗也佳

アメリカの語学学校・コミュニティカレッジを卒業。私にとって海外留学は、「それまで持っていた常識や当たり前を180度覆し、価値観がぐんと広がった」そんな経験でした。もともと留学や海外に興味はなかったですが、両親が留学を勧めてくれたのをきっかけにオーストラリア・カナダ・アメリカで計4年ほど海外生活を送りました。

カウンセラーに質問

アーバインの語学学校一覧


アーバインはロサンゼルスサンディエゴの間に位置しています。アーバインは人口約20万人程度の市です。 より安全で低い犯罪発生率で有名な都市と知られています。高い水準の教育機関や数多くの大手日系企業もオフィスがあります。

ポリーランゲージインスティチュート(アーバイン校)

ポリーランゲージインスティチュート(アーバイン校)

$172/週~

ポリーの授業料はカリフォルニアの中でもとても安く、1週間あたり100ドル代で通うことができます。学校周辺にはカリフォルニア大学(UCI)のアーバインキャンパスもあるため、学生が多く、勉強に集中できる環境が整っています。
カリフォルニア大学アーバイン校付属語学学校(UCI)

カリフォルニア大学アーバイン校付属語学学校(UCI)

$400/週~

英語を基礎から学びたい生徒の為、進学をしたい生徒の為、将来の職業の為に英語を伸ばしたい生徒の為、UCIは様々な目標を持つ生徒をサポートしています。現地の学生との交流やアクティビティを通じ、生きた英語を学べます。
FLSインターナショナル(サドルバックカレッジ校)

FLSインターナショナル(サドルバックカレッジ校)

$289/週~

カリフォルニア州ミッションビエホに位置する大学内にある語学学校です。オレンジカウンティは米国でも安全な都市としても有名で、ディズニーランドなどの娯楽施設や観光地も近く快適で楽しい学生生活を送ることができます。
LASC(アーバイン校)

LASC(アーバイン校)

$112/週~

LASCは1982年に創立した歴史と信頼のある語学学校として知られています。学生の年齢層は他の語学学校と比べると比較的高めで、進学を目指す方やアカデミックな英語を学びたい方、社会人留学を検討している方にお勧めです。

ポートランドの語学学校一覧


ポートランドはオレゴン州の都市で、いろいろな語学学校があります。さまざまな英語プログラムを提供していて、大学やコミュニティカレッジなどの進学を目指す人が多いです。初級レベルから参加することができたり、試験対策コースなどを利用することができます。

ポートランド留学のメリット①コンパクトで住みやすい街です

オレゴン州の最大都市であるポートランドは、他の大都市と比較すると自然に溢れており、コンパクトに纏まった住みやすい街です。環境問題に力を入れており、公共交通機関が充実しています。自転車や歩行者などに配慮された設計で、路面電車のマックスは便利です。マックスに乗るとポートランド国際空港から街中、近郊の街までアクセスすることができます。

 

アメリカでは消費税が5~9%くらいかかりますが、オレゴン州の場合消費税がありません。表示価格がレジで支払う金額になり、買い物すると他の州よりもお得です。日本でも人気のあるスポーツブランドの本社もあり、日本人留学生も多く過ごしやすいエリアになります。

アメリカでの留学費用目安を解説!物価や節約術までまるわかり

ポートランド留学のメリット②季節毎のアクティビティがあります

オレゴン州にはいろいろな観光スポットがあり、海岸沿いを走るルート101を運転すると自然豊かなさまざまな景色を楽しめます。切り立つ断崖やシーライオンの繁殖地、シトカエゾマツの原生林などを見学することが可能です。北アメリカ最大級の沿岸砂丘など、景色の圧倒されるでしょう。ルート101沿いにはたくさんの州立公園があり、キャンプをしながら1週間ぐらいかけてドライブを楽しむ人が多いです。

 

マウントフッドは秋から春にかけてウインタースポーツを楽しめたり、夏はハイキングやカヤックなどいろいろなアクティビティを体験できます。クレーターレイク国立公園は国立公園で、美しいカルデラ湖を見ることが可能です。放課後もさまざまなアクティビティを堪能できます。

アメリカ留学中におすすめの『観光スポット』を都市別に紹介!

ポートランドイングリッシュランゲージアカデミー

特徴①試験対策コースがあります

ポートランドイングリッシュランゲージアカデミーは、ダウンタウンにおいて便利な留学生活を送ることができます。授業料がお得で長期留学には最適です。無料会話クラスで、スピーキング力をアップすることが可能です。チューターによる質問は無料で対応しており、IELTS集中特訓コースを利用することができます。

 

もともと専門学校付属語学コースとして開始し、その後語学学校になりました。現在はショッピングモールに校舎を構えており、4週間単位での学期制になります。コース開始日や受講期間などは4週間毎の学期に合わせており、TOEICやIELTSなどのテストセンターです。TOEIC対策やIELTS対策コースなどもあり、英語のトレーニングを積むことができます。

特徴②気軽に授業に参加できます

アカデミーがホームステイ先を細かく選んだり、独自の学生ハウスなどを保有しています。ポートランドは滞在費を安く抑えることができ、授業料もリーズナブルな設定です。コストを抑えながらアメリカ留学したい人に向いています。一般英語コースは17時間レッスンや20時間レッスンなどがあり、学生ビザが必要な場合週20時間レッスンがおすすめです。

 

週10時間までカンバセーションやチューターセッションなどを追加できます。カンバセーションは毎日実施されており、アメリカ文化について学習することが可能です。リスニングやスピーキングなどの強化を図ることができ、チューターセッションの場合予約なしで英語学習を質問できます。費用について1学期は945です。

Portland English Language Academy(ポートランド・イングリッシュ・アカデミー)

ELS

コンコーディア大学内のキャンパスで学べる

ELSポートランドはコンコーディア大学内になり、大学キャンパスで学ぶことが可能です。アメリカの大学やコミュニティカレッジと多数提携しており、アカデミック英語が強いです。大学進学サポートサービスを利用することができ、大学の設備を利用できます。

 

TOEFLやIELTSなどのテストセンターになっており、試験の際慣れた環境で受験可能です。ELSは大きなネットワークを持つ学校で、独自のカリキュラムや教材などを開発しており、質の高い英語教育を受けることができます。カレッジや大学への進学に取り組むことができ、さまざまな英語教育プログラムを提供することが可能です。

アメリカ全土のカレッジ・大学への編入制度

ELSポートランドはコンコーディア大学はもちろん、アメリカ全土のカレッジや大学などと提携しています。進学英語プログラムについて一定以上レベルでカリキュラムを修了した場合、TOEFL免除で大学やカレッジに入学することが可能です。在籍中は大学やカレッジへの進学を目指す人に対して、いろいろな進学サポートを提供しています。会話パートナーシップなどを通じて、学生やアメリカ人と触れ合うチャンスも多いです。英語レベルは12段階に分かれており、各英語レベルに適した区分分けが可能です。1クラスは最大15名までで、授業は4週間1セッションで受講開始日が指定されています。基本は4週間毎で受講することになり、費用は4週間(1ヵ月)で1,384ドルです。

オレゴン州立大学INTO

大学施設を利用できます

オレゴン州立大学にあるINTOはキャンパス内において、英語教育や進学準備コース提供しています。もともと大学付属英語教育センターで、オレゴン州立大学のジョイントベンチャーです。いろいろな学生の受け入れや滞在施設手配などを行っており、英語教育は大学の教師が担当しています。

 

コーバリスという町にあり、中心都市のポートランドから自動車で2時間です。オレゴン州立大学は広大なキャンパスで、学生寮など滞在施設やカフェテリアといった施設を利用できます。快適な留学生活をおくることができ、スポーツなどアクティビティを体験可能です。観光地などへ小旅行を企画しており、楽しみながら学習することができます。

ホームステイを利用できます

INTOではオレゴン州立大学に編入したい人に対して、丁寧に相談にのり進学へのアドバイスを提供しています。進学準備プログラムを規定成績で修了した場合、大学の学部や修士課程などに進学することが可能です。滞在施設として大学内の学生寮があり、コーバリス市内や近郊においてホームステイを手配しています。大学に準じて9月に料金変更が行われ、保険規定などが適応されます。

 

一般英語コースの場合英語能力の証明が必要なく、1セッション5週間で授業を利用可能です。アカデミック英語の場合大学や英語圏大学で必要になるスキルや、学習スキルなどを習得できます。英語能力証明などは必要なく、アカデミック英語が受講可能です。費用は5週間で2,550ドルになります。

まとめ

オレゴンにはいろいろな語学学校があり、大学進学のサポートも行っています。TOEFLなどの試験スコア免除で、大学やカレッジに進学することが可能です。進学を見据えるなら、オレゴンで有意義なレッスンを受講することができます。

ポートランドの語学学校一覧

南メイン大学付属語学学校

南メイン大学付属語学学校

$261/週~

クラスは少人数制で豊富な経験を持つ教師陣、マンツーマンを無料で受ける事が出来るオプション付き。ESOLプログラムは、第一言語が英語ではない人々が急速に力を付ける為に作られました。
カプランインターナショナル(ポートランド校)

カプランインターナショナル(ポートランド校)

$345/週~

ポートランド校は小規模でアットホームです。ゆっくりと落ち着いた街で、集中して英語を学ぶことの出来る環境で、学校スタッフは生徒一人ひとりの顔を覚えており、とてもフレンドリーで生徒と講師との距離が近いことも特徴です。

永井将馬

オーストラリアのメルボルンにワーキングホリデーで渡航しました。メルボルンでは語学学校で一般英語を学び、市内にあるユニクロでアルバイトを経験。その後、サンフランシスコにて留学し、ホームステイで様々な国から来ている留学生と交流を楽しみました。

カウンセラーに質問

シアトルの語学学校一覧


シアトルはアメリカで住みやすい街ランキングにおいて、常に上位にランクインする都市です。日本人にとって暮らしやすい条件などが整っており、たくさんの日本人が生活しています。いろいろな語学学校が設立されており、4年制大学に編入する人も多いです。

シアトルは人気の留学先です

シアトルはワシントン州では最大の都市ですが、ニューヨークなどと比較するとコンパクトな街です。白人やアジア人・黒人などいろいろな人種が暮らしており、エリアによって日本人が多く居住するところもあります。英語がメインになっていますが、公用語として定められていません。シアトルの20%の家庭では、英語以外の言語が使われています。多民族国家の街になっていて、シアトルにはたくさんの日本企業が進出しています。

 

仕事の関係で滞在する日本人は比較的多めで、ノースウエストエリアでは日本人の永住者も増加中です。英語環境だけの留学生活を送りたいなら、日本人の少ないところを選んだり学校の日本人比率などもチェックしておくと便利です。ワシントン州は治安が良く、ダウンタウンなどは治安が安定しています。日本と同じく事件は多く、置き引きや車などを狙った窃盗事件が多いです。留学中は身の回りの貴重品などをきちんと管理しなければなりません。シアトル日本国総領事館は公式ページを持っているので、詳細な情報や安全対策などを公開しています。事前に目を通しておき、最低限の備えをしておくと安心です。

シアトル日本国総領事館

シアトルで留学する5つのメリット

①日本からアクセスが良い

シアトルのイメージについて、有名コーヒーチェーン店の1号店がある街を思いつく人も多くいるでしょう。コーヒーがおいしい街として有名なシアトルですが、留学にもおすすめのポイントが多いです。シアトルは日本から最も近いアメリカの都市で、9時間ほどのフライトで到着することができます。アメリカ行きの場合乗り継ぎが必要なエリアが多いですが、シアトルの場合直行便があるので便利です。

②公共交通機関が充実

シアトル市内はいろいろなバスや電車といった、交通機関が充実しています。バスではメトロ(公共バス)やラピッドライド(急行バス)、エキスプレスバスなどを利用することが可能です。シアトル市内を移動するのにスムーズに利用することができ、シアトルは日本人移民が移住したことがある都市になります。

③日本食も豊富に手に入ります

現在インターナショナルディストリクトと言う地区には、日本のスーパーマーケットやレストランなど、日本の店舗が多く並んでいます。日本の商品を手軽に購入することができるので、留学生にもおすすめの街です。比較的リーズナブルな料金で生活必需品を購入することができ、ニューヨークなどの都市部と比較すると治安が良いです。

④大企業の本社が多くあります

シアトルはアメリカでも有数のビジネスの街で、いろいろな世界的大企業の本社が設置されています。シアトル発祥のコーヒーチェーン店やIT企業、大手通販サイトや販売店など名立たる企業が揃っているエリアです。シアトルはビジネスが盛んなので、インターンシップ制度が多く実施されています。英語を学びながら働きたかったり、将来的に国際的なビジネスシーンで働きたい人に向いており、シアトルで大規模ビジネスを経験することができるでしょう。アメリカではJ-1ビザを利用すると、無給でのインターンシップを体験することができるので活用する人は多いです。

⑤郊外は自然豊かです

雄大な自然を満喫することができ、郊外に足を伸ばすと自然を体験することができます。シアトルは自然の宝庫でもあり、エメラルドシティとも呼ばれています。レーニア山の山並みや豊かな緑が美しいマウントレーニア国立公園などを見学することができ、オリンピック山脈が連なるオリンピック国立公園など、絶景が見ることが可能です。シアトル近辺にはいろいろなハイキングやトレイルを楽しめるスポットがあり、休日はさまざまなアクティビティを体験することができます。

私立語学学校と大学付属語学学校の違い

シアトルは私立と大学附属の語学学校があり、私立語学学校の授業料について1カ月15~16万円が目安です。大学附属語学学校の場合、学期制と共に3か月以上スケジュールが組まれているケースが多いでしょう。例えば集中英語プログラム(3か月)は約33万円で、集中英語プログラム(9か月)は約100万円です。さまざまなプログラムが開講されており、私立語学学校で学ぶか大学附属語学学校を通学するかによって、期間が変わってきます。計画を立てる際スケジュールをよく確認しておき、授業料も事前にチェックすることをおすすめします。

 

生活面ではシアトルの物価はアメリカの中でもやや高めですアメリカの生活コストは上昇傾向にあり、アメリカは外食費が高く設定されているので外食生活ばかり続けていると、出費が大きくなるかもしれません。支出を抑えるにはいろいろな食費や日用品などの購入について、節約することができるかポイントになります。スーパーマーケットでは食料品が安く購入することができるので、自炊中心の生活を行うと節約することが可能です。クーポンを利用すると節約も繋がるので積極的に使うことをおすすめします。

アメリカの大学付属語学学校一覧

カプラン:多くの学生が通っている大規模校


シアトルにはいろいろな語学学校があり、カプランインターナショナルランゲージシアトル校があります。総合的に英語力をアップできる授業構成で、レベルアップ保証制度を利用することが可能です。テキストやオンライン教材、学習クラブなどが連動しており学習を支援しています。授業料や滞在費がお得になる長期プランを利用することができ、ウォーターフロントのすぐ近くに校舎があるので便利です。大企業の本社があるシアトルは一年を通して温暖な気候で、アメリカでも緑が豊かな都市になります。

 

カプランは国籍のバランスが充実していて、一般英語や試験対策コースなど幅広く利用することが可能です。カプランのK+ラーニングシステムの場合、独自に開発した教材やオンライン学習のメリットを統合したカリキュラムになります。効率良く英語を習得することができ、一般英語コースでは英語レッスンや有意義な自由時間を満喫できるコースです。英語クラスはリーディングやライティング、リスニングやスピーキングなどに焦点を当てており、コミュニケーション力を向上するための生徒参加型授業になります。復習したり応用問題をオンラインで学習することができ、授業料は1,800ドル(4週)です。

ELSはきめ細かな指導を行います


シアトルの語学学校として、ELSランゲージセンターシアトル校があげられます。経験豊富な講師によって、きめ細かな指導を受けることが可能です。中心部からのアクセスが良く、便利な立地が魅力的です。世界中から集まるクラスメイトと一緒に、キャンパスライフを過ごすことができます。国際教育を牽引しており、ダウンタウンの近くにあるおしゃれなCapitol Hillに位置する学校です。徒歩圏内にはマーケットやスタジアム、買い物スポットなどがある便利な立地になります。

 

週末になるとポートランドやバンクーバーなどに足を伸ばし、いろいろなアウトドアを楽しむことが可能です。さまざまな国のレストランがあるので、ランチやディナーを楽しむことができます。セミインテンシブ英語プログラムの場合、リスニングやスピーキング、発音や語彙などを学ぶことが可能です。正確且つ効果的で円滑なコミュニケーションのため、言語スキルを身に付けることができます。教室の外でも実際使うチャンスがあり、いろいろなレベルで構成されています。学力や興味の対象などが似ている学生が同じクラスで学習できるよう、クラス分けされるケースも多いです。授業料は1,448ドル(4週)になります。

ALPSは個人指導を受けられます


ALPS Language Schoolはシアトルにあり、少人数制クラスを利用することが可能です。プライベートレッスンを利用して、個人的な指導が受けることができるので便利です。トレーニングを受けたスタッフが英語学習をサポートしており、フレンドリーに接しています。いろいろなコースがありスピーキングやリスニング、ライティングや読解などに力を入れています。発音やテスト対策など個人ニーズに重点をおいたものや、個人レッスンなどを受けることが可能です。しっかりと会話力を身に付けたい人におすすめの学校になります。

 

シアトル中心部に位置する比較的小さな語学学校で、クラスサイズが小さくさまざまなカリキュラムを組み込んだクラスもあります。学費は半日840ドル/月で、全日1,090ドル/月です。少人数の授業が特徴的で、クラスメートとも親しくなることができます。小規模ならではのメリットがあり、その分会話を行う機会も増えるでしょう。会話力を上げたかったり、友人を作りたい人におすすめの学校です。リーズナブルな料金で利用することができ、気軽に相談することができるアットホームな雰囲気があります。

ESLコースを受けられます


大学生活を体験したいなら、シアトルのNorth Seattle Collegeがおすすめです。8,500人の生徒をかかえる都市でも、大規模なキャンパスにあるESLコースになります。いろいろなメリットがあり、リーズナブルな価格や現地アメリカ人とキャンパスライフが送ることが可能です。学校はダウンタウンからは20分ほどの場所なり、治安の良いエリアに位置しているので安心です。学費は半日900ドル/月になっており、大学が提供するESLコースを利用することができます。

 

現地の大学生と一緒にキャンパスライフを過ごすことが可能です。気軽に相談できる雰囲気があり、他の主要都市と比較すると比較的リーズナブルな学費になります。いろいろな大学生と交流するチャンスが多く、さまざまな人種の人とも知り合うことが可能です。郊外に位置しているのでシアトル市内へ行く場合少し不便になるかもしれませんが、バスなどの公共機関を使うとアクセスすることができます。シアトルはさまざまな観光スポットがあり、学習はもちろん遊びにも豊かな環境です。留学先としてシアトルを選ぶ人は多く、素敵な時間を過ごすことができます。

自然に囲まれています


シアトルで安定のブランド力やのんびりとした生活を送りたいなら、EF International Seattleがおすすめです。EFシアトル校はシアトルから90km離れたワシントン州のオリンピアにあり、エバーグリーン州立大学の中に位置しています。EF校は1000エーカーという美しい森林があり、レーニア山などの山脈を見ながら勉強に励むことが可能です。学費は半日319,600円/月で、全日は331,600円/月になります。

 

ワシントンの州都にあるので放課後のアクティビティも充実しており、いろいろな観光スポットに気軽にアクセスすることが可能です。大学内に設置しているのでアメリカのキャンパスライフを体験したい人に向いています。学校の周りは自然に囲まれており郊外ということもあるので、静かな場所で学習したい人におすすめです。学費がやや高く設定されていますが、さまざまなコースを選択することができます。周りに自然が多いので遊びよりも、学習に集中できる環境です。他の州へは日帰りツアーなどに参加することができ、日本食レストランなどを気軽に利用することができます。

まとめ

シアトルはアメリカでも住みやすい街で、たくさんの日本人が暮らしています。シアトルにはいろいろな語学学校があり、さまざまなプログラムを選択することが可能です。4年制大学に編入したりインターンシップに参加するなど、将来に向けた取り組みを行うことができます。

 

シアトルにはアメリカ名門大学のワシントン大学やシアトル大学などもあり、語学学校から4年制大学に入る人も多いです。英語やいろいろなスキルを身に付けることによって、将来の仕事にいかせる経験を積むことができます。

カプランインターナショナル(シアトル/ハイライン校)

カプランインターナショナル(シアトル/ハイライン校)

$345/週~

シアトル/ハイライン校は現地の2年制大学、ハイラインカレッジのキャンパス内に学校があるため、英語を学ぶことだけでなく現地の大学生と交流し、アメリカの大学生活を実際に経験することもできます。
カプランインターナショナル(シアトル ダウンタウン校)

カプランインターナショナル(シアトル ダウンタウン校)

$370/週~

カプランシアトル校はシアトルのダウンタウン中心地にキャンパスを構える大規模な語学学校です。最新設備とモダンなデザインの校内で英語を徹底的に学びます。カプランならではの豊富な学習環境と学習機会を多くの学生に提供しています。

永井将馬

オーストラリアのメルボルンにワーキングホリデーで渡航しました。メルボルンでは語学学校で一般英語を学び、市内にあるユニクロでアルバイトを経験。その後、サンフランシスコにて留学し、ホームステイで様々な国から来ている留学生と交流を楽しみました。

カウンセラーに質問

ハワイの語学学校一覧


アカデミア・ランゲージ・スクール

アカデミア・ランゲージ・スクール

$138/週~

アカデミアランゲージスクールは、ハワイで初めての語学学校として1969年に開校した最古のスクールです。幅広い選択クラスが特徴でそれぞれの目的やゴールの合わせて授業をカスタマイズすることができます。
ハワイ大学付属語学学校

ハワイ大学付属語学学校

$309/週~

ハワイ大学マノワ校は1907年に設立されたハワイのホノルルに位置する州立大学です。ウエストオアフ校やハワイ島にあるヒロ校、短期大学と構成するハワイ大学システムの中核を担っている大学でもあります。
インスティチュート・オブ・インテンシブイングリッシュ・ハワイ

インスティチュート・オブ・インテンシブイングリッシュ・ハワイ

$240/週~

IIEハワイはワイキキのど真ん中でビーチやレストラン、ショッピングセンターも徒歩圏内にある学校です。生徒からの評価が高い語学学校として栄誉ある賞を受賞したこともある学校で、ハワイでは珍しく国籍制限も設けているのも特徴です。
ハワイ・パーム・イングリシュ

ハワイ・パーム・イングリシュ

$265/週~

全校生徒は平均して50名程度の小規模学校でアットホームな雰囲気の語学学校です。クラスの平均人数は5名とかなりの少人数制の学校で、短期留学のみを受け付けており学生ビザなしで留学が出来ます。
セントラルパシフィックカレッジ

セントラルパシフィックカレッジ

$174/週~

ハワイ、ホノルルの豊かな気候にある語学学校です。ハワイという治安のいいロケーションで小さな子供から大人の方まで広い年齢層が英語学習できるプログラムがあります。