アメリカ留学の相談・ご質問は無料!03459080300345908030
LINEで相談資料請求無料相談
LINEで相談資料請求無料相談

アメリカで一般英語を学べる語学学校一覧

最も人気で低価格で学べるコースは一般英語です。総合英語(リスニング・リーディング・スピーキング・ライティング)はアメリカでESL(English as Second Language)コースと呼ばれています 一般英語コースではリーディング・ライティング・リスニング・スピーキングの4つの英語能力を効率よく向上させるように組み込まれたプログラムです。英語圏で生活するには総合英語である情報収集に必要な読み書きも出来なければ、暮らすことは難しいです。

 

もちろん、英語を話す聞く能力は日常的に必要なもので必要不可欠なものなのです。
リスニングではアメリカ人講師の発音された会話を聞くだけでも向上して、さらに英語圏の授業は意見を述べる事が求められますのでスピーキング能力も向上します。ライティングは文法のミスに注意しながら講師が添削していくため英語を書く練習も受けられます。

こんな方に一般英語コースをお勧め!!

  • 英語が初心者レベルの方
  • 英語を総合的に伸ばしたい方。
  • 何を受講すべきか分からない方。
  • 楽しく英語を学びたい方
  • 英語の勉強の仕方が分からない方。

一般英語コースのよくある質問

一般英語への参加資格はありますか?

特にありません。一般英語コースを受講する場合、一般的に個々の英語力によってクラス分けがされます。テストのレベル分けは入学日もしくはそれ以前に受験します。

どんな生徒が受講していますか?

世界各国から来た留学生です。一般英語コースは他のコースより多国籍の学生が多いです。

英語力はどれくらい伸びますか?

個々のレベルや努力が違いますので英語力の伸びは人それぞれです。授業には積極的に参加して学校外でも英語をできるだけ使う環境に自身を置くことが英語の成長へとつながります。

英語の授業ではどんな事をしますか?

学校によって雰囲気や教科書、先生、ポリシー等が違います。ですので、学校によってカリキュラムが違います。詳細はぜひお問い合わせください。

アメリカでおすすめの語学学校10選

①CELサンディエゴダウンタウン


CELサンディエゴダウンタウンは1981年に開校されました。カリフォルニアの大都市ロサンゼルスに一つのキャンパスがあります。そしてサンディエゴに2つのキャンパスがあるという、カリフォルニアを代表する英語の語学学校となります。

CELサンディエゴダウンタウンで開講されているプログラムは、ジェネラルイングリッシュ20、ジェネラルイングリッシュ24、ジェネラルイングリッシュ30の3つのコースだけです。

特徴①平均8人最大12人の少人数クラスを徹底

出来る限り少人数クラスで学習を進めるのがこの学校の大きな特徴になります。

特徴②国際的な環境に浸れるヨーロッパ中心の国籍比率

欧米から入学する人の比率がとても高いので、本場の英語に慣れるチャンスです。

特徴③コミュニケーションアプローチと総合的な英語力を底上げしてくれる

英会話で一番大切なのはコミュニケーションスキルです。

CELサンディエゴダウンタウンの授業料

CELサンディエゴダウンタウンの授業料はコースにより違います。例えばジェネラルイングリッシュ30を選択した場合には、一週間で30コマの学習があります。そしてその授業料は48,175円より、ということです。

②オックスフォードインターナショナル サンディエゴ


オックスフォードインターナショナルサンディエゴは、市内でも賑やかなガスランプ地区にあります。学校周辺には数多くのレストランやカフェが立ち並んでいますから、留学生たちが過ごすには絶好の環境です。ここでは世界の料理を食べることもできます。

 

オックスフォードインターナショナルサンディエゴで開講されているプログラムは、モーニング20、セミインテンシブ26、インテンシブ30の2つのコースだけです。

特徴①最新の技術を駆使した指導法

最新の技術を駆使した指導法で、一人一人の目標達成に寄与してくれます。

特徴②コーチングの方式がユニークで優れている

コーチングとは語学学校講師の指導方法のことですが、大変ユニークで優れた方法です。

特徴③セキュリティチェックが万全

留学生たちに一番大切なの現地での安全です。セキュリティチェックが万全であるので、安心して学習することができます。

オックスフォードインターナショナルサンディエゴの授業料

オックスフォードインターナショナルサンディエゴの授業料はコースにより違います。例えばモーニング30コマを選択したとすれば、一週間で30コマの授業を受け、支払う金額が39,234円ということになります。

③セントラルパシフィックカレッジ


セントラルパシフィックカレッジは、ハワイのオアフ島に設立されました。学校が設立されたのは、2004年にさかのぼります。オアフ島の人気エリアである、アラモアナショッピングセンターの付近にキャンパスを構えています。世界の留学生の英語力向上をサポートしてくれています。

 

セントラルパシフィックカレッジで開講されているプログラムは、EPPプログラム20時間、短期英語学習プログラムの二つのコースだけです。

特徴①便利な立地

学校の設置されている場所が、アラモアナショッピングセンターの近くというのは、最高のロケーションではないでしょうか。日本人にも人気のエリアです。

特徴②リーズナブルな学費

一週間300ドル程度で学習を進めることができますので、懐に優しい学校です。

特徴③一人一人に行き届くケア

料金はリーズナブルでも、指導はきちんとしています。目標を達成するまで、しっかりと指導してくれます。

セントラルパシフィックカレッジの授業料

セントラルパシフィックカレッジの授業料は、留学する期間により細かく分かれています。EPPプログラム20時間を選択したとすれば、1週間あたり308ドルになります。

④MLIハリウッド


MentorLanguageInstitute(MLI)ハリウッドは、2002年に学校が設立されました。英語教育を目的とする専門機関です。ロサンゼルスの人気エリアの一つであるハリウッドにキャンパスを構えています。

 

MentorLanguageInstitute(MLI)ハリウッドで開講されているプログラムは、バケーションESL、ESL+CMAR、のわずか二つのプログラムだけです。

特徴①絶好のロケーション

有名な観光地ハリウッドというベストロケーションですから、海外留学生も楽しく学習することができます。

特徴②充実した英語コース

コースの指導方法の厳しさには定評があります。日本人も心してかかるべきでしょう。

特徴③受講費用が安く、様々なオプションが使える

受講費用が比較的安いのですが、希望すれば様々なオプションが使えますので便利です。

MentorLanguageInstitute(MLI)ハリウッドの授業料

MentorLanguageInstitute(MLI)ハリウッドの授業料は、一週間にいくらかかるかで規定されています。受講期間の長さによって単価が変動していますが、おおむね、一週間で250ドルといったところです。

⑤LCIヒューストン


LCIヒューストンは、アメリカに3校をもつ語学学校です。学校の規模は小さいのですが、アメリカの4年制の大学に進学するために通う人もたくさんいます。

 

LCIヒューストンで開講されているプログラムは、一般英語、アカデミック英語、エグゼクティブ英語、特別個人レッスンの4コースです。

特徴①生徒のゴール達成を見守るチームケアの良さ

語学学校に入学される方にはそれぞれ別の目的があるので、それらの目的が達成できるような配慮してくれます。

特徴②質の高い語学プログラムを用意できている

人により語学留学の目的が違います。それぞれの人の目的が速やかに達成できるような質の高い語学プログラムを用意してくれます。

特徴③経験豊富で優しい講師とフレンドリーなスタッフ

アメリカ人は大変フレンドリーな人が多いです。この学校にも経験豊富で優しい講師がたくさん働いています。留学生たちはここで、それぞれの目的を達成することができます。

LCIヒューストンの授業料

LCIヒューストンの授業料はコースにより違います。例えばアカデミック英語を選択した場合には一週間で24時間の授業があり、その金額は405,963円です。

⑥LCIデンバー


LCIデンバーは、アメリカに3校をもつ語学学校です。全米に3校をもつデンバー校ということになります。アメリカの大学に進学するために通う生徒が多く、真面目な生徒が多いのが特徴です。

 

LCIデンバーで開講されているプログラムは、アカデミック英語、サマーアカデミック英語、一般英語、エグゼクティブ英語、などの5コースです。それぞれの人の目的によるコースを選べます。

特徴①生徒のゴール達成を見守るチームケア

こちらも有名なデンバー校ですから講師の質が高いのが大きな特徴です。チームワークの良さでは定評があります。

特徴②目的達成まで生徒の能力向上を保証

それぞれの人の目的を達成するまで、しっかりと学習の保障をしてくれるのがとてもありがたいです。

特徴③安心のCEA認定で大学提携

CEA認定で大学提携されているので、語学学校卒業後にアメリカので4年制大学に進学することができます。

LCIデンバーの特徴の授業料

LCIデンバーの授業料はコースにより違います。例えばアカデミック英語を選択した場合には一週間で24時間の授業があり、その金額は405,963円です。

⑦TLA


TLAはレベル分けをして、それぞれの留学生に対して最適な環境を提供します。英語のできる人は高いレベルの教室にまわされ、そうでない人は低いレベルにまわされます。そのため自分の能力を十分発揮して効率良い英語学習ができるということです。

 

TLAで開講されているプログラムは、一般英語、一般英語2、一般英語集中コース、少数人数特別コース、プライベートレッスンコースなどがあります。

特徴①本当のアメリカ文化に触れることができる

海外からの留学生たちは、英語学習と同時に幅広い文化の吸収ができます。

特徴②日常英語やビジネス英語を学びたい人には最適

日常英語やビジネス英語を学びたい人でしたら、こちらの語学学校が一番です。実績で証明されています。

特徴③専任カウンセラーが入学から卒業まで学習の成果をチェックしてくれる

語学学校の専任カウンセラーが留学生たちの入学から卒業まで学習の成果を細かくチェックしてくれます。

TLAの特徴の授業料

TLAの授業料はコースにより違います。例えば一般英語コースを選択した場合には一週間で20時間の授業があり、授業料が30,550円よりとなっています。

⑧TLCエドモンド


TLCエドモンドが開設されたのは1983年のことです。最高の英語教育と文化交流の機会を世界の留学生たちに提供する目的で開設されました。語学学習だけではなくて、文化的な面も経験できるというメリットを持っている学校です。

 

TLCエドモンドで開講されているプログラムは、インテンシブイングリッシュプログラム、インテンシブイングリッシュパートタイム、BusinessEnglish、GeneralEnglish、TOEFL試験対策コースがあります。

特徴①様々な団体と連携して教育の質を向上

大学に併設されている語学学校ですから、様々な団体と提携して教育の質を向上させることが可能です。

特徴②勉強もアクティビティも同時に楽しめる

ここの大学生たちとアクティビティにも同時に楽しめるのが大きなメリットではないでしょうか。

特徴③大学内に併設

語学学校が大学内に併設されていることのメリットはとても大きいです。

TLCエドモンドの特徴の授業料

TLCエドモンドの授業料はコースにより違います。例えばインテンシブイングリッシュプログラムを選択した場合には一週間で100時間の授業があり、その金額は187,413円からです。

⑨TLCカークスビル


TLCカークスビルが開設されたの1983年のことです。最高の英語教育と文化交流の機会を、世界中の留学生に与えるのが目的で開設されました。文化的な面も経験できるというメリットを持っている優れた学校です。

TLCカークスビルで開講されているプログラムは、インテンシブイングリッシュプログラム100時間、インテンシブイングリッシュパートタイム60時間、GeneralEnglish76時間、TOEFL試験対策コース100時間の4つのコースがあります。

特徴①こだわり抜いた指導哲学

慣れるまでは大変かもしれませんが、ここは辛抱でしょう。

特徴②様々な団体と提携し教育の質を向上

大学など数多くの団体と提携し教育の質を高めてくれるがありがたい。

特徴③老舗として有名な語学学校

歴史ある学校を求める方にはおすすめです。

TLCカークスビルの授業料

TLCカークスビルの授業料はコースにより違います。例えば、インテンシブイングリッシュプログラム100時間を選んだ場合には、4週間で100時間の授業ということになります。そしてかかる費用が187,413円です。

⑩アカデミアランゲージスクール


アカデミアランゲージスクールは、ハワイで初めての語学スクールです。1969年に学校は設立されました。ハワイで開校以来一番の規模と歴史を誇る有名な語学学校です。質の高い英語プログラムと幅広いクラス分けで、一人一人が効率的に英語学習をすることができます。

 

アカデミアランゲージスクールで開講されているプログラムは、パートタイム15時間、フルタイム20時間のわずか二つのコースだけです。

特徴①目的に合わせてコースをカスタマイズできる

学校に行ってくる留学生たちの一人一人は目的が違います。それらに合わせてコースをカスタマイズしてくれます。

特徴②一度は体験したい絶好のロケーション

ワイキキビーチはアメリカ人でも人気のスポットです。日本人でも一度はここで過ごしたいのではないでしょうか。

特徴③追加授業料なしで納得するまで学べる

追加利用料金を支払うことなしに、納得するまで英語を学べるということです。

アカデミアランゲージスクールの授業料

アカデミアランゲージスクールの授業料はコースにより違います。例えばパートタイム15時間コースを選択したとすれば、38188円になります。

アメリカで一般英語コースがある語学学校一覧

UCSD付属語学学校(カリフォルニア大学サンディエゴ校エクステンション)

UCSD付属語学学校(カリフォルニア大学サンディエゴ校エクステンション)

$289/週~

有名大学であるUCLAやUC Berkeley に修士学を目的に編入制度も設おり、準学士の学位取得も提供しています。コミュニティカレッジのキャンパス内で英語がしっかり学べることが最大の特徴です。
FLS インターナショナル(テネシー大学)

FLS インターナショナル(テネシー大学)

$289/週~

テネシー工科大学で英語プログラムを実施しています。テネシー工科大学は南アメリカではもっとも有名な大学の1つとして知られており、キャンパスはナシュビルから1時間離れた場所に位置しています。
FLS・インターナショナル(シトラスカレッジ校)

FLS・インターナショナル(シトラスカレッジ校)

$289/週~

有名大学であるUCLAやUC Berkeley に修士学を目的に編入制度も設おり、準学士の学位取得も提供しています。コミュニティカレッジのキャンパス内で英語がしっかり学べることが最大の特徴です。
FLS・インターナショナル(ボストン校)

FLS・インターナショナル(ボストン校)

$289/週~

ボストンのダウンタウンに位置しています。周りには高層ビルやカフェやレストランなども充実しているため生活には困りません。学校周辺には、アメリカでも有名なハーバード大学もあり、多くの学生が有名大学に進学しています。
カプランインターナショナル(サンタバーバラ校)

カプランインターナショナル(サンタバーバラ校)

$345/週~

サンタバーバラ校はサンタバーバラのダウンタウンとビーチのちょうど真ん中あたりにあります。 サンタバーバラはスペイン風の街並みで気候も年間を通して温暖ですので過ごしやすい街です。

まとめ

近年、日本からアメリカへ語学留学する人たちの数が急増してきています。アメリカ留学を決心されたのであれば、まず最初にどの語学学校を選ぶのかがとても重要です。授業料も大切ですが学校の特徴をよく調べてから最終決定をするのが良い方法です。

呑村紗也佳

アメリカの語学学校・コミュニティカレッジを卒業。私にとって海外留学は、「それまで持っていた常識や当たり前を180度覆し、価値観がぐんと広がった」そんな経験でした。もともと留学や海外に興味はなかったですが、両親が留学を勧めてくれたのをきっかけにオーストラリア・カナダ・アメリカで計4年ほど海外生活を送りました。

カウンセラーに質問

アメリカで進学英語を学べる語学学校一覧

進学英語ではアメリカの大学や短期大学を志望する人が大学の生活や講義の時に必要な英語を学びます。
また、大学進学者の方にもTOEFLの対策も兼ねて講義をしている学校もあります。
多くの学校はこの進学英語の一定レベルのクラスを受講すると語学学校の提携先の大学や短期大学にTOEFL免除で入学する事も出来ます。もちろん、その後の自分のキャリアアップにも役立ちますので一般的に英語を学びたい方の受講も可能になっています。

進学英語こんな人にお勧め!!

  • TOEFLの点数が伸びない人
  • アメリカの大学や短期大学を進学先と考えている人
  • 一般英語の授業に満足できない人
  • 専門的な英語レベルを扱いたい人

進学英語コースQ&A

進学英語コースとTOEFLコースは何が違いますか?

進学英語コースとTOEFL対策コースは少し似ている部分がありますが、別の英語コースです。
TOEFL試験対策コースではどのようにTOEFLで高得点を獲得するかという事を、集中的に学びます。一方、進学英語コースでは試験などのスコアの取得を目的にするのではなく大学や専門学校の授業に必要な英語力や知識を養います。

TOEFLのスコアなしで進学ができるそうですが、本当ですか?

ほぼ多くの語学学校は大学や短期大学などと協定を結んでいる為、TOEFLのスコアなしで進学が可能です。
しかし、アメリカの大学や短期大学では英語力のみならず論理、文章の組み立て方なども勉強します。そういったTOEFLテストでは養いにくい論理力などを進学英語では伸ばせます。

アメリカで進学英語コースがある語学学校一覧

UCSD付属語学学校(カリフォルニア大学サンディエゴ校エクステンション)

UCSD付属語学学校(カリフォルニア大学サンディエゴ校エクステンション)

$289/週~

有名大学であるUCLAやUC Berkeley に修士学を目的に編入制度も設おり、準学士の学位取得も提供しています。コミュニティカレッジのキャンパス内で英語がしっかり学べることが最大の特徴です。
FLS インターナショナル(テネシー大学)

FLS インターナショナル(テネシー大学)

$289/週~

テネシー工科大学で英語プログラムを実施しています。テネシー工科大学は南アメリカではもっとも有名な大学の1つとして知られており、キャンパスはナシュビルから1時間離れた場所に位置しています。
FLS・インターナショナル(シトラスカレッジ校)

FLS・インターナショナル(シトラスカレッジ校)

$289/週~

有名大学であるUCLAやUC Berkeley に修士学を目的に編入制度も設おり、準学士の学位取得も提供しています。コミュニティカレッジのキャンパス内で英語がしっかり学べることが最大の特徴です。
FLS・インターナショナル(ボストン校)

FLS・インターナショナル(ボストン校)

$289/週~

ボストンのダウンタウンに位置しています。周りには高層ビルやカフェやレストランなども充実しているため生活には困りません。学校周辺には、アメリカでも有名なハーバード大学もあり、多くの学生が有名大学に進学しています。
ELS Language Center Thousand Oaks(ELSサウザンドオークス校)

ELS Language Center Thousand Oaks(ELSサウザンドオークス校)

$292/週~

カリフォルニアルーセラン大学のキャンパス内にあるため、大学の様々な施設を利用することができます。ホームステイと学生寮の二つの滞在オプションがあります。

アメリカでビジネス英語を学べる語学学校一覧

世界のビジネスはアメリカ合衆国から発信されています。アメリカ経済が揺らぐと全世界の経済が揺らぐというぐらい影響が大きい国です。そのアメリカを中心としたグローバル社会で生きぬくためにアメリカでビジネス英語を学ぶことは大きな魅力です。
生きたビジネス英語を学びながらビジネスマナーやビジネススキルを学ぶことも出来ますし、アメリカ経済では日本人にはないリーダーシップやコミュニケーション能力の向上にもつなげられる事でしょう。ビジネス英語を学び世界に飛躍する社会に貢献するビジネスマンをアメリカで実現しましょう。
ビジネス英語では次の事が学べます。

ビジネス文章

ビジネスをするにあたって、メールや手紙を書く場面は多いと思います。アメリカでは日常英語では手紙やメール文章を作成、返答する場合いには決まった形式があります。その際に必要なビジネス文章スキルが学べます。

ビジネス会話

レストランの接客や会社員などにも日常英会話ではまれにしか話さない表現があります。相手に失礼の内容に表現を控えたり、自分の意見の主張を学べるようにします。

ビジネスリーディング

専門的な文章を読むスキルを身につけます。経済新聞や研究結果についての文章にはその分野についての単語はもちろん、知識や理解が必要です。そのスキルを様々な文章や新聞等を読む事でビジネス英語に役立てる事が出来ます。

アメリカでビジネス英語コースがある語学学校一覧

UCSD付属語学学校(カリフォルニア大学サンディエゴ校エクステンション)

UCSD付属語学学校(カリフォルニア大学サンディエゴ校エクステンション)

$289/週~

有名大学であるUCLAやUC Berkeley に修士学を目的に編入制度も設おり、準学士の学位取得も提供しています。コミュニティカレッジのキャンパス内で英語がしっかり学べることが最大の特徴です。
FLS インターナショナル(テネシー大学)

FLS インターナショナル(テネシー大学)

$289/週~

テネシー工科大学で英語プログラムを実施しています。テネシー工科大学は南アメリカではもっとも有名な大学の1つとして知られており、キャンパスはナシュビルから1時間離れた場所に位置しています。
FLS・インターナショナル(シトラスカレッジ校)

FLS・インターナショナル(シトラスカレッジ校)

$289/週~

有名大学であるUCLAやUC Berkeley に修士学を目的に編入制度も設おり、準学士の学位取得も提供しています。コミュニティカレッジのキャンパス内で英語がしっかり学べることが最大の特徴です。
FLS・インターナショナル(ボストン校)

FLS・インターナショナル(ボストン校)

$289/週~

ボストンのダウンタウンに位置しています。周りには高層ビルやカフェやレストランなども充実しているため生活には困りません。学校周辺には、アメリカでも有名なハーバード大学もあり、多くの学生が有名大学に進学しています。
カプランインターナショナル(サンタバーバラ校)

カプランインターナショナル(サンタバーバラ校)

$345/週~

サンタバーバラ校はサンタバーバラのダウンタウンとビーチのちょうど真ん中あたりにあります。 サンタバーバラはスペイン風の街並みで気候も年間を通して温暖ですので過ごしやすい街です。

アメリカでTOEIC対策を学べる語学学校一覧

世界60カ国で実施されているTOEICではアメリカの非営利団体が英語を外国語とする方に英語コミュニケーション能力をはかれるテストです。日本で英語資格では人気が高まっている英語能力資格TOEICは、英語学習者の方は一度は耳にした事があると思います。

 

現在、日本では現在までに80万人以上の方がTOEICの受験されて、この人気は年々上がっています。このTOEICは英語能力の把握の際に使われるだけでなく大学の入学試験や就職の際に使われるなど幅広く使われています。

 

TOEICは合否がなく10点から990点までの得点で結果が出来ます。日本人のTOEIC平均スコアは約580点で730点以上取ると英語ができるとみなされる場合が多いです。

こんな方に受講のお勧め!!

  • 留学後に日本での就職をお考えの方
  • 英語力の測定に
  • 企業での昇進や昇給にスコアが必要な方

TOEIC対策コースのQ&A

TOEIC対策コースの入学要件はありますか?

学校によって違います。しかし、ほとんどの学校はこのTOEIC対策コースの入学要件を設けていません。

TOEIC対策コースの受講者は?

アジア人が大多数を占めます。TOEICはアジアでも日本と韓国で有名ですので受講者はアジア人が多くなります。

帰国後にTOEICは役に立ちますか?

はい。多くの大手企業が就職条件で一定のTOEICスコアの提出を求めています。

アメリカでTOEIC対策コースがある語学学校一覧

ランゲージ・システム(トーランス校)

ランゲージ・システム(トーランス校)

$141/週~

LSIトーランス校はロサンゼルスの郊外に位置する街です。日本人企業も多くロサンゼルスからもたくさんの日本人がトーランスには訪れますので日本人に親しまれている街の一つにあげられます。
グローバルビレッジ(ハワイ校)

グローバルビレッジ(ハワイ校)

$200/週~

海のすぐ近くに位置し、全ての教室からハワイの広大で雄大な自然と海が見えます。学生ラウンジからも海が見え、ハワイの自然に溶け込んでいる語学学校です。学校はホノルルにあり、有名なワイキキビーチにも近いです。
セントラルパシフィックカレッジ

セントラルパシフィックカレッジ

$174/週~

ハワイ、ホノルルの豊かな気候にある語学学校です。ハワイという治安のいいロケーションで小さな子供から大人の方まで広い年齢層が英語学習できるプログラムがあります。
ハワイ・パーム・イングリシュ

ハワイ・パーム・イングリシュ

$265/週~

全校生徒は平均して50名程度の小規模学校でアットホームな雰囲気の語学学校です。クラスの平均人数は5名とかなりの少人数制の学校で、短期留学のみを受け付けており学生ビザなしで留学が出来ます。
【閉校】ランゲージ・システム(アルハンブラ校)

【閉校】ランゲージ・システム(アルハンブラ校)

$141/週~

ランゲージシステムアルハンブラ校はロサンゼルス市内から北東の場所にあるアルハンブラという小さな町にあります。アルハンブラの人口は8万人ほどで落ち着いた環境が魅力です。

TOEFLが学べる語学学校一覧

TOEFLテストは世界で70万人以上の受験者で180カ国以上の国籍の人が今までに受験しており国際的にもその価値は認められています。TOEFL(Test of English as a Forign Language)は英語を外国語として勉強する人たちの英語試験です。

 

その中でも特にアメリカや英語圏の大学や専門学校等の高等教育機関に留学を希望する人の英語能力を示す出願書類として認められています。日本で有名なTOEIC試験もTOEFL試験も米国の非営利教育団体であるETS(Educational Testing Service)が主催しておりますが、TOEFLは英語圏での大学生活に必要な英語レベルが的確に図る試験として知られ、TOEICは英語圏で日常やビジネスの場面で使われる英語能力を適切に図れる事が出来ます。

 

現在日本で行われているTOEFLテストは、公式テストであるTOEFL iBT® テストと、団体向けテストであるTOEFL ITPテストの2種類です。

大学などで求められるTOEFLスコア

多くの4年制大学または2年制大学は海外からの留学生に入学基準としてTOEFLスコアの提出を求めています。求められる理由は、大学などでの講義での最低限必要な英語力を証明することだけが目的ではなく、大学などが基準として設けている基準をクリアすることが個々の努力の成果として認めているからです。

 

アメリカの大学は日本の環境とは異なりますので、しっかり勉強をして成果を出すことが求められます。大学によってTOEFLスコアを要求する基準は異なります 。4年制大学もしくは2年制大学で英語プログラムがないところなどではTOEFLスコア61点 を課しているところが多いです。

TOEFL iBT

TOEFL iBTテストはインターネットベースで2005年9月に米国で導入され、日本では2006年7月から運用が開始されました。アカデミックテストとして、大学のキャンパスや授業といった実生活でのコミュニケーションに必要な「読む」「聞く」「話す」「書く」の4技能を総合的に測定するテストです。

 

TOEFL iBTは、世界130か国、9,000以上の大学・短大、その他機関で活用されていて、さらに、各スキルを組み合わせて、課題を遂行する能力を評価するなど、どれだけ英語を「知っているか」ではなく、いかに「使えるか」に焦点をあてています。

TOEFL ITP

ペーパー形式で、学校・企業等で実施されている団体向けのテストプログラムです。現在、世界47か国、2,500以上の団体で実施され、受験者は60万人以上に上ります。日本においても、大学、大学院、高等学校、官庁、企業等500以上の団体で使用されていて、全国で約20万人以上が受験しています。

 

特徴としては、高い信頼性があること、柔軟な運営がされていること、継続的な測定が可能になるということ、難易度に応じた2つのレベルがあること、迅速にスコアが出されること、費用が安いことなどが挙げられます。

TOEFLテスト形式の説明


日本でのTOEFLテストは2006年度よりiBT形式です。iBTとは internet Based Testのパソコンでの受験になります。従来行われていたTOEFL pTBは受験機会が少なくほとんど行われていません。出題形式は次の通りです。

選択式問題

「リーディングセッション」「リスニングセッション」

筆記形式問題

筆記形式では全部で2つの問題があります。1問は「ライティング」「リスニング」「リーディング」の英語力も測る問題が出題されています。もう1問は出題される課題に論理的に説明をする問題です。ここでは文法が正しいか、文の構成が整えられているかなどの基本的な部分も評価の対象になります。

会話形式問題

スピーキングのテストではパソコンを通じて試験官が出題する問題に答えます。会話形式では6つの問題が出題されます。6つのうちの4問は「リスニング」「リーディング」の英語力も測る問題が出題されています。

受験時間

4~4.5時間(1日で終了)

評価

合格・不合格でなくスコアで表示されます。

スコアの有効期間

受験日から2年間

 

TOEFLの受験方法

TOEFL iBT

  • 受験会場:日本各地の教育機関およびテストセンター
  • 実施回数:年間約40回(主に土・日)
  • 受験料:US $230
  • 受験ポリシー:受験間隔を中12日(受験日含まない)空ける必要あり
  • スコア確認:試験日から約10日後にインターネット上で確認
  • スコア有効期限:試験日から2年間有効
  • 申込方法:オンライン・電話・郵送のいずれか
  • 持ち物:規定の身分証明書(原則は有効期限内のパスポート)

TOEFL ITP

日程、会場、費用など全て、申し込みをする団体によって変わります。申し込み機関によっては定員に達さない場合は開催されないこともあります。

TOEFLの受験対象者

基本的に受験者は英語能力の習熟度を判断する目的で受験しています。

  • 高等教育以上の教育機関に留学予定の学生
  • 英語学習プログラムへの入学および修了をするため
  • 奨学金や証書授与の候補者選考の照明とするため
  • 自らの進歩を確認したい英語学習者
  • ビザを申請する学生や社会人

TOEFLが学べる語学学校一覧

UCSD付属語学学校(カリフォルニア大学サンディエゴ校エクステンション)

UCSD付属語学学校(カリフォルニア大学サンディエゴ校エクステンション)

$289/週~

有名大学であるUCLAやUC Berkeley に修士学を目的に編入制度も設おり、準学士の学位取得も提供しています。コミュニティカレッジのキャンパス内で英語がしっかり学べることが最大の特徴です。
キングス(ボストン校)

キングス(ボストン校)

$299/週~

語学学校ではキングスカレッジの提携校へTOEFLスコアなしで大学等に進学する事ができますのでアメリカの高等教育への進学をされたい方にはお勧めです。パインマナーカレッジ内にキャンパスがあります。
キングス(ロサンゼルス校)

キングス(ロサンゼルス校)

$318/週~

ロサンゼルス校はハリウッドに位置しておりナイトクラブや映画関係施設やシアターが徒歩圏内で勉強と観光を両立できる最高の環境です。提携している進学大学も多く、大学や大学院進学目的の方にもおすすめです。
FLS インターナショナル(テネシー大学)

FLS インターナショナル(テネシー大学)

$289/週~

テネシー工科大学で英語プログラムを実施しています。テネシー工科大学は南アメリカではもっとも有名な大学の1つとして知られており、キャンパスはナシュビルから1時間離れた場所に位置しています。
FLS・インターナショナル(シトラスカレッジ校)

FLS・インターナショナル(シトラスカレッジ校)

$289/週~

有名大学であるUCLAやUC Berkeley に修士学を目的に編入制度も設おり、準学士の学位取得も提供しています。コミュニティカレッジのキャンパス内で英語がしっかり学べることが最大の特徴です。

国際貿易・物流関連コースが学べる語学学校一覧

国際貿易・物流関連コースでは国際貿易物流スペシャリストになる為の資格の取得を目指します。

①取得できる資格とは?

国際資格の国際貿易検定は英語でCITLS(Certified International Trade Logistics Specialist)で、世界でも最大規模の国際貿易プロフェッショナル団体であるIIEI(International Import Export Institute)が認定している資格です。この国際貿易検定の取得は国際貿易物流のスペシャリストと認められて、国際社会での貿易商社での飛躍が望まれます。

 

国際貿易検定の対策コースでは貿易ビジネスにおける基礎から輸出関連の書類の処理や商品の仕入れなど様々な事を学習します。もちろん国際貿易検定における試験対策や頻出問題なども細かく見ていきます。資格取得後は貿易関係の就職だけでなく個人での輸入食品や雑貨などの経営で活躍することができます。また、国際貿易検定は国際標準な資格ですので、日本にとどまらず世界で通用する資格です。

②国際貿易検定のよくある質問

国際貿易検定と貿易実務検定は違うの?

全くの別物です。国際貿易検定は国際資格で資格試験も全て英語で行われます。

国際貿易検定対策コースを受講すると試験は絶対受けないといけないのですか?

受けなくてもいいです。ビジネス英語やTOEICの点数を上げたい人でもコースは受ける事が出来ます。

国際貿易検定コースを参加するのに制限はありますか?

はい。国際貿易検定コースは全て英語で行われます。そのためTOEIC650点以上またはTOEFL280点以上が必要です。あとは18歳以上で健康なかたであれば誰でも参加できます。

国際貿易検定コースを参加する為の上記の英語力がないんです。

大丈夫です。上記の英語力がないかたは、国際貿易検定コースの受講前に1ヶ月から3ヶ月間一般英語コースをを受講すると国際貿易検定コースにも参加できます。

国際貿易・物流関連コースが学べる語学学校一覧

該当なし

TESOL(英語教師資格)が学べる語学学校一覧

英語教授資格を取って海外や国内で英語教師のプロとなって英語を母国語としないかたに教えるプロフェッショナルになる事が出来ます。その英語教授法資格が TESOL(Teaching English to Speakers of Other Languages)です。この TESOLは日本では聞きなれないですが英語圏のみならず世界で通じる国際資格の一つです。 TESOLはイギリスの有名大学のtrinity college とケンブリッジ検定で有名なケンブリッジ大学によって催されています。

 

この TESOLでは英語教師が英語を教えるにあたって必要と考えられている「実践英語教育法」と「英語力」の向上を目指します。それぞれの学校の TESOLコースでは教壇に立って良質な英語を教える為のテクニックや基礎を学びます。その TESOLコースの中にはプレゼンテーション等も入っていますので効率よく学べます。
TESOLテストでは3つのモジュールがあり子供に教える能力を示すモジュールや、大人に教える事が出来るモジュールなど様々です。

 

もちろん TESOLテストの1つのモジュールだけを受験もできます。テストの合否はなく4段階で評価されます。TESOLの国際資格では高い英語会話能力のみならず、総合英語の高い能力も証明されますので、英語教育だけでなくさまざまな分野で高い英語能力を証明できる事も出来ます。

TESOL(英語教師資格)のよくある質問

この TESOL資格を取ると教師として日本で教える事が出来ますか?

場合によります。公立の学校だと日本の教員資格が必要となります。しかし、塾や英会話教室などでは可能です。

TESOL試験での参加資格はありますか?

特にはありません。しかし英語で英語を母国語としない人に英語を教えるので高い英語力は必要です。

レナート(ニューヨーク校)

レナート(ニューヨーク校)

$275/週~

レナートニューヨーク校は1973年設立の老舗語学学校になります。世界40か国以上から生徒が集まり学校は活気ある明るい雰囲気です。1クラスの人数を最大12名と制限しているため、他の学校よりも少ない人数で勉強することができます。

マンツーマンコースが学べる語学学校一覧

マンツーマンで英語が学べる個別英語。1対1で英語の教師と英語が学ぶことができます。英語教師はもちろん現地のプロ教師との英語が学ぶことができます。個別英語では自分の分からないところも質問がすぐにできますし、自分の英語についての弱点ポイントを絞って勉強がすることができるのは取ってもいいところです、個別英語を学ぶ多くの生徒は一般英語クラスやTOEICクラスなどと併用して受講している留学生がいます。

 

一般英語クラスでの質問や弱点を見つけて、徹底的にその弱点をつぶすこともできます。また、TOEIC対策などもできますので気楽に受講できます。
個別英語では1回1回のレッスンをチケットで購入をして受講できるシステムの学校もあり必要に応じてうけられて、お金や時間の無駄にもなりません。個別英語の受講のみでだけで長期滞在は難しいですが、一般英語などのクラスとの併用で効率もアップします。

こんな方にマンツーマン英語をお勧め!!

  • 分からない部分を集中的に質問したい。
  • 先生からマンツーマン英語でアドバイスを個別的に受けたい。
  • 弱点をマンツーマン英語で集中的に潰したい。

個別英語でのよくある質問

個別英語でスピーキングという弱点を補えますか?

学校にもよりますが、日常英会話の基本フレーズや電話の受け答えなどを学ぶことは可能です。

個別英語のデメリットは?

もちろん1対1で英語を学びますのでその分お金も割高です。さらに、自分の課題などを見つけづ受講しても無駄になってしまいます。

UCSD付属語学学校(カリフォルニア大学サンディエゴ校エクステンション)

UCSD付属語学学校(カリフォルニア大学サンディエゴ校エクステンション)

$289/週~

有名大学であるUCLAやUC Berkeley に修士学を目的に編入制度も設おり、準学士の学位取得も提供しています。コミュニティカレッジのキャンパス内で英語がしっかり学べることが最大の特徴です。
【閉校】シュプラッハカフェ(ニューヨーク校)

【閉校】シュプラッハカフェ(ニューヨーク校)

$365/週~

ニューヨーク校はマンハッタンの中心地に位置し、校舎からミッドタウンやマディソンスクエア公園など、ニューヨークの名所と呼ばれる景色を眺めることができます。世界中から集まる生徒達と交流をする場所を提供します。
コンバース・インターナショナル・スクール・オブ・ランゲージーズ(CISLサンディエゴ校)

コンバース・インターナショナル・スクール・オブ・ランゲージーズ(CISLサンディエゴ校)

$305/週~

1クラスの平均人数は最大で8名まで!少人数制クラスなので全ての生徒が積極的に授業に取り組んでいます。コースの開始日は毎週月曜日で、フレキシブルにコースを開始出来ます。また最短の期間は2週間からのご案内になっています。
FLS・インターナショナル(チェストナットヒルカレッジ校)

FLS・インターナショナル(チェストナットヒルカレッジ校)

$289/週~

ペンシルバニア州フィラデルフィアにあるチェストナットヒルカレッジにて英語プログラムを実施しています。歴史的観光名所に登録されてている美しいキャンパスにて静かな環境で勉強に集中したい方にお勧めです。
イングリッシュ・ランゲージ・センター(ELCボストン校)

イングリッシュ・ランゲージ・センター(ELCボストン校)

$315/週~

ボストン校は美しく歴史的な趣を持つビーコンヒルにあります。学校の周辺には多くのカフェやレストラン、ショッピングエリア、美術館、ブックストア等で活気づいています。

IELTSが学べる語学学校一覧

UCSD付属語学学校(カリフォルニア大学サンディエゴ校エクステンション)

UCSD付属語学学校(カリフォルニア大学サンディエゴ校エクステンション)

$289/週~

有名大学であるUCLAやUC Berkeley に修士学を目的に編入制度も設おり、準学士の学位取得も提供しています。コミュニティカレッジのキャンパス内で英語がしっかり学べることが最大の特徴です。
【閉校】シュプラッハカフェ(ニューヨーク校)

【閉校】シュプラッハカフェ(ニューヨーク校)

$365/週~

ニューヨーク校はマンハッタンの中心地に位置し、校舎からミッドタウンやマディソンスクエア公園など、ニューヨークの名所と呼ばれる景色を眺めることができます。世界中から集まる生徒達と交流をする場所を提供します。
コンバース・インターナショナル・スクール・オブ・ランゲージーズ(CISLサンディエゴ校)

コンバース・インターナショナル・スクール・オブ・ランゲージーズ(CISLサンディエゴ校)

$305/週~

1クラスの平均人数は最大で8名まで!少人数制クラスなので全ての生徒が積極的に授業に取り組んでいます。コースの開始日は毎週月曜日で、フレキシブルにコースを開始出来ます。また最短の期間は2週間からのご案内になっています。
FLS・インターナショナル(チェストナットヒルカレッジ校)

FLS・インターナショナル(チェストナットヒルカレッジ校)

$289/週~

ペンシルバニア州フィラデルフィアにあるチェストナットヒルカレッジにて英語プログラムを実施しています。歴史的観光名所に登録されてている美しいキャンパスにて静かな環境で勉強に集中したい方にお勧めです。
イングリッシュ・ランゲージ・センター(ELCボストン校)

イングリッシュ・ランゲージ・センター(ELCボストン校)

$315/週~

ボストン校は美しく歴史的な趣を持つビーコンヒルにあります。学校の周辺には多くのカフェやレストラン、ショッピングエリア、美術館、ブックストア等で活気づいています。

GREが学べる語学学校一覧

カプランインターナショナル(ワシントンDC校)

カプランインターナショナル(ワシントンDC校)

$345/週~

ワシントンDC校はアメリカの首都で英語を学ぶことができ、歴史ある街並みとアメリカ文化を体感することができる学校です。博物館や図書館なども多く勉強に集中できる環境が整っています。
【閉校】ランゲージ・システム(アルハンブラ校)

【閉校】ランゲージ・システム(アルハンブラ校)

$141/週~

ランゲージシステムアルハンブラ校はロサンゼルス市内から北東の場所にあるアルハンブラという小さな町にあります。アルハンブラの人口は8万人ほどで落ち着いた環境が魅力です。
【閉校】カプランインターナショナル(ゴールデンウェストカレッジ校)

【閉校】カプランインターナショナル(ゴールデンウェストカレッジ校)

$345/週~

大学のキャンパス内に校舎を構えているので、英語を学ぶと同時にアメリカの大学生活を経験することもできます。英語を学ぶだけでなく、アメリカ文化をはじめとする様々な文化にも触れることができるでしょう。
カプランインターナショナル(シカゴ校)

カプランインターナショナル(シカゴ校)

$345/週~

シカゴで有名なショッピング通りであるマグニフィセントマイルの近くにあります。街にはミュージアムやシアター、ブロードウェイのミュージカル、ベースボールやバスケットボール観戦等、数えきれない程のエンターテイメントがあります。
カプランインターナショナル(シアトル ダウンタウン校)

カプランインターナショナル(シアトル ダウンタウン校)

$370/週~

カプランシアトル校はシアトルのダウンタウン中心地にキャンパスを構える大規模な語学学校です。最新設備とモダンなデザインの校内で英語を徹底的に学びます。カプランならではの豊富な学習環境と学習機会を多くの学生に提供しています。