UCLAに多く編入しているコミュニティカレッジTOP10


日本人にとても人気の高い大学のであるUCLA(カリフォルニア大学ロサンゼルス校)ですが、入学するのは簡単でなく授業料も安くはありません。そのため、まずカリフォルニア州のコミュニティカレッジ(公立の二年生大学)に入学してから3年生で編入するのが通例となっています。

 

この記事では、UCLAへの編入数が多いコミュニティカレッジTOP10をご紹介します。

第1位 Santa Monica College


コミュニティカレッジでUCLAに編入した学生が最も多い学校はサンタモニカカレッジです。サンタモニカカレッジは、カリフォルニア州4年生大学への編入者が過去十五年間にわたって最も多いのが特徴です。

 

毎セメスター約2万5千名の生徒が入学するマンモス校であり、90以上の豊富なカリキュラムがあります。交通の便が良くロス屈指の繁華街のサンタモニカに近い最高の立地条件になります。なかやまきんに君やシュワルツェネッガー等の有名人も出身だったりします。

サンタモニカカレッジ

第2位 Pasadena City College


ロサンゼルス郊外のヒスパニック学生が多いコミュニティのパサデナシティカレッジですが、お洒落で閑静な住宅街の立地。アメリカでの生活を楽しみながら勉強を楽しみたい方には最適なカレッジ。

 

60のプログラムがありで、ビジネスに流通、経営や児童教育にコンピューター、美容やホスピタリティ、ジャーナル、プロダクトデザインにシアターなどを学べます。

 

ロサンゼルスからバスで40分ほどの距離で、学生寮はありません。英検で入学試験を受験できるコミュニティカレッジになります。

Pasadena City College(パサデナ・シティ・カレッジ)

第3位 Pierce College


UCLA編入率第3位のピアスカレッジですが、ロサンゼルスにあります。ピアスカレッジは、他の州にも同名の学校が有るので注意が必要です。

 

夏期講座もありますが、運動科学や経営管理にビジネス、コンピューターやプログラミングに国際学等が学べます。大都市に近い安全なキャンパスとして有名です。

 

入学には英検準一級程度の高い語学力が求められております。野球選手が卒業生に居たりします。

 

全米各地の大学に編入をしていることもあり、学力レベルの高さが窺えるコミュニティカレッジです。太陽光発電システムで環境設計に優しい建物です。

Pierce College

第4位 Glendale Community College


グレンデールコミュニティカレッジはロサンゼルス郊外にキャンパスがあります。自然に囲まれていてカレッジの周りは緑で治安がよいので、ファミリーからも人気になります。大型ファッションモールもあるので、生活は便利な地域ですね。

 

日本人留学生が少ないことや留学費用が安いことから人気です。また、留学生専用のカウンセラーが常駐しています。

Glendale Community College(グレンデール・コミュニティカレッジ)

第5位 El Camino College


カリフォルニア州トーランスにキャンパスがあります。周囲には日系企業が多く、日系マーケットも存在しています。マンハッタンビーチにも気軽に足を伸ばすことができる留学施設です。

 

質の高い教育やリーズナブルな授業料、景色も綺麗であることと、温暖な気候と気温であることが特徴です。アジア圏からもかなり留学者が多いコミュニティカレッジになります。

 

プログラムは幅広く、心理学や健康科学に会計学や建築に美術、コンピューターやダンスにファッションやコスメティックスなども学ぶことができます。

El Camino College(エルカミノ・カレッジ)

第6位 Orange Coast College


カリフォルニア州アーバインにキャンパスがあります。国籍別に留学生の学生数を見ると、日本がトップで次がベトナムです。、韓国とアジア圏の国からの留学生もかなりいます。

 

ディズニーランドまで10分の距離にあり、1年中過ごしやすい気候も魅力になります。商業施設は少し遠いので、車が無いと不便ではあります。

 

南カリフォルニアで二番目の大きさを誇る規模の大きさや、クラブ活動もかなり活発なのが特徴になります。

Orange Coast College(オレンジコースト・カレッジ)

第7位 De Anza College


カリフォルニア州サンノゼにキャンパスがあるコミュニティカレッジです。サンノゼはAppleなどIT企業の成長とともに発展した地域です。学校名はスペインの探検家のフアン・パウティスタ・デ・アンザにちなんで名付けられました。

 

滞在方法はアパートを借りるかホームステイです。働きながらの学生も少なくない学校ですが、UCLAやUCBへの編入生も多いカレッジです。男性よりもやや女性のほうが多いコミュニティカレッジになります。

De Anza College(デアンザカレッジ)

第8位 Mt. San Antonio College


第8位のマウント・サン・アントニオ・カレッジは、カリフォルニア州アナハイムの郊外にあります。日本の桜美林大学と少人数グループでのオンライン国際交流を始めています。

 

オリンピックサイズのスイミングプールがあり、農場もあります。野生生物保護区もあり、有名な卒業生には下院議員、スポーツ選手、俳優などが多いです。

 

ヒスパニック系の学生も多いのが特徴で、カリフォルニア州のロサンゼルスのダウンタウンから車で50分ほど。

 

働きながら通っている人は第7位のデ・アンザ・カレッジよりも多いです。

Mt. San Antonio College

第9位 Moorpark College


UCLAから北西方向に車で35分ほどの場所にキャンパスがあります。卒業生には、プロサッカー選手や俳優、起業家などがいます。

 

エキゾチックアニマルトレーニング及びマネジメントセンターはキャンパス内に200匹以上の動物を収容しています。

 

働きながら学んでいる学生も少なく有りないカレッジです。2015年3月のHuffington Postで、全米で4番目に優れたコミュニティカレッジとして認められています。ただし、大学編入プログラムよりも、職業訓練プログラムの方が人気がございます。

Moorpark College(ムーアパーク・カレッジ)

第10位 Los Angeles Valley College


ロサンゼルスバレーカレッジは、美しくて温暖な南カリフォルニアにあります。ハリウッドやユニバーサルシティなどが数分という絶好のロケーションにあります。ショッピングセンターや文化施設やアトラクションが充実しています。

 

アルバイトをしている学生は比較的少ないです。ヒスパニック系が半数と、白人は3割程度で、女性の比率が男性よりも多いです。留学生は1%程と少ないです。

Los Angeles Valley College

まとめ

コミュニティカレッジは2年生の公立短期大学で、四年制大学に編入をする学生も多くいます。どのコミュニティカレッジに入学してもUCLAに編入するのは簡単ではありませんが、UCLAへの編入を考えている方は編入しやすいコミュニティカレッジを選ぶようにしましょう。

呑村紗也佳

アメリカの語学学校・コミュニティカレッジを卒業。私にとって海外留学は、「それまで持っていた常識や当たり前を180度覆し、価値観がぐんと広がった」そんな経験でした。もともと留学や海外に興味はなかったですが、両親が留学を勧めてくれたのをきっかけにオーストラリア・カナダ・アメリカで計4年ほど海外生活を送りました。

カウンセラーに質問