アメリカで進学英語を学べる語学学校一覧

進学英語ではアメリカの大学や短期大学を志望する人が大学の生活や講義の時に必要な英語を学びます。
また、大学進学者の方にもTOEFLの対策も兼ねて講義をしている学校もあります。
多くの学校はこの進学英語の一定レベルのクラスを受講すると語学学校の提携先の大学や短期大学にTOEFL免除で入学する事も出来ます。もちろん、その後の自分のキャリアアップにも役立ちますので一般的に英語を学びたい方の受講も可能になっています。

進学英語こんな人にお勧め!!

  • TOEFLの点数が伸びない人
  • アメリカの大学や短期大学を進学先と考えている人
  • 一般英語の授業に満足できない人
  • 専門的な英語レベルを扱いたい人

進学英語コースQ&A

進学英語コースとTOEFLコースは何が違いますか?

進学英語コースとTOEFL対策コースは少し似ている部分がありますが、別の英語コースです。
TOEFL試験対策コースではどのようにTOEFLで高得点を獲得するかという事を、集中的に学びます。一方、進学英語コースでは試験などのスコアの取得を目的にするのではなく大学や専門学校の授業に必要な英語力や知識を養います。

TOEFLのスコアなしで進学ができるそうですが、本当ですか?

ほぼ多くの語学学校は大学や短期大学などと協定を結んでいる為、TOEFLのスコアなしで進学が可能です。
しかし、アメリカの大学や短期大学では英語力のみならず論理、文章の組み立て方なども勉強します。そういったTOEFLテストでは養いにくい論理力などを進学英語では伸ばせます。

アメリカで進学英語コースがある語学学校一覧

シュプラッハカフェ ロサンゼルス校

シュプラッハカフェ ロサンゼルス校

$365/週~

ロサンゼルス校は南アメリカやヨーロッパを中心に生徒が世界中から集まり、国際色が豊かなことが特徴です。ロサンゼルスにはキャンパスが2校あり、トーレンスキャンパスとオレンジカウンティキャンパスに分かれます。
レナート(ニューヨーク校)

レナート(ニューヨーク校)

$275/週~

レナートニューヨーク校は1973年設立の老舗語学学校になります。世界40か国以上から生徒が集まり学校は活気ある明るい雰囲気です。1クラスの人数を最大12名と制限しているため、他の学校よりも少ない人数で勉強することができます。
レナート(マイアミ校)

レナート(マイアミ校)

$255/週~

テネシー工科大学で英語プログラムを実施しています。テネシー工科大学は南アメリカではもっとも有名な大学の1つとして知られており、キャンパスはナシュビルから1時間離れた場所に位置しています。
FLSインターナショナル(サドルバックカレッジ校)

FLSインターナショナル(サドルバックカレッジ校)

$289/週~

カリフォルニア州ミッションビエホに位置する大学内にある語学学校です。オレンジカウンティは米国でも安全な都市としても有名で、ディズニーランドなどの娯楽施設や観光地も近く快適で楽しい学生生活を送ることができます。
FLS・インターナショナル(セントピータース大学校)

FLS・インターナショナル(セントピータース大学校)

$302/週~

セントピータース大学で英語プログラムを実施しています。ニューヨークのマンハッタンまで公共機関利用でたった30分というジャージーシティという都市に位置しています。学校は小規模で勉強に集中できる環境が整っています。